無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 菊池ひみこ
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

菊池ひみこの「What’s Baby Singin’」とフレットレスベースの話。

2011.01.14 Fri
Don’t Be Stupid

 以前、ジャコ・パストリアスに憧れてフレットレスベースを手に入れる為に夏休みの間バイトに励んでいた話を書いたが(←その辺の話はこちらこちらです。)、1983年の秋に、僕は念願のフレットレスベースを手にする事になった。
 正確に言うと、大学入学時に購入したヤマハのベース(BB2000)をフレットレスベースに改造し、新たにミュージックマンスティングレイを購入した訳だが、この事で僕は、
「ふふふっ、この2本のベースで俺のプレイの幅は限りなく広がるのだぞ。まいったか皆の衆!」
 なんて事を能天気に考えていた訳だ。
 さて、問題のフレットレスベースだが、アパートの部屋に持ち帰り、初めて弾いた時は実に気持ち良かった事を覚えている。フレットレス独特の柔らかい音の立ち上がりとグリッサンドした時のボヨヨ~~ンと空間が広がるようなトーンは、
「わはははは~、これで俺もジャコ・パストリアスじゃ!」
 などと、大きな勘違いをするには十分のインパクトがあったものだ。
 ただ、そうは言っても、この勘違いは自分の気持ちの上での話であり、
「よ~し、んじゃぁ早速ジャコの曲をバンドでやろうぜ!」
 なんて事を言い始めるほど大胆ではなかった僕は、バンドのレパートリーの中で、フレットレスベースの演奏に向いている曲をキチンと見つけていたのだ。それが菊池ひみこ「What’s Baby Singin’」という曲だった。
 そもそも、この当時我々のバンドは何故か菊池ひみこに凝っていて、「What’s Baby Singin’」の他にもレパートリーにした曲が何曲かあったのだが、メンバー全員が一番気に入っていたのは、この「What’s Baby Singin’」だったと記憶している。
 気に入っていた理由は、実に我儘なバンドマン的な発想なのだが、ベースの僕は、
「おお、イントロで珍しくベースがフューチャーされとる!こりゃ、目立つ事間違いない!!」
 なんて事を思っていたし、ドラムは、
「楽なリズムがず~~~と続いて、ステージでの休憩の曲にはもってこいだ・・・。」
 そう考えていたに決まってるし、キーボードとギターは、
「あ~こりゃノンビリとアドリブが延々と弾けそうじゃ~。楽に目立てる・・・。」
 なんて思っていたろうし、ボーカルは、
「最初の肝心な所だけ唄えば、後はシェイカーでも振ってれば終るわ・・・。」
 そう考えていたに違いないのだ。
 ・・・なんて、これは全て僕の想像の域の話なので、ベース以外は正確な話ではないのだが、まぁ言ってみれば、
『「What’s Baby Singin’」は、意気込む人は意気込んで、楽な人は楽をして、のんびりする人はのんびりと演奏出来る。』
 そんな曲だったのだ。
 さて、僕のフレットレスベースのデビューは、11月に行われた大学の文化祭であった。
 ここでちょっと説明すると、僕が所属していた大学の音楽系サークルは文化祭の間、学生会館の1階の広いスペースで、日中はライブハウス、夜はディスコと、まぁ馬鹿な大学生がすぐ考えそうなイベントを行っていた。
 特に夜のディスコは客と一緒に自分達も酔って踊り狂うという、良く言えば
「一石二鳥。」
 悪く言えば
「自分達だけはタダで飲んで騒ぐ。」
 という実にいいかげんなイベントだったと記憶している。
 さて本番当日。2本のベースを抱えて下北沢のアパートからヨロヨロと大学へやってきた僕は、(←2本もベースを抱えると重くてしょうがないのだよ。)
「むふふ。いよいよフレットレスベースを響かせる時がやってきた。俺のジャコのようなプレイを見て、腰をぬかす奴が出ないか心配じゃ・・・。」
 などと一人呟きながら、静かに演奏の順番が来るのを待っていた。そんな中、我々の前のバンドの演奏が終り、有難い事に、15分程の休憩の間に客がどんどん会場に入り始めたのだ。
 思い出してみると、この頃の学内は、ロック系とニューミュージック系のバンドがほとんどで、一方、4ビート系はジャズ研が専門だった事もあり、我々のように正統派のフュージョンを演奏するバンドは非常に珍しく、そんな事もあって客席はいつも満員だったと記憶している。
 そしてこの時も、満員の客の前で我々はいきなり「What’s Baby Singin’」を演奏した。この演奏は、客が多かったという事と、文化祭という特別の場であるという事、そしてフレットレスベースに懸ける個人的な意気込みとが相まって、僕の弾くフレットレスのけだるい音が曲全体を包み込み、我ながら実にイイ演奏だったと記憶している。
 とまぁ、ここまでが僕のフレットレスベースのデビュー話なのだが、今回久しぶりに「What’s Baby Singin’」を聴いてみると、大学生の頃に聴いていた音の悪いカセットテープにも拘わらず、
「やっぱり名曲だよなぁ~。」
 と感じてしまった。
 細かい話になるが、「What’s Baby Singin’」で聞こえる赤ん坊の声は、実際に菊池ひみこの子供の声を録音したものらしく、曲のイメージを印象づけるのに大きな効果を得ている。その上、暖かい春を思わせるような雰囲気が全体的に流れていて、それが決してチャラチャラしたものではなく大人の世界を感じさせる所が、この曲が何年経っても色褪せない大きな原因だと思うのだ。
 「What’s Baby Singin’」が収録されたアルバム「Don’t Be Stupid」は現在廃盤のようだが、
「なんとか良い音でキチンと聴いてみたいもんじゃ・・・。」
 そう強く感じた事だった。
 さて、話を再び過去へ戻すが、その後の僕はこのフレットレスベースを暫くの間弾き続けたのだが、この時以来フレットレスを使って満足感を得られるような演奏をする事がなく、結局1年後にこのベースを後輩に売ってしまったのだ。
「まぁ、何事にも“熱し易く冷め易い”土佐人の気質がモロに出た行動だよな・・・。」
 なんて思うのだが、今となっては、
「あのベース、売るんじゃなかったよなぁ~。手元にあれば、色々と楽しめるのに・・・。」
 と後悔しているのが現実だ。
 いやはや・・・なのだ。

菊池ひみこ - What's Baby Singin'

[Music 菊池ひみこ]
スポンサーサイト


Theme:楽器 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 菊池ひみこ |
Category: 大学2回生の頃 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

菊池ひみこの「オー・ライ」を聴いてみた。

2011.05.13 Fri
all right ゴールデンウィーク中の記事で、
「70~80年代の古いフュージョンアルバムばっかり聴いてると、ジジイになってしまう!」
 そう考えて、気分転換にアマンダ・ブレッカーの「ブラジリアン・パッション」を聴いた話をしたが(←こちらです。)、実はこの時聴いていた古いフュージョンアルバムの中に、
「ジジイになってもいいから聴き続けたい。おお~懐かしや懐かしや~バンドやってた頃を思い出すわ~。」
 などと、一人感涙にむせび泣いたアルバムがあったのだ。(←我ながら何故こんな大袈裟な表現をするのか分からないけど・・。)
 そのアルバムとは、菊池ひみこ「オー・ライ」というアルバムで、大学2回生の頃、収録曲のいくつかをバンドで演奏した事を覚えている。
 当時、菊池ひみこというピアニストをどんな経緯で知ったのかは忘れてしまったが、初めて聴いた時に、
「ああ~イイよなぁ~。哀愁があって女性的で・・・でも正統派のフュージョン音楽って感じはキチンとするし・・・。」
 そんな事を感じたのを覚えている。
 今回久しぶりに聴いても、それは全く同じで、
「こういう音楽こそ、我が青春のフュージョンミュージックなんだよ。おい君、分かるかね?」
 と、誰かに話し掛けたくなったばかりか(←聞く方は、オヤジの懐古趣味と思うだろうけどさ・・・。)、流したのが当時の古いカセットテープなので、良い意味で音の悪さが昔の雰囲気を醸し出し、
「そうそう、こんな音を聴きながら、必死でベースラインをコピーしたもんだわ・・。」
 なんて事も思い出したのだ。
 このアルバム、現在は廃盤らしく手に入れるのは難しいようだが、良い音で改めて聴いてみたいとオヤジは思っている。

Himiko Kikuchi - calling waves

[Music 菊池ひみこ]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 菊池ひみこ オー・ライ |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。