無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 愛なき世界で
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

オーティス・クレイの「愛なき世界で」を聴いてみた。

2011.10.21 Fri
愛なき世界で 大学生の頃、オヤジと同じ音楽サークルに面白い先輩がいた。彼はソウル系の音楽が非常に好きで、そんな事から黒人に憧れ、日々黒人に変身する努力をしていた。髪をアフロヘアにして、夏場になると部室の裏に折畳のベッドを広げて毎日日光浴をして肌を焼き、鼻の下にはそれっぽい髭を生やしていた。本人はすっかりソウルシンガーのつもりだったが、我々周辺の人間は、
「フィリピンの怪しいポン引きみたいや・・・。」
なんて陰口をたたいていた事を思い出す。
 そんな先輩がオヤジに紹介してくれたのがオーティス・クレイのアルバム「愛なき世界で(Trying To Live My Life Without You)」だった。当時、オーティス・クレイサザン・オールスターズの「いとしのエリー」をカバーした事が話題になっていた時期で、その辺の話からこのアルバムをカセットテープにダビングしてもらう事になったのを覚えている。
 ただ、当時のオヤジはこの手の音楽にはあまり興味が無かったので、「愛なき世界で」は2~3回聴いただけで、その後20年以上もお蔵入りになっていた。ところが、4年ほど前に、このテープを見つけて久しぶりに流してみると、あまりの良さに椅子から立ち上がり身悶えてしまったのだ。(←気持ち悪いだろうけど事実だ。へへへっ。)知らぬ間にオーティス・クレイの音楽にオヤジの感覚が追いついた訳で、その後は折に触れ流すアルバムとなった訳だが、いつも感じるのは、
「古いアルバムなのに、実にスマートだよなぁ・・・。」
 という事だ。リズムが重く歌はビンビンに熱いくせに、アレンジがスッキリしているせいかサッパリ感が漂うのだ。
 先日は天気の良い日曜日の午後に聴いていたけど、そんなシチュエーションでも妙にマッチして全然違和感が無い。いずれにしても、気持ちの良い事は間違い無く、コレ、ホント名盤なのだ。忘れないようにしたい1枚だ。

 
[Music Otis Clay]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト


Theme:おすすめ音楽♪ | Genre:音楽 |
FC2タグ : オーティス・クレイ 愛なき世界で |
Category: Rock/Pops | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。