無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ワイアード
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ジェフ・ベックの「ワイアード」を聴いてみた。

2007.10.17 Wed
ワイヤード 時々、必死でアルバムを聴きたくなる事がある。それは、
「全ての音を聞き洩らさないように、全神経を集中してアルバムの世界に浸りたい(←逆に言うと、逃げ込みたい。)」
 そんな気持ちになるという事だ。
 ジェフ・ベック「ワイアード」は、こういう時に、実に都合のいいアルバムだと思う。
 昔から普通に聴いても疲れるのに、ギターを意識して聴き始めると、異常に集中して必死になってしまう。そして、最後にはいつも、
「絶対真似できない!」 
 と思ってしまうのだ。
「ジェフ・ベックの早弾きのテクニックが凄くて、真似できない。」 
 なんて、話じゃない。
「自分の感情、気持ちをギターの音とフレーズに反映させる能力において。」
 という意味なのだ。
 前から、書いているように、ジェフ・ベックのギターは、とても神経質だと思う。熱いアドリブを展開していても、細かい音の先まで、絶妙にコントロールしているような感じを受ける。
 前作の「ブロウ・バイ・ブロウ」も同じ事を感じるが、「ワイアード」では、より一層そう感じる。
 こんな、音の先の先まで、張りつめたようなギタープレイを必死で聴くのも、たまにはいいとオヤジは思います。





[Music Jeff Beck]


スポンサーサイト


Theme:ロック | Genre:音楽 |
FC2タグ : ジェフ・ベック ワイアード ギター |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。