無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 枯葉
RSS|archives|admin

ビル・エヴァンスの「PORTRAIT IN JAZZ」を聴いてみた。

2007.09.26 Wed
ポートレイトインジャズ 家族全員が床につき、一人で静かな夜を過ごしている。窓から虫の声が聞こえて、
「秋が来たな~。」 
 と思ってしまう。
 僕は、秋の深まりを感じるようになると、水割りを片手に、ジャズが聴きたくなる。その上、ミーハーなので、
「よし!今日はタイムリーに「枯葉」を聴こう。」
 なんて思ってしまった。
 こんな事を呑気に言っていると、本当のジャズファンからは、
「おい!勘違いするなよ!そんなロマンチックなメロディーに酔って喜んでるのは、ジャズの本当の聴き方じゃないぞ!出直してこい!」
 なんて、怒られそうなのだが、40をとうに過ぎたオヤジが、感傷に浸ろうとするのだから、好きにさせてほしい。オヤジはわがままなのだ。
 で、ビル・エヴァンス「PORTRAIT IN JAZZ 」を楽しんでいる訳です。このアルバムは20年近く前に購入したのだが、それ以来、聴く状況はいつも同じような気がする。こういう静かな夜に、ボリュームを落として、のんびりと聴くのだ。
 正直言うと、今夜は「Autumn Leaves(枯葉)」が聴きたかった訳ではなく、ビル・エヴァンスのピアノが聴きたかったのだ。
 秋の夜長に、ビル・エヴァンス
 ウイスキーのつまみには、
「いい線いってるんじゃないか?」
 なんて、思ってます。
 これも、オヤジのわがままか?

Bill Evans : Autumn Leaves





[M;Bill Evans]







Theme:JAZZ | Genre:音楽 |
FC2タグ : ビル・エヴァンス ポートレイト・イン・ジャズ 枯葉 ピアノ |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

サラ・ヴォーンの「枯葉」を聴いてみた。

2011.11.11 Fri
枯葉 7月の中旬から夜間に1時間弱のウォーキングをしている。毎晩ではないが週のうち半分ぐらいは歩く事を心がけている。この所めっぽう寒くなり、歩いていても体が暖まるのに随分時間がかかるが、歩き終った時の爽快感がたまらないので楽しく歩いている。
 毎回歩くコースは決まっていて、途中、神社を抜けて行くのだが、最近は銀杏の葉がたくさん落ちていて、この落葉を踏みしめながら歩くと、ガラにも無く
「おお~!秋だねぇ~」
 なんて事を感じてしまうのだ。
 音楽も一緒で、オヤジは毎年この時期になると決まってジャズの超スタンダード・ナンバー「枯葉」を聴いて秋を感じる。(←馬鹿みたいに単純だけど・・。)毎年、美味い水割り片手にビル・エヴァンスのピアノか、マイルスのトランペットと決まっているのだが、今年は、
「そうそう・・・コレも枯葉だわなぁ。滅多に聴かないけど・・・。」
 なんて思いながら、サラ・ヴォーン「枯葉」を流してみた。
 この人の枯葉は、まぁ何と言うか、オヤジの好む所の哀愁漂う「枯葉」のイメージには程遠く、全編、驚異のスキャットで押しまくり、聴かせまくる。元来、
「女性のジャズボーカルたるもの、美人で、声がハスキーで甘くて、色気がある白人でなくてはならない!」
 なんて勝手な事を考えているオヤジにとっては、鼻持ちならないボーカルなのだが、そのテクニックとノリの良さには無条件に脱帽してしまう。その上、彼女の歌を支えるジョー・パスのギターも驚異としか言い様がなく、こちらもオヤジを唖然とさせてしまうのだ。
 とにかくこのアルバム、とてつもなく音楽的にレベルが高く、
「すげ~~~!すげ~~!」
 の連続で、のんびり水割りなんぞ飲んでいられない1枚なのだ。
 う~~む・・・疲れたぞ。

 
[Music Sarah Vaughan]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : サラ・ヴォーン 枯葉 |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |