無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ライヴ・ブートレッグ
RSS|archives|admin

エアロ・スミスの「ライヴ・ブートレッグ」を聴いてみた。

2009.10.20 Tue
ライヴ・ブートレック 週末、懐かしいロック・アルバムを引っ張り出して何枚か聴いた。
 最近は寝る前に古いジャズばかり聴いているので、無意識のうちに、
「少しロックでも聴いてバランスをとらなければ・・・。」
 なんて事を考えたのかも知れない。
 一体何のバランスをとるのか自分でもよく分からないのだが、基本的にオヤジは、
「色々なジャンルの古い音楽を聴く事で、懐かしい思い出が蘇って来るのだ。」
 と考えているので、ジャズばかりではどうも不安になってしまうのだ。
 そんな訳で、週末聴いたアルバムの中の一枚にエアロスミスのライブアルバム「ライヴ・ブートレッグ」がある。
 このアルバムは、初期のエアロスミスの名曲の数々をライブの圧倒的な迫力を持って聴く事が出来る。彼らの持つ荒削りでストレートな演奏に鳥肌が立つようだった。
 思い出してみると、「ライヴ・ブートレッグ」を初めて聴いたのは高校生の頃だった。
 当時、
「テクニックこそロックを演奏する上で最も大切な事だ!」
 そう考えていたギター小僧の僕には、「ライヴ・ブートレッグ」は非常に衝撃的なアルバムで、この一枚から、
「演奏の技術や音のバランスなどを超越した所に存在するロックというモノがあるのだ。」
 という事を思い知ったのだ。そして、この経験から少しづつ本当のロックが理解出来るようになっていった気がしている。いやはや、懐かしくもあり、僕の中では重要な位置にあるアルバムなのだ。

 
[Music Aerosmith]



Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : エアロスミス ライヴ・ブートレッグ |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |