無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 安息の地を求めて
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

エリック・クラプトンの「安息の地を求めて」を聴いてみた。

2010.04.23 Fri
安息の地を求めて 前回の記事でお話ししたように、筋肉痛になってしまったオヤジは、
「何か癒しのアルバムでもないもんかね?」
 なんて事を考えながらCDの棚を引っかき回すのだが、全くいいアルバムが頭に思い浮かんで来ない。しょうがないので、ここ数日はバラード系のジャズアルバムで何となくお茶を濁していたが、昨夜ふと思い出して、エリック・クラプトン「安息の地を求めて」を流してみると実に気持ちが良かった。
 このアルバム、オヤジが愛読している「不機嫌な猫も踊る夜に」というブログ(←こちらです)で少し前に管理人のまりさんが紹介していて、その時は、
「ひっさしぶりに聴いてみるかな?」
 なんて思ったのだが、すっかり忘れていたアルバムなのだ。
 昔オヤジは、この「安息の地を求めて」を聴いて、
『エリック・クラプトンという音楽家は、単なるスーパーギタリストではなく、腹の底から滲み出る人間味溢れた音楽を紡ぎ出す、正統派のミュージシャンなのだ。』
 という事に初めて気がついた思い出がある。
 オヤジの場合、クラプトンのアルバムを発売順に聴いてきた訳ではないので、たまたま「安息の地を求めて」でこのような事を感じたのかもしれないが、この考を持つようになって、逆にクラプトンのギターがよりカッコ良く感じるようになった事も事実なのだ。
 いずれにしろ、思いっきりレイドバックな雰囲気漂うこのアルバムを聴きながら、
「もう一度、夏の暑い盛りに流して癒されよう・・・。」
 そんな事を考えたのだ。

 
[Music Eric Clapton]

スポンサーサイト


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : エリック・クラプトン 安息の地を求めて |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。