無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ メモリアル・フォーク・クルセダーズ
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ザ・フォーク・クルセダーズの「メモリアル・フォーク・クルセダーズ」を聴いてみた。

2015.02.05 Thu
メモリアル・フォーク・クルセダーズ アッという間に2月になってしまった。
「2月と言えば節分だわなぁ・・・。」
 なんて事を考えていると、テレビでは既に3月の雛人形のCMが流れている。そんな画面をボンヤリ眺めていたら、昔、本で読んだ面白い話を思い出した。
 それは、誰もが知ってる曲、「楽しいひな祭り」の歌詞に重大な誤りがあり、歌詞を書いたサトウハチローは、この曲がテレビやラジオで流れると機嫌が悪くなったという話だ。重大な誤りとは、歌詞の2番の中にある「♪お内裏様とお雛様~~♪」の一節。本来この2人は雄雛(おびな)、雌雛(めびな)と呼ぶのが正解で、2人一対で内裏雛(だいりびな)と呼ぶそうで、「お内裏様とお雛様」なんて歌詞はあり得ないのだ。
「そんな細かい事どうでもいいよ!」
 って言われそうだが、まぁ、思い出したのでチョイト紹介した次第だ。
 で、思い出しついでに、このサトーハチローだが、数々の素晴らしい詩を後世に残している。中でもオヤジがまず頭に浮かべるのは、フォーク・クルセダーズの名曲「悲しくてやりきれない」だ。
 この曲、オヤジは年に何度もサビの部分が無意識のうちに口をついて出てくる。
「♪かな~しくて~、かなしくて~、とてもや~りきれない~」
 なんて歌ってる自分に、ハッとする事があるのだ。
 別に悲しいわけでも、やりきれないわけでもないのに、何かの時に、ふいにこのサビを歌ってしまう。そんな時、
「案外この曲はオヤジの根底にある心情にピッタリとハマッてて、自分ではその事に気が付いてないのかも知れない・・・。」
 なんて事を考えてしまうのだ。
 さて、そんなこんなで、改めて「悲しくてやりきれない」を聴くべく、フォーク・クルセダーズのベストアルバム「メモリアル・フォーク・クルセダーズ」を聴いてみた。
 このアルバム、「悲しくてやりきれない」の他にも心に響く名曲が聴けて面白い。まぁ、これは“加藤和彦の凄さ”なのかも知れないが、その辺の事を話し始めると収拾がつかなくなりそうなので、今回は単に、
「良い曲が詰まった聴き応えのある1枚だわ」
 そう考える事にした次第だ。本日はここまで。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

 
[Music フォーク・クルセダーズ]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 
スポンサーサイト


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : メモリアル・フォーク・クルセダーズ フォーク・クルセダーズ |
Category: J-Pop | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。