無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 我が良き友よ
RSS|archives|admin

かまやつひろしの「我が良き友よ」と中学入学の話

2007.05.15 Tue
我が良き友よ
 
 僕が中学に入学した年の春は、毎日、毎日晴れていたような気がする。(←あくまでも気がするだけですけど)
 その頃の僕は、一応中学受験に合格して、叔母の家に下宿して(←実家は高知市から一時間ほど車で走った田舎町で、交通の便が悪かった)高知市内の、中高一貫教育の中学へ通い始めたばかりだった。小学校時代の塾通いの生活から、やっと開放されて、買ったばかりの大き目のガクランを着て、動きは鉄人28号みたいにぎこちないが、毎日が自由で楽しくてしょうがなかった。
 授業が終わると、新しく出来た友人達と、クラブ見学と称して、校内の色々なクラブを見て回り、時には別の場所にあったグランドまで、テニス部やサッカー部や野球部を見に行ったりもした。
 僕は、バスケット部に入るか、吹奏楽部に入るかを迷っていた時期で、双方のクラブを何度も見に行った記憶がある。
 そうかと思うと、帯屋町のアーケードを、自転車でウロウロして、本屋に入ってみたり、レコード店をひやかしたり、買い食いをしてみたりと、まあ今思うと大した事ないのだが、土佐の田舎町から高知市の真ん中にポッと出てきた僕は、様々な物がとても新鮮に思えた。
 そんな時に、街中でしょっちゅう流れていたのが、かまやつひろしの「我が良き友よ」で、僕は自転車に乗って鏡川に掛かる潮江橋を渡りながら
「下駄を鳴らしてぇ~やつがぁ~来るぅ~」
 と、鼻歌を歌った事を、今でもはっきり覚えている。
 クラスで席が隣になったT田君が
「俺の兄貴がレコード買うたき、テープに録音してきちゃらあや~。明日、空のカセット持ってきや~」
とダビングをしてくれ、そのテープを下宿の部屋のカセットレコーダーでよく流していた。
 当時の僕は、かまやつひろしが、かつてスパイダースで活躍した、その筋では(←どの筋や?)有名なミュージシャンであることも、この曲の作詞作曲が、吉田拓郎だというすごい事実も全く知らず、かまやつ氏の風体を見て
「曲はえいけど、歌手がいかんにやぁ~歌手が!」
 なんて事を平気で言っていた。
 どうして、この曲がそんなに気に入ったのかを考えてみると、答えは、多分、曲のテンポにあるんじゃないかなあ~と思う。スロウでもなく、アップテンポでもなく、実にのんびりと気持ちが良い。中学に入学したばかりで、自由を満喫出来る雰囲気が、このテンポに上手くマッチして、自転車での鼻歌につながっていったように思う。
 さて、改めて今聴いてみると・・・
「やっぱり吉田拓郎やな~・・・上手いよなぁ~」
 と思う。
 あの頃は、気にも止めなかった詞の意味が、今はすごく分かるのだ。(←まあ、当時の僕に、女郎屋通いだの、時を憂いて飲み明かす、だのが分かるわけないのだが・・・。)
 僕が学生の頃には、さすがに下駄を履いたやつも、腰に手ぬぐいをぶら下げたやつも、いなかったけど、結局、発売から30年以上も時間が経っても、若い頃の仲間を懐かしむ気持ちは、どの時代も同じで、この年になると、拓郎の詞が痛いぐらいによくわかる。
 僕は去年、高校卒業25周年の同窓会で、高校の頃のバンドを再結成して、二次会のライブハウスで演奏した。これぞ正に、この曲の最後に歌われている、よき友達と夢を抱えてあの頃へ旅をしたんだと思う。
 久しぶりに聴いてすごく良かったぞ~。
 さて、話はかわるが、その後の僕は、結局バスケット部にも、吹奏楽部にも入部しないで、クラシックギター部に入り、一年後には、吉田拓郎をギター片手に歌うようになっていた。

かまやつひろし 吉田拓郎 : 我が良き友よ





[M;かまやつひろし]



Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : かまやつひろし 我が良き友よ |
Category: 中学1年の頃 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

かまやつひろしの「我が良き友よ」を聴いてみた。

2012.05.15 Tue
我が良き友よ 実を言うと、本日でこのブログを書き始めて丸5年になる。我ながら凄いもんである。だって、5年と言えば10年の半分だ。(←当り前だ!)この5年の間に、高校生だった長男は大学生になり、小学生だった次男と三男はそれぞれ高校生と中学生になった。(←だから、当り前だって!)そしてオヤジは額の生え際が後退し、白髪が目立つようになり、確実にジジイの領域へ突き進んでいる。(←当り前って言いたくないけど事実だな)
 オヤジがこのブログを始めたきっかけは今までに何度か書いたけれども、
『自分が若い頃聴いた曲を改めて聴き直す事で、頭に浮かんで来る過去の記憶や光景を忘れないように記録したい・・・。』
 そんな思いからで、考えてみると実に個人的な意味合いが強いのだ。それにも拘わらず、たくさんの方々に記事を読んでもらい、時には有難いコメントまで頂く始末で、本当に皆様方には感謝している。これからもマイペースで記事をアップしてゆく予定なので、今度ともよろしくお願いしたいのだ。
 さて、またしても前置きが長くなりそうなので音楽の話に切り替えるが、今回は5周年という事もあり、初心に戻ってこの曲を聴いてみた。かまやつひろし「我が良き友よ」だ。
 オヤジは、当ブログの第1回目の記事でこの「我が良き友よ」にまつわる昔話を書いている(←こちらです)。今とは文章の雰囲気が全く違うので、
「コレ、ホンマに自分が書いた文章やろか・・?」
 なんて思ってしまったが、今回この曲を改めて聴いて、吉田拓郎の詞と曲の世界に心を揺さぶられ、過去の様々な風景が頭に浮かぶような気がしてならなかった。そして『若かった頃を懐かしみ、当時の思い出を胸に日々を生きて行くのは、どんな世代であれ皆同じである。』という事が改めて分かったような気がしたのだ。
 って、相変わらず随分勝手な思い込みかも知れないが、要するに「我が良き友よ」はこのブログの原点みたいな曲であり、このブログを続けて行く限り折に触れて聴いてゆこうと思う曲な訳だ。オヤジのオモイ、分かって頂けただろうか?

我が良き友よ かまやつひろし&吉田拓郎


 
[M;かまやつひろし]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:おすすめ音楽♪ | Genre:音楽 |
FC2タグ : かまやつひろし 我が良き友よ |
Category: J-Pop | Comment(8) | Trackback(0) | top↑ |