無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 江戸屋コレクション
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Charの「江戸屋コレクション」を聴いてみた。

2011.06.29 Wed
江戸屋コレクション 今月の初めから、
「ロックを聴いて梅雨のジメジメを吹き飛ばそう!」
 などと考えて意識的に古いお気に入りのロックアルバムばかり聴いてきたが、さすがに少々飽きてきた。しかし、
『ジャズを聴いてまったり・・・。』
 という気分にはまだなれず、そんな中で目に止まったのがチャーのアルバム「江戸屋コレクション」だった。
 このアルバム、チャー自身が設立した「江戸屋レコード」のソロ名義の音源から選択されたコンピレーションという事で、ちょっと珍しく、
「現在『江戸屋レコード』は無いから、この音源自体が将来レア物になるんじゃないか?」
 などとイヤラシイ事を考えてしまったが、内容は別に珍しい訳ではなく、毎度お馴染のメロディアスで歌心あふれるギタープレイが随所で聴ける素晴らしいアルバムだ。
 最近のロック系のJ-POPは、物凄いギターテクニックでソロを弾いても、曲にピッタリ合った雰囲気と歌心が無く、耳障りなだけのアドリブとなってしまい、最終的には曲全体を台無しにしている例が多いような気がする。そんな曲を聴いた時に、
「ギターを弾く奴にはチャーのプレイをじっくり聴いてもらいたいもんだ。」
 そう考えてしまう。
 「江戸屋コレクション」を聴くと、
「ギタープレイは曲の一部なんだよ。でもこれだけ創造的なプレイが出来るんだけどね・・・。」
 そう言いながらチャーが笑っているような気がするのだ。

 
[Music Char]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : Char 江戸屋コレクション |
Category: J-Pop | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

再び、Charの「江戸屋コレクション」を聴いてみた。

2016.05.20 Fri
EDOYAコレクション2 季節の変わり目のせいか、オヤジはすっかり体調を崩してしまった。数日前から、
「何となく体がダルいなぁ・・・。」
 なんて思っていたが、昨日はとうとう熱が出た。会社では、
「熱があるなぁ~」
 って分かっていたが、ヤヤコシイ仕事を抱えていたせいで、ダルい体を騙し騙し、なんとか夜まで働いてから帰宅した。
 家に戻って熱を測ると37度7分。夕食を少し食べてすぐにベッドに入り、朝までノンストップで睡眠。大量の汗をかいて目が覚め、熱いシャワーを浴びて再び熱を測ると平熱に戻っていた。とりあえず一安心である。そして、
「熱が出たのが週末じゃなくて良かったなぁ・・・。」
 って思った事だった。
 と言うのも、オヤジはこの週末、Charのコンサートへ出かける予定をしている。久しぶりのロック・コンサートなので、体調万全で望みたい。・・・とまぁ、そんな事から、ここ最近はCharの古いベストアルバム「江戸屋コレクション」を聴いている。
 このアルバム、今から15年も前に発売された1枚だが、何故か気に入ってよく聴く。理由は、Charの看板であるハード・ロックとは少し異なる、言ってみれば彼の音楽の『もう一つの面』が感じられるからだ。
 この『もう一つの面』を説明するのがなかなか難しいのだが、思った通りに書くと、まずは、ロックなのでビートを感じるのは当然だが、一方で「江戸屋コレクション」の収録曲からは川の流れのような“うねり”が感じられる。そして、この“うねり”は決してわざとらしくないので、よく聴かないと分からないぐらい自然でシンプルなのだ。無理に曲を盛り上げようとするのではなく、水が流れるように楽曲がうねるので、その上でCharがつむぐアドリブがより一層気持ち良いわけだ。
 コンサートではCharのロックスピリッツに触れるのは勿論だが、この流れるような“うねり”を楽しんでこようと思っている。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>



[Music Char]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : Char 江戸屋コレクション |
Category: J-Pop | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。