無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ランディー・ブレッカー
RSS|archives|admin

ブレッカー・ブラザーズの「ヘヴィ・メタル・ビバップ」を聴いてみた。

2013.06.28 Fri
ヘヴィ・メタル・ビバップ 何だか随分と久しぶりの記事になってしまった。と言うのも、この所オヤジの身辺は何かと忙しく、のんびりと音楽を聴いている暇も無いし、またそんな気分にもなれなかったのだ。理由はあまりにプライベートな事なので皆様にお話出来ないのだが、
「まぁ、世の中色々とメンドクサイ・・・。」
 今更ながらそんな事を痛感させられ、憂鬱になる今日この頃なのだ。
 さて、訳の分からない話ばかりしていてもしょうがないので、気分を切り替えて音楽の話をするが、2週間ほど前にブレッカー・ブラザーズのアルバム「ヘヴィ・メタル・ビバップ」を聴いた。高校2年生の頃に初めて聴いた懐かしいアルバムで、このアルバムをきっかけに、トランペットやサックスという楽器に興味を持ったのを覚えている。
 当時はフュージョンを聴き始めた頃で、「ヘヴィ・メタル・ビバップ」は、それまでギターやベースというロックに欠かせない楽器群にしか興味が無かったオヤジに、ラッパ系楽器のカッコ良さとアンサンブルの素晴らしさを教えてくれた1枚である。
 このアルバム、1曲目がスタジオ録音で、それ以外の曲は全てライブ録音だ。中身はとにかくパワフルで、演奏のクオリティーが非常に高い。今回久しぶりに聴いてみても、やっぱり凄いと思う。(←当たり前の言い方しか出来ずに恥ずかしいけど・・・。)
 ランディー・ブレッカー得意のワウペダルを使ったペットが吠えまくり、一方でエフェクトをかけたマイケル・ブレッカーのテナーが複雑に絡みつく。妙な話だが、久しぶりにブレッカーの演奏を聴くと、
「俺って、高校の時からこんな凄い演奏を聴いてたんだ・・・。結構ヤルじゃん。」
 などと、意味も無く自分で自分を褒めてやりたくなってしまった。(←馬鹿だ。)そして、
「あの頃は、毎日音楽を聴いているだけで幸せだったよなぁ・・・。」
 なんて事を考えてしまった。
 たまには世俗のヤヤコシイしがらみなんぞ100万光年の彼方へ追いやって、こういうアルバムで興奮するのが、現在の憂鬱な気分から脱出する特効薬かも知れないと思っている。本日は身勝手な内容で申し訳ない。まぁ、いつもの事だけどさ・・・・。


[Music Michael Brecker] [Music Randy Brecker]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ブレッカー・ブラザーズ ヘヴィ・メタル・ビバップ ランディー・ブレッカー マイケル・ブレッカー |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

再び、アマンダ・ブレッカーの「ブラジリアン・パッション」を聴いてみた。

2014.06.13 Fri
ブラジリアン・パッション ワールドカップが始まった。オヤジは特にサッカーが好きな訳ではないが、このような大きな大会となれば、さすがにテレビに吸い寄せられる。そして、我らが日本代表のプレーに一喜一憂するのが今から楽しみでたまらないのだ。
 一方、このワールドカップを別の方法でもオヤジは楽しんでいる。グループ毎の順位や、決勝トーナメントでの勝敗を予想して独自の点数を加算し、大会終了後に最高得点の人間が家族全員から現金を受け取れる・・・とまぁ、家族内で賭けをしているのだ。オヤジや女房は各国の戦力に詳しくないので、勘に頼っているが、スポーツにやたらと詳しい次男なんぞ、
「絶対に俺の勝ちだぜ!ケケケケッ!」
 などと今から鼻息が荒い事この上ないのだ。まぁそんな訳でこれからの一か月、試合も勿論だが、賭けの行方も楽しみにテレビ観戦をしたいとオヤジは考えている。
 さて、そろそろ音楽の話もしないといけないので方向転換するが、今回のワールドカップの開催国ブラジルから頭に浮かんだ1枚のアルバムがある。アマンダ・ブレッカー「ブラジリアン・パッション」だ。数年前に記事にしたけど(←コチラです。)その時以来、オヤジはこのアルバムを結構マメに聴いている。理由は、
「アマンダが美人だから!!」
 ではなく(←いや、ソコが一番の理由かも知れないけどさ・・・)このアルバム、マジで中身が良いのだ。
 オヤジが思うにアマンダ・ブレッカーって人は、父親(ランディー・ブレッカー)も母親(イリアーヌ・イリアス)も超有名ミュージシャンという遺伝的要因からか、とにかく歌が上手い。で、それを決してひけらかさないので、すぐには歌の上手さに気付かない。サラッと歌って、
「ねぇ?どう?気持ちいいでしょ?フフフッ!」
 みたいな曲が多く、
「おお!気持ちイイぞ・・・。」
なんて言いながら、つい2度・3度と聴いてしまうのだ。
 特にこの「ブラジリアン・パッション」はオヤジの1押し。
「やはり母親がブラジル人だとノリが違うよなぁ・・・。」
 なんて事を思いつつ、アルバムタイトルそのままに、開放的で情熱的なブラジル人のイメージが頭に広がってゆくのだ。ワールドカップ開催中にはピッタリの1枚だとオヤジは思う次第。皆様、是非聴いてみなはれ。

Amanda Brecker & Ivan Lins - Ai Ai Ai


 
[Music Amanda Brecker]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ


Theme:おすすめ音楽♪ | Genre:音楽 |
FC2タグ : アマンダ・ブレッカー ブラジリアン・パッション ランディー・ブレッカー イリアーヌ・イリアス |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |