無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ リック・ウェイクマン
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

リック・ウェイクマンの「ヘンリー8世の6人の妻」を聴いてみた。

2008.04.04 Fri
ヘンリー8世の6人の妻たち 僕が中学高校を通じて、イエスというプログレッシブ・ロックバンドがとても好きだった事は、今までに何回も書いてきたけれど、その理由を考えてみるのに、1つはクラシック音楽との繋がりを上げる事が出来ると思う。
 僕は昔からクラシックの曲を聴いても全然違和感が無く、中学高校とクラシック・ギターを弾いていた影響から、バッハなどのバロック音楽が特に好きで、一時期、教会のパイプオルガンの音に憧れて、
「一度、何処かの教会で、パイプオルガンの音を思いっきり出して遊んでみたいぞ~。」
 などと、アホな事を考えている時期があったのだ。
 リック・ウェイクマンは、そのバロック音楽の影響を強く感じるキーボード奏者で、彼がイエスに加入する事で、イエスのクラシカルな面がより発展し、大きな魅力の一つになったと思うのだ。
 で、今回聴いたのは彼のソロアルバム「ヘンリー8世の6人の妻」だ。古いカセットテープなので、音が悪いが、高校1年の頃によく聴いた思い出がある。
 クラシックピアノを原点とした正確なテクニックと、マルチキーボードが造り出す中世の王室を思わせる独特の雰囲気を楽しんで、久しぶりに面白かったのだ。

Rick Wakeman : Excerpts From The Six Wives Of Henry VIII





[Music Rick Wakeman]


スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : リック・ウェイクマン ヘンリー8世の6人の妻 キーボード |
Category: Progressive | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。