無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 百川
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

古今亭志ん朝の「落語名人会・古今亭志ん朝(14)芝浜・百川」を聴いてみた。

2014.11.18 Tue
芝浜・百川 久しぶりの記事となってしまった。と言うのも、オヤジは先週から私的な用事で何かと忙しく、全く音楽を聴いていない。その上、先月受けた健康診断で『大腸を再検査せよ!』との有難くない結果を言い渡され、病院を予約し、週末に検査を受け・・・なんて事をやっており、ブログどころではなかったのだ。
 で、その大腸の検査だけど、3ミリの良性のポリープを切除しただけで無罪放免となり、結果的には何てことなかったが、お尻から管を入れられお腹の中を引っ掻き回され、
「いやん~オヤジ恥ずかしい~!ダメダメ!」
 なんて声を出しそうになりつつ、(←嘘ですよ!)一方では、
「まぁ、コレはコレで実に面白かったのでは・・・。」
 なんて事を考えている次第だ。
 さて、そんな大腸検査の待ち時間(←朝から下剤飲んでお腹の中を空っぽにするので、検査が始まるのは午後なのね)、オヤジは4枚のアルバムを聴いたが、本日はその中の1枚。古今亭志ん朝「落語名人会・古今亭志ん朝(14)芝浜・百川」のお話をしたい。
 久しぶりに音楽ではなく落語のCDだが、ちょっとこのCDの中身を説明すると、「芝浜」は酒でしくじった亭主を女房が騙して再起させる夫婦の噺。「百川」の方は訛りが酷い主人公が周りを巻き込む勘違いの連続が面白い笑い噺で、聴いた印象が全く異なる二話が収録されている。
 オヤジは昔から「芝浜」という話が大好きで、色々な噺家の「芝浜」を聴くのだが、よくよく考えてみると、この「芝浜」って話、ほとんど笑う所が無い。(←病院で検査待ってる時にゲラゲラ笑うのもマズいけどさ・・・。)まぁ人情噺だからそうなのだが、
「逆にこういう噺だからこそ落語家の力量が問われるのだ!」
 なんて事をニワカ落語ファンのオヤジは考え、
「故に志ん朝の『芝浜』は安心して聴けるのだわなぁ・・・。」
 なんて事を思うのだ。
 まぁ、聴いた事無い御仁は一度お試しあれ。笑ってるばかりが落語じゃないよ。江戸情緒漂い、夫婦の愛情が伝わるなかなか良い噺なのです。本日はこれまで。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

古今亭志ん朝 : 芝浜


 
[M;古今亭志ん朝]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 
スポンサーサイト


Theme:落語 | Genre:お笑い |
FC2タグ : 古今亭志ん朝 芝浜 百川 |
Category: Other | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。