無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ レッツ・ダンス
RSS|archives|admin

デヴィッド・ボウイの「レッツ・ダンス」を聴いてみた。

2008.04.09 Wed
レッツ・ダンス デヴィッド・ボウイ「レッツ・ダンス」のカセットテープが出てきた。何故こんなテープが手元にあるのか全然記憶に無いのだが、テープに書かれているタイトルが僕の字ではないので、
“大学生の頃に、友人の誰かから借りて、そのままになってしまった。”
 そんな事だろうと思う。
 そもそも、昔から僕はデヴィッド・ボウイの音楽が今一つよく分らないのだ。簡単に言うと、僕好みの音楽ではない。デヴィッド・ボウイは僕の中では、どちらかというと、役者のイメージの方が強いくらいなのだ。
 そう思いながらテープを流してみると、アルバムタイトルの「レッツ・ダンス」しか記憶に残っていない。大学生の頃、深夜の音楽番組で、それこそ飽きるほど流れていて、アパートの狭い部屋で、ボ~っとテレビ画面を眺めている自分を思い出した。
 さて、今回ブログをアップするのに、このアルバムジャケットを初めて見たが、
「何とまあ、変なジャケットだ!」
 と、呆れてしまった。
 僕はCDのジャケットは、そのアルバムのメッセージ性を具体化したもの、又は何らかの芸術性に富んだもの、又はアーティスト自身が写っているものが好きで、バランスのとれたデザインが好きなのだ。
 で、このアルバムのジャケット、
「これはこれで、当時の時代を反映してるのだぞ!」
 とは思いながらも、間抜けで、マンガチックに感じてしまうのは僕だけだろうか?

David Bowie : Lets Dance





[Music David Bowie]



Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : デヴィッド・ボウイ レッツ・ダンス |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |