無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ラヴァー・ソウル
RSS|archives|admin

ビートルズの「ラヴァー・ソウル」を聴いてみた。

2008.04.17 Thu
ラバー・ソウル 先週末の休日、インドのシタール奏者ラヴィ・シャンカールの演奏を聴いていた。
 僕は若い頃、友人とインドとネパールへ旅行した経験があり、その時の事を、演奏を聴きながらぼんやりと思い出していたのだ。
 今週になって、ネットでラヴィ・シャンカールの事を検索しているうちに、ジョージ・ハリスンがシタールを演奏したビートルズの名曲「ノルウェーの森」に行き当った。
 僕は、ビートルズには特別強い思い入れがある訳ではなく、アルバムを聴いて楽しむ一般的なファンだ。だから「ノルウェーの森」が、どのアルバムに収録されているのかが、すぐには思い出せなくて、そのままネット検索を続け、アルバム「ラヴァー・ソウル」まで行きついたのだ。
「そうか、そうか、ラヴァー・ソウルだったか・・・。それにしても、このアルバム、あまり印象がないな~。うんと地味だった気もするが・・・・。」
 などと言いながら、久しぶりに聴いてみた。
 で、良かった。すごく良かったのだ。
 ビートルズの中では大人しいアルバムかも知れないが、曲のクオリティーが非常に高い。
「ビートルズを前にして、何を今更・・・。バカじゃないの?」
 と、ビートルズファンから呆れられるかも知れないが、改めて感心してしまったのだ。そして、心から感動してしまったのだ。
「上手いよな~。ま、当り前か・・・・。」

The Beatles : Norwegian Wood





[Music Beatles]


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ビートルズ ラヴァー・ソウル |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |