無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ライジング・フォース
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

イングヴェイ・マルムスティーンの「ライジング・フォース」を聴いてみた。

2011.10.04 Tue
ライジング・フォース オヤジの書斎には古いエレキギターが置いてある。オヤジが中学生の時に買ったグレコストラトキャスターモデルなのだが、このギター、30年以上の年月を経て実に深みのある渋い色に変貌している。そんな愛着のあるギターを眺めていて、
「そうそう・・・。」
 なんて思い出したアルバムがある。画像のイングヴェイ・マルムスティーン「ライジング・フォース」だ。ストラトそのままなので、オヤジの発想の貧困さをさらけ出す結果となる上に、よく見るとこのジャケットがダサい。何となくカッコ悪いのだ。でも、このアルバムにはちょっとした思い出があるので話を続けさせて頂きたい。
 オヤジが「ライジング・フォース」を初めて聴いたのは大学4回生の時で、確か後輩のアパートで聴かせてもらった記憶がある。その後輩は、
「K本さん(←オヤジの本名です。)このギターは凄いよ。たまげるよ。」
 なんて事を言いながら流し始めたのだが、オヤジの感想は、
「あらまぁ、知らぬ間にこんなになったのか・・・。」
 だった事を覚えている。
 そもそも、オヤジは中学生の頃から、
「ロックとクラシックの融合こそ素晴らしいのだ!」
 なんてヘンテコな考えを持っていて、クラシック音楽を感じるプログレや、中世の世界を感じるレインボー等に傾倒してきた経緯がある。まぁ、高校を卒業する頃には聴く音楽がフュージョン一色になっていたので、そんな事は暫く忘れていたが、「ライジング・フォース」を聴いて進化したクラシックへのアプローチを感じ、
「こんなになったのか・・・。」
 と、少々感無量だったのだ。
 確かにイングヴェイ・マルムスティーンのギターテクニックは物凄いのだが、オヤジにとっては一瞬中学時代の自分を思い出させた懐かしい香りのするアルバムだったのだ。

 
[Music Yngwie Malmsteen]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : イングヴェイ・マルムスティーン ライジング・フォース |
Category: Rock/Pops | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。