無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ リパーカッションズ
RSS|archives|admin

リパーカッションズの「アース・アンド・ヘヴン」を聴いてみた。

2008.03.05 Wed
アース・アンド・ヘブン 2、3日前、高知県地方は黄砂がすごかった。外出先から空を見上げると、ぼんやりと霞がかかったように見えた。花粉も盛大に飛んでいた。
「春が近づいているなぁ~。もう少し暖かくなると、花見にでも行きたいものだ。」
 と思った事だ。
 10年以上も前に仕事絡みで花見に行き、その2次会で行ったスナックの姉ちゃんから当時最新のあるグループを教えてもらった事を思い出す。
 この姉ちゃん、本職は高知市内の短大の学生で、夜はスナックでアルバイトをしている。若いのにジャズやフュージョンにメチャ詳しく、僕は仕事の付き合いそっちのけで、この姉ちゃんと音楽話に意気投合した事を覚えている。
 その姉ちゃんが
「今、はまっちゅうがよ~。すんごいイイわよ~。」
 と言っていたのがリパーカッションズ「アース・アンド・ヘヴン」というアルバムだった。
 その後、半年ほどして、僕はこのアルバムを聴いたのだが、こういう音楽を何と言うのだろう?ジャズでもフュージョンでもファンクでもない・・・。アシッドジャズ?とにかく何とも言えないが、イイ感じなのは間違いない。
 「非常に高い演奏技術と歌唱力。それをひけらかさないで、抑え気味に落ち着いて作ったアルバム。」
 そんな感じかな?
 大好きですね。




[Music Repercussions]


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : リパーカッションズ アース・アンド・ヘヴン |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |