無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 東京事変
RSS|archives|admin

東京事変の「教育」を聴いてみた。

2008.05.08 Thu
教育 ゴールデン・ウィーク中に聴いたアルバムの中で、ちょっと気になったのが東京事変のデビューアルバム「教育」だ。
「懐かしい曲を聴いてみた。」
 などと言いながら、全然懐かしくなくて、僕の中では、ほんの最近のアルバムで、現役バリバリの感があるのだが、発売されて3年以上も経っている事に今回気が付いて愕然としてしまった。歳をとると、時間の経つのが異常に早いのだ。
 そもそも、僕は椎名林檎が好きで、ケーブルテレビのスペースシャワーTV等で、彼女の映像が出てくると、真剣にテレビに見入ってしまう。
「どこがいいの?」
 と言われても、45にもなるオヤジには、なかなか正確な答えが見つからない。それでも少し考えてみると、結論として、
「椎名林檎の白痴化した表情と歌声が実に愛おしいぞ~!う~む・・・守ってあげたい・・・。」
 と思うのだ。
 このままでは、“スケベオヤジの独り言”になってしまうので、もう少し補足説明をすると、まず、昔からこういう歌い方をするアーティストは数々いたと思うが、独特の世界を確立しているという点では、椎名林檎が断トツで、過去のアーティスト達は足元にも及ばないと思っている。歌詞でもヴィジュアルでも個性が際立って、格の違いを感じるのだ。
 ただ、僕から見ると、彼女はその世界を守り抜こうと必死になって、只々頑張っている風に見えてしまう。その辺の一途さがオヤジにとっては実に愛おしいのだ。
「わかるかな~?」

群青日和 : 東京事変





[Music 椎名林檎]



Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 東京事変 椎名林檎 教育 |
Category: J-Pop | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |