無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ モーニング・アイランド
RSS|archives|admin

渡辺貞夫の「モーニング・アイランド」を聴いてみた。

2007.10.03 Wed
モーニングアイランド 南国土佐は、朝晩がグッと涼しくなり、やっと秋の気配を感じるようになってきた。
 そうなると、オヤジは、休日の早朝散歩を楽しむようになる。散歩から戻って、コーヒーでも飲みながら、うるさい子供達が目を覚ます前に、のんびりと聴きたいのが渡辺貞夫モーニング・アイランドだ。
 ニューヨークの風景をバックに、ナベサダがにっこりと笑うこのジャケットは、高校2年当時の僕の憧れの的であった。
 前作の「カリフォルニア・シャワー」に続いてデイヴ・グルーシンを中心としたミュージシャン達が参加したアルバムで、色々なスタジオミュージシャンに憧れ、ニューヨークに憧れて、ジャケットを眺めながら、
「う~む・・・。」
 と、唸っていた自分を思い出す。
 当時からナベサダは、大御所的な雰囲気があって、
「ちょっとその辺の若造ミュージシャンとは、落ち着きが違うぞ!」
 なんて、思っていたのだが、アルバムの内容は、実に聴きやすく、美しい曲が多い。
 あれから、30年近く時間が流れたけれど、今でも、当時のままに憧れる事が出来るアルバムだと思っている。





[Music 渡辺貞夫]


Theme:JAZZ | Genre:音楽 |
FC2タグ : 渡辺貞夫 モーニング・アイランド |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

再び、渡辺貞夫の「モーニング・アイランド」を聴いてみた。

2014.02.17 Mon
モーニング・アイランド 久しぶりの更新である。理由は簡単で年度末を控えて仕事が猛烈に忙しく、ここ10日程は呑気に音楽なんぞ聴いている暇が無かったのだ。でも日曜日には久しぶりにパソコンの前に座り、
「さ~~て、何ぞ記事でも書くかなぁ??」
 なんて事を考えたのだが、自分のブログの過去記事をチェックしているうちに以前から気になっていた部分を修正する事にした。
 細かい話で申し訳ないが、このブログにはアーティスト別に過去記事を検索できる機能がある。画面の右上のやつだけど、少し前からこのFC2ブログの検索機能のプログラムがおかしくて、以前は検索出来た記事が上手くヒットしなくなっているのだ。そんな訳で、日曜日に一日かけて検索機能のリニューアルを図った次第。まぁ、自己満足以外の何物でもないけれど、興味のある方は覗いてみて下さい。コレコレコレですわ。
 で、こういう事は単純作業なのでBGMが欠かせない。今回は久しぶりにオヤジが一番好きな渡辺貞夫のアルバム「モーニング・アイランド」を流していた。
 かなり古いアルバムだけど、オヤジはこのアルバムに強い思い入れがある。高校生の頃にニューヨークで活躍する様々なスタジオ・ミュージシャンを知るようになり、そんな事からボンヤリとニューヨークに憧れていた時期に出会った1枚で、よくジャケットを眺めながら、
「ニューヨークってどんな所かいなぁ・・?」
 なんて事を考えていたのを思い出す。
 今改めて聴くと、少々古臭い所もあるが、当時のフュージョンがいかに気持ち良く、かつ高いテクニックの上に構築されているかがよく分かるのだ。その上、自分の若い頃通過してきたアルバムがびっくりするほど当時の風景とリンクしている事を感じて、一人胸が熱くなる思いであった。
 個人的にこういうアルバムは実に貴重で、今後も大切に聴き続けたいと考えている。死んだ時には棺桶に入れてもらおう!・・・ってそりゃチョイとオーバーだけどさ。

Down East - Sadao Watanabe


 
[Music 渡辺貞夫]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ

Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 渡辺貞夫 モーニング・アイランド |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |