無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ミー&ミスター・ジョンソン
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

エリック・クラプトンの「ミー&ミスター・ジョンソン」を聴いてみた。

2010.12.03 Fri
ミー&ミスター・ジョンソン 12月になってしまった。ここ4~5日のオヤジは、夕食の時に芋焼酎のお湯割りを飲んで、その後はアコースティックギターを弾いて遊んでいる。
「何故アコースティックなのか?」
 と言うと、アコースティックの音は実に正直で、オヤジの下手糞なギターテクニックを暴露する半面、マトモに音を出すには手っ取り早くて簡単だからだ。
 4年ほど前にも毎晩のようにアコースティックギターを弾いて遊んでいた時期があって、エリック・クラプトンのアルバム「アンプラグド ~アコースティック・クラプトン~」なんかを聴いて喜んでいたのだが、この頃聴いたアルバムで、同じくクラプトンの「ミー&ミスター・ジョンソン」の事を思い出した。
 当時のオヤジは、
クラプトンがロバート・ジョンソンを演るってのは、分かる気がするなぁ・・・。」
 なんて思いながら、このアルバムの中身をジャケットのイメージそのままにアコースティックギターがビンビン響くブルースアルバムだと想像していた。ところが、いざ流してみるとエレキギターがギンギン響くクラプトン流のブルースが始まり拍子抜けした事を覚えている。
 先週久しぶりに流してみると、アコースティックの曲もあるが、全体的にはエレキギターの音が響く印象が強いアルバムで、やっぱりジャケットのイメージと中身に少々ギャップがある不思議なアルバムだと感じてしまった。
 ただ、勘違いしてはいけないと思ったのは、
『このアルバムはクラプトンの中で完全に消化されたロバート・ジョンソンが表現されているのであって、ロバート・ジョンソン的なブルースへのアプローチをクラプトンがやっている訳ではない。』
 という事なのだ。この辺を勘違いすると、「ミー&ミスター・ジョンソン」はつまらない作品になってしまう気がするのだが・・・って今回は少々理屈っぽい話になってしまった。スマン、スマン。

 
[Music Eric Clapton]



スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : エリック・クラプトン ミー&ミスター・ジョンソン |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。