無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 日本の恋と、ユーミンと。
RSS|archives|admin

松任谷由実の「日本の恋と、ユーミンと。」を聴いてみた。

2014.12.07 Sun
日本の恋と、ユーミンと。 ユーミンのベストアルバムを聴いていると、次から次へと昔の事を思い出してしまった。
・浪人してる頃、毎晩のようにユーミンを聴いていた事。
・大学のサークルの合宿で、その場限りのバンドを組んでナツメロ的に「魔法の鏡」と「卒業写真」を演奏した事。
・そのサークルの先輩女性と車で夕暮れの中央高速を走りながら、「中央フリーウェイ」を流して感動した事。
・絶対にカワイイ彼女を作って、苗場プリンスのコンサートへ一緒に行こうと密かに思っていた事。
・ユーミンが世田谷区の瀬田の「イエスタディ」なるファミレスに来るなんて話を聞いて、友人とわざわざ出かけた事。そして、当然ユーミンはあらわれなかった事。
・社会人2年目の冬、現在の女房と「私をスキーにつれてって」って映画を見に行った事。
・雪が舞う冬の銀座の山野楽器で、ユーミンの新譜を試聴して、涙が出そうになるくらい感動した事。
・初めて行った彼女のコンサートは武道館のアリーナ後方だった事。
・二度目は同じく武道館の2階席の端だったけど、思いの外よくステージが見えた事。
・三度目は数年前に高知県民文化ホールの前の方の席で、ユーミンの顔の皺までが鮮明に見えた事。そして最近言われているように、彼女の声量と音域が全盛期には程遠かった事。
・女房とは音楽の趣味が全く合わないのに、何故かユーミンに限っては2人共大好きな事。
・ユーミンの曲そのままに、「あの日にかえりたい」なんて事を最近つくづく思う事。
 ・・・とまぁ、このベストアルバム「日本の恋と、ユーミンと。」はオヤジに様々な事を思い出させ、考えさせるのです。
 あまりにも有名な曲ばかりが時代を前後しつつ流れるので、高校生の頃の風景が頭に広がったかと思えば、次はイケイケのバブル華やかな頃の風景が浮かんだりと、少々落ち着かないアルバムだけど、この3枚組を一気に聴くと、これまでの自分とユーミンの関係が何だったのかが分かるような気がしました。ちょっと疲れたけどねぇ・・・。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

 
[Music 松任谷由実]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 松任谷由実 日本の恋と、ユーミンと。 |
Category: J-Pop | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |