無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 東京ラプソディー
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

藤山一郎の「東京ラプソディー」を聴いてみた。

2016.06.22 Wed
東京ラプソディー 東京都の舛添知事が辞職した。まぁ当然だろうが、辞職に至るまでのドタバタには腹が立つやら、呆れるやらで、最終的には笑ってしまった。
 中国服購入に関しての記者とのやり取りで、
「私は柔道で肩から腕回りの筋肉が凄いので、書道の時に楽な中国服を着る」
 と。これに対して記者が、
「袖がない服でやれば?」
 と言えば、
「気温が低いときは?」
 なんて真顔で言い返す。記者もアホだが、真面目に言い返す舛添知事もアホで、完全にコント。コレには大笑いさせてもらった。
 しかし、この舛添知事、この中国服もそうだが、家族旅行とか、クレヨンしんちゃんとか、回転寿司とか、とにかく出てくる話がセコく、世界中に東京の恥を晒したのは大罪に値する。
 考えてみると、最近、東京のイメージが悪い。舛添さんもそうだが、オリンピックの競技場やロゴマークに関するゴタゴタ、そして会場建設費の増大懸念とIOC理事への裏金問題。また、『日本死ね!』で明るみに出た待機児童と保育士の待遇問題。そして相変わらずの一極集中で、都民は何をするにも時間と労力を要して疲れ切り、一方で、一部の特権階級の人間だけが都市生活を謳歌する・・・とまぁ、高知なんて片田舎に住んでるオヤジの目には、最近の東京はこんなふうに映ってしまうのだ。
「やっぱ、東京は皆の憧れの都市であってほしいよなぁ~」
 なんて改めて思うのだが、そんな中、ある古い名曲が頭に浮かんだ。藤山一郎が歌う「東京ラプソディー」だ。
「ちょっと古すぎないか?おい!」
 って突っ込まれそうだが、オヤジはこの曲、結構好きだ。無論、この曲が流行っていた頃の東京をオヤジは知らないが、「東京ラプソディー」からは『古きよき時代の東京』が感じられて元気がもらえる。さすがに音源は無くてYoutubeのお世話になったが、一瞬でも梅雨空を忘れさせてくれるようで、とても気持ちが良かった。
 さて、話変わって、次の都知事は誰なのか?現時点では、オヤジには想像もつかないが、是非、東京の良いイメージが発信できる人物であってほしいと思っている。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

東京ラプソディ



[M;藤山一郎]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 
スポンサーサイト


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 藤山一郎 東京ラプソディー |
Category: J-Pop | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。