無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ボビー・コールドウェル
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ボビー・コールドウェルの「ボビー・コールドウェル・ザ・ベスト」を聴いてみた。

2009.10.06 Tue
ボビー・コールドウェル・ザ・ベスト 大学生の頃、浪人時代から仲の良かった友人に、
「女の子とドライブする時にピッタリのアルバムって何かないかよ?」
 そう言われて、
「まあ、これなんか夕暮れ時に流すと助手席の女の子は喜ぶ事間違いないね。」
 なんて事を言いながら、ボビー・コールドウェルのアルバムを紹介した事がある。
 しかしこのセリフ、実はサークルの先輩の受け売りで、僕自身が当時ボビー・コールドウェルというミュージシャンの音楽を入れ込んで聴いていた記憶はあまりない。ただ、当時非常に売れていたミュージシャンなので、サークル内での会話の中では度々登場していた事を覚えている。
 今回、たまたまTUTAYAで「ボビー・コールドウェル・ザ・ベスト」というアルバムを見つけて、何となく懐かしい思いからレンタルしてみた。そして、昔自分が友人に薦めた通りに、車を運転しながら流してみると、これが当時流行ったバリバリのAORサウンドで、全部の曲が何処かで耳にした事があるような気がしてならなかった。
「要するに、『こういう音を流して、助手席に彼女を乗せて、暮れかけた都会をドライブする。』そういうのに、当時の若者は皆憧れていたんだよなぁ~。」
 そう考える一方で、当時の僕は彼女もいない、車も無い生活を送っていた訳で、現実とのギャップに悩む若い頃の自分の顔が頭に浮かび苦笑いしたのだ。

 

[Music Bobby Caldwell]
スポンサーサイト


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : ボビー・コールドウェル AOR |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

ボビー・コールドウェルの「ボビー・コールドウェル・グレイティスト・ヒット」を聴いてみた。

2011.05.06 Fri
グレイティスト・ヒット 前回の記事で、
「このゴールデンウィークは何かと忙しい!」
 なんて事を書いたが、後半は割と暇な時間が持てた。そんな訳でオヤジは早速恒例の散歩に出かけたのだが、ちょいと残念な事があった。
 オヤジが散歩に出る場合、行き先には明確な目的が無い事が多いが、途中の食事には、いつも明確な目的を持っている。(←単にイヤシイのだけれど・・・。)
 この日も、
「昼食は天麩羅専門店でビール1本と揚げたての天麩羅満載のランチを食べるのだ。ふふふっ。」
 などと考えながら、繁華街からチョット外れにある店の方向に向ったのだが、残念ながら定休日。しょうがないので、すぐ近くにあった“何でも食堂”のような所へ入る事にした。(←そもそもコレが間違いなのだが・・・。)
 メニューを見て色々と考えたが、頭の中は完全に『天麩羅を食うモード』となっていた為に、結局は天丼とビールを注文した。で、失敗した。海老、茄子、ししとう、サツマイモ、等々見事に御飯の上に乗っているが、今一つ美味くないのだ。
 オヤジはこのイマイチの天丼を食べながら、前日聴いたボビー・コールドウェルのベストアルバム「ボビー・コールドウェル・グレイティスト・ヒット」の事を思い出していた。
 と言うのも、このアルバム、
「名曲を集めた割に、全体としてはピンボケや・・。」
 というか、
「どうも、AOR全盛期のボビーの魅力が感じられない・・。」
 そんなアルバムで、まさしく今食ってる天丼の『何となく満足出来ない味』とダブるのだ。
 まぁ、天丼食いながらボビー・コールドウェルを頭に浮かべるオヤジが異常な事は分かっているが、
「皆様、このアルバムには注意しなはれ。ホンマにイマイチでっせ。」

 
[Music Bobby Caldwell]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : ボビー・コールドウェル |
Category: Rock/Pops | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

ボビー・コールドウェルの「ホェア・イズ・ラヴ」を聴いてみた。

2012.05.18 Fri
ホェア・イズ・ラヴ 高知県なんて田舎に住んでいると、時々東京や大阪の大都市に憧れる事がある。夜のネオンが瞬く洒落た街を歩いたり、夕暮れの高層ビル群の間を車で走ったり・・・とまぁ、都会に住んでいる人からすると何でも無い事がやってみたくてしょうがなくなるのだ。
 で、そんな時にボビー・コールドウェルのアルバムなんかが流れていたら、昔を思い出してかなりセンチな気持ちになるだろうなぁ・・・などと相変わらず恥ずかしい事を勝手に想像しているオヤジなのだ。
 オヤジの中では、ボビー・コールドウェルというアーティストは変な存在感があって、
「この人こそ80年代に一世を風靡したAORサウンドの代表だ!」
 なんて今は思っているのだが、実際に彼のアルバムが巷を賑わせていた80年代に同時進行で曲を聴いた記憶はほとんど無い。まぁ、当時大学生だったオヤジは他に聴きたいアーティストが山のように存在していたので、妙に洒落た歌を歌うオッチャン(←ボビーの事ね)の事なんぞ、ほとんど気にしていなかったというのが現実なのだ。
 ところが40才を過ぎた頃に、
「そういえば、いたよなぁ~」
 なんて思い出し、
「あの頃、流行ってたからチョイと聴いてみるか・・・。」
 くらいの気持ちで流したボビー・コールドウェルは、オヤジの懐古趣味と完全にリンクして、若い頃にロクに聴いていないにも拘らず次々と昔の風景が頭に浮かび愕然とした事を覚えている。
 今回聴いたのは90年代に発表されたアルバム「ホェア・イズ・ラヴ」で、初めて聴いたのは今から5年ほど昔の事だ。90年代のアルバムとは言いながら、80年代のAORの息吹がまだまだ感じられるアルバムで、洒落た雰囲気の楽曲に乗せて流れるボビーの特徴ある歌声は、毎度の事ながらオヤジを“あの頃”へ連れて行ってくれるような気がするのだ。
 簡単に“あの頃”へタイム・トラベルさせてくれるボビー・コールドウェル、結構貴重な存在だとオヤジは思っている。

One Love : Bobby Caldwell


Where Is Love : Bobby Caldwell


 

[Music Bobby Caldwell]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:音楽を楽しもう! | Genre:音楽 |
FC2タグ : ボビー・コールドウェル ホェア・イズ・ラヴ |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。