無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 俺たちの旅
RSS|archives|admin

中村雅俊の「俺たちの旅」を聴いてみた。

2013.03.01 Fri
俺たちの旅 古いアルバムを引っ張り出しては、『久しぶりに聴いたら改めて感動した。』だの、『昔バンドをやってた頃が頭に浮かぶ。』だのと、まぁ他人様から見れば意味の無い事をダラダラと垂れ流すようなこのブログだが、最近、
「そもそも自分は若い時から昔を懐かしむ事が好きだったようだ・・・。」
 そんな事を考えた。まぁ聞いて欲しい。
 発端は、週末に70年代の歌謡曲を集めたCDの中から中村雅俊の歌う「俺たちの旅」を聴いていて、大学時代に住んでいたアパートで夜中にボンヤリとテレビを眺めている自分の姿が頭に浮かんだ事だった。
 「俺たちの旅」という曲は、同名の青春群像ドラマの主題歌であり、ドラマの方はオヤジが中学生の頃放映されていた。当時はそれほど好きな番組でも無かったが、時々眺めては、
「友達同士で自由な生活が出来るのはイイよなぁ・・・。」
 などと憧れを持っていた記憶がある。
 その後「俺たちの旅」の事なんか100万光年の彼方へ忘れ去っていた大学生の時、深夜の再放送でこの番組に再会したオヤジは、一時期、この70年代の匂いがプンプンするドラマの虜になっていたのだ。前出のボンヤリとテレビの画面を眺める自分の姿とはこの時の事だ。
 当時、世の中はバブルの足音が聞こえ始めた時期で、世相は『オシャレでトレンディーな事が一番!』そんな雰囲気だった。普通なら「俺たちの旅」のように人間臭い青春ドラマの再放送なんてパスなのだろうが、当時のオヤジはテレビ画面を眺めつつ、
「最近は誰もが時代に乗り遅れないように必死でカッコつけてるけど、疲れるんだよなぁ~。70年代が懐かしいよ。この頃の方が絶対ノンビリ生きられる気がするなぁ・・・。」
 なんて事を考えていたのだ。
 思い出してみるに、「俺たちの旅」は一話毎に男の悲しさや優しさが胸に沁みて大人の鑑賞に堪えうるドラマだった。50歳になったオヤジが再びこのドラマを見て何を感じるか分からないが、多分80年代のオシャレ路線のドラマより心に響く事は間違いないと思っている。また再放送やらないかなぁ・・・?

俺たちの旅オープニング




[Music中村雅俊]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 中村雅俊 俺たちの旅 |
Category: J-Pop | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |