無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 地獄八景亡者戯
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

桂米朝の「特選・米朝落語全集・第十五集・地獄八景亡者戯」を思い出した。

2015.12.18 Fri
特選米朝落語全集15 地獄八景亡者戯 先日、漫画家の水木しげるが亡くなった。オヤジは大学生の頃から彼の古い漫画が大好きで、当時買ったコミックを今でも大切にしている程なので、実に残念だ。
 で、ふと、
「2015年も残りわずかだけど、今年亡くなったミュージシャンってどんな人達がいたっけ?」
 なんて事が頭をよぎる。チョイとネットで検索してみると、色々出てくるが、オヤジのアンテナに引っかかったのは以下の3人。まずはシーナ&ザ・ロケッツシーナ、それから大御所BBキング。そして、フリー・ジャズの開祖、オーネット・コールマンだ。
 でも、この3人以上に引っかかったのが落語家の桂米朝。ミュージシャンではないが、この人が亡くなったのは本当に残念だ。まぁ、オヤジの場合、好んで聴くのが江戸落語で、上方落語の方はオマケ程度だから偉そうな事は言えないが、滅びかけていた上方落語を復活させた米朝の功績は、ずっと語り継がれると思っている。
 とまぁ、そんな桂米朝だけど、CDを何枚か持っている。中でも昔よく聴いたのが、「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」だ。この噺、昭和30年代に米朝が復活させなければ、高座にかける噺家がいなくなり、この世から消えて無くなっていたであろうと言われている。
 中身を簡単に説明すると、死んだ主人公が物見遊山的に地獄巡りをする馬鹿馬鹿しい噺だが、上方独特の鳴り物が多く入り、江戸落語との違いが鮮明な事から、上方落語の代表的な噺の一つと言える。
 また、1時間を超える大ネタである為、噺家の力量があからさまになり、実力のない者は体力的にも精神的にも長丁場を演じる事が出来ない。事実、当の米朝も疲れるせいか、ここ20年以上この噺は高座にかけていない。
 そんなわけで、
「米朝が生きてさえいたら、彼の「地獄八景亡者戯」を再び聴く事が出来るかも知れない・・・。」
なんて考えていたオヤジとしては、彼の死が残念でならないのだ。
 今では、色々な噺家が「地獄八景亡者戯」を高座にかけるが、
「この大ネタで客を満足させられるのは桂米朝しかいない。」
 オヤジはずっとそう思っている。
 正月にでもゆっくり聴いてみようかなぁ・・・。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

桂米朝 「地獄八景亡者戯」


 
[M;桂米朝]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 
スポンサーサイト


Theme:落語 | Genre:お笑い |
FC2タグ : 桂米朝 地獄八景亡者戯 |
Category: Other | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。