無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ルパン三世
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

「ルパン三世のテーマ」で「ブラス・セクションはええぞ~」と思った話。

2008.02.08 Fri
ルパン三世テーマ ヒストリー

 僕は、高校1~2年の芸術関係の選択科目は、「音楽」の授業を取っていた。当時、バンドを組み、部活ではクラシックギターを弾いていた事もあり、書道や美術や工芸に比べて音楽の授業は非常に楽に感じていた。
 特に、試験は、簡単なペーパーテストと歌を歌えば「はい!OK」だったので、何日もかけて作品を制作する手間もなく、自分に1番合っていると思っていた。
 その上、僕が高1になった時に、音大を出たばかりの若い男の先生が着任して、それまでの、おじいさん先生のつまらない授業から一転、なかなか面白い授業になった記憶がある。
 さて、今回のお話は、その音楽の試験の話である。
 高校2年も3学期がスタートし、実質卒業まであと1年余りとなっても、相変わらず僕は、ギターと音楽の事ばかりを考えながら毎日を過ごしていたように思う。そんな中、高2最後の音楽の試験は、
「音楽なら、何をやってもかまわない。」
 という、一種の発表会のようなものであった。
 “ピアノが弾ける者は演奏し””ギターが弾ける者は、フォークソングを歌い”とまあ、皆面白がって色々な事をやろうとしていた気がする。
 僕は、
「クラシックギターの独奏でもやるかねぇ~。」
 なんて考えて、あれこれと曲を選んでいたが、そんな所へ、吹奏楽部の連中から、ちょっと面白い話が舞い込んできた。
「俺らあ、ルパン三世のテーマを演奏するがやけど、ギターでのバッキングをサポートしてくれんかや?」
 とまあ、こんな話だった。
 僕は、
「ほ~っ。それは面白いの~。よっしゃ!やろう、やろう。その代り、コピーするのは面倒臭いき、コード教えてくれよ~。」
「おお、分かった。そしたら、明日楽譜持ってくるき、土曜日にでも練習やろうぜや。」
 てな事になり、翌日、楽譜と「ルパン三世のテーマ」をダビングしたカセットテープを受け取った僕は、下宿へ帰って早速練習を始めた。
 「ルパン三世のテーマ」は、ジャズ・ピアニストの大野雄二氏が作曲した曲で、誰でも一度は耳にしていると思う。よく聴くと結構スリリングな曲で、ブラス・セクションの奏でるメロディーラインが派手で、なかなかかっこいい。バックのドラム、べース、ギターもシンコペーションを効かせたバッキングでメロディーをガンガン盛り上げる。
「お~っ、こういうのを演奏するのは楽しいにゃ~。コードのカッティングも簡単やし、楽勝!楽勝!」
 そんな事を言いながら、テープに合わせて腰を振り振りギターを練習していた。
 で、いざ、土曜日の放課後の練習に挑んだ訳だが、結果、僕はこの曲にかなり感動してしまったのだ。
 そもそも、それまでの僕は、バンドをやってはいたものの、本格的なブラス・セクションが入った曲を演奏するのは初めてで、トランペットやサックスのラッパ軍団の分厚い音に、ブルブル震える快感を感じてしまったのだ。
「お~っ。こりゃ~かっこええぞ~。」
 てなもんである。
 その上、興奮した僕の気持を察してか、ラッパ軍団は、
「おい~、バックばっかりじゃ、つまらんやろ。アドリブも弾けや~。」
 と言ってくれ、
「そ~かや、そ~かや、ウケケケケッ。」
 なんて笑いながら、いい気になってアドリブまで弾いた事を思い出す。
 肝心の試験本番の記憶はほとんど無いのだが、何回かアンコールをもらい、調子に乗って何度も演奏したと記憶している。
 最近、子供とケーブルテレビのアニメ専門チャンネルで「ルパン三世」の再放送を見るのだが、オープニング・テーマを実に懐かしい思いで、眺めている。
 この記事を書きながら、ふと、
「どうもこの時の快感が、その後ソウルファンクのブラス・セクションがギンギンに入った音楽が好きになる要因の1つだったのかもしれないなぁ~。」
 と思った事だ。

大野雄二 : ルパン三世のテーマ'78





[Music 大野雄二]
スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ルパン三世 大野雄二 |
Category: 高校2年の頃 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。