無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ラプソディー&ブルース
RSS|archives|admin

クルセイダーズの「ラプソディー&ブルース」を聴いてみた。

2007.08.31 Fri
ラプソディー&ブルース このところ、毎晩テレビで世界陸上を見ている。日本人選手が不振なのが、イマイチなのだが、肉体美あふれる選手達が、それぞれの種目に取り組む姿は、なかなか美しいと思う。中でも、黒人選手が走る姿は、長距離でも短距離でも、惚れ惚れするほど美しいと感じる。
 で、
「なんか、渋い黒人系の曲、ないかな?」

 と、考えて、突然思い出したのが、クルセイダーズだ。
 このバンド、僕が初めて生でコンサートを見た黒人バンドなのだ。
 高校生の頃、
「高知の田舎にクルセイダーズが来る!」

 というニュースは、僕達をかなり興奮させた。当時ボーカルにランディー・クロフォードを迎えた「ストリート・ライフ」が発売されてすぐの頃で、黒人独特ノリの良さと、偉大なクルセイダーズのオーラを見せつけたライブに、
「すごいねぇ~。これが本物ちゅうものか~。」

 と、開いた口が塞がらなくなった記憶がある。
 今回聴いたのは、ボーカルにビル・ウィザースを迎えた、「ラプソディー&ブルース」。何と言っても、カッコイイのは、一曲目の「ソウル・シャドウズ」だ。この1曲だけでノックアウトされる。
「シブイというのは、こういう事やね。」

 と実感できる名曲ですな。


The Crusaders- Soul Shadow




[
[Music Crusaders]


FC2タグ : クルセイダーズ ラプソディー&ブルース |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |