無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 青い珊瑚礁
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

アイドル二人

2008.05.03 Sat
 先日テレビを見ながらリモコン片手にポチポチとチャンネルを回していて、ふと手が止まった事があった。それは、1980年代にヒットした歌謡曲を集めた5枚組のCDセットの宣伝だった。CDに収録されているヒット曲が次々と流れるバックで当時の若者や街の様子の映像が流れて、思わず女房に、
「そういえば、俺達もこんな服装して歩いてたよなぁ~。女の子なんて皆こんな髪型だったなぁ~。」
 なんて、話した事だった。
 中でも、猛烈に懐かしく感じたのは、松田聖子中森明菜の二人の女性アイドルの曲である。
 思い出すのに、僕が高校3年生の時に山口百恵が引退し、入れ替わりに松田聖子が彗星のごとく現れた印象がある。その頃からアイドル・ブームが起こり、松田聖子に1~2年遅れて、中森明菜の人気に火が付いたように記憶している。
 個人的には、高校生の頃から松田聖子の方が断然好きで、当時のアルバムを今でも時々聴くが、今回はもう少し冷静に往年の2人のヒット曲から思い出す事を書いてみたいと思うのだ。
青い珊瑚礁 裸足の季節 まず、僕が初めて松田聖子を見たのは、高校3年生の時で、テレビの歌番組で「青い珊瑚礁」を歌っている姿であった。この映像を見た僕は、正直な話、大きな衝撃を受けて、完全に彼女の虜になってしまった。バカバカしい話だが、暫くの間、
「松田聖子、かっわいいぞ~。う~む。あんな彼女がほしいぞ~~。」
 などと真剣に思っていたのだ。
 まあ、この辺の個人的な趣味の話は、改めて記事にしたいと思うので、ここまでにしておくが、「青い珊瑚礁」という曲は松田聖子の初めてのヒット曲で、当時街を歩くと、やたらとこの曲が耳についたような思い出がある。僕は最初の頃「青い珊瑚礁」松田聖子のデビュー曲かと思っていたのだが、後に彼女のファースト・アルバムを聴いて、「青い珊瑚礁」の前に「裸足の季節」という名曲がある事を知った。どちらの曲も10代の女の子の一途な思いを、夏を感じさせるさわやかな歌詞と、ノリの良いリズムに乗せて歌い上げる曲で、聴いていて実に気持ちがイイと思ったものだ。
「高校3年という卒業を控えたなんとなく寂しい気持ちを、松田聖子の明るい曲は吹き飛ばしてくれる・・・。」
 当時の僕はそんな事を感じていたのだ。
 その後高校を卒業し、1年の浪人生活を経て大学に入学しても、僕の松田聖子ファンは続いていて、その頃には、松田聖子は日本を代表するトップアイドルになっていた。
赤いスイトピー 当時の曲で「赤いスイートピー」という曲がある。大人しく真面目な男に、これまた大人しいティーン・エイジャーの女の子が、そっと寄り添うほのぼのとしたイメージがある純愛路線の曲で、僕が大学に入学した頃に大ヒットしていた。
 僕はこの曲に歌われている“知り合った日から半年過ぎても手も握らない”なんて世界は、
「浮世離れもいいところだな~。」
 なんて感じていて、事実、当時の世の中は、バブルに向かって膨張を始めた頃で、現実の若者文化は非常にバブリーだった気がするのだ。
 にもかかわらず、「赤いスイートピー」は大好きでよく聴いていた。その訳を今考えてみると、この曲に歌われている内容が、現実とあまりにかけ離れた夢の世界のようなので、僕はそこに密かな憧れを持ち、共感していたのではないかと思うのだ。まあ個人的には、この辺が松田聖子の曲を楽しむ真骨頂だと思っているのだが・・・・。
少女A スローモーション さて、僕が浮世離れした世界に淡い憧れをもって松田聖子を聴いている前後に、巷では普通のアイドル路線とは少し異なる曲がヒットしていた。中森明菜の歌う「少女A」である。
 この曲は松田聖子の世界とは正反対で、その辺にいる中学生の女の子が心の底に持っている混沌とした気持ちを上手く表現した事で大ヒットしたと思っている。
 僕はこの時も「少女A」が中森明菜のデビュー曲かと思ったのだが、実はこの曲は2曲目で、松田聖子の時と同様、ファースト・シングルに素晴しい曲があったのだ。「スローモーション」である。中森明菜のイメージからは少し異なる曲だが、落ち着いた雰囲気と、サビの部分の伸びのある声が美しく、名曲だと思っている。
 この頃、中森明菜松田聖子に続いてトップアイドルに登りつめた事によって、僕の中では「陽の松田聖子、陰の中森明菜」という2人のイメージが生まれ、暫くの間は、2人のアイドルのそれぞれの面を楽しんで曲を聴いていた。
北ウイング 大学生活も後半になると、中森明菜はその独特の陰の部分に一層磨きをかけた素晴らしい曲を歌うようになる。「北ウイング」だ。
 当時バブルは膨らみ続け、海外旅行が大流行で、大学生の卒業旅行は当たり前、普段でもホイホイと外国に出掛ける学生が、僕の周りにもたくさんいた。そんな旅の窓口になるのが北ウイング、南ウイング、それぞれの出発ロビーを持つ成田空港だった。一度でも外国へ出かけた事のある連中は、旅行の話をする時、
「出発は、北ウイング?南ウイング?」
 なんて事を聞いていた気がする。
 僕もこの頃、初めての海外旅行を経験し、外国を非常に身近に感じていたので、「北ウイング」に歌われている“彼を追いかけて北ウイングから海外へ旅立とうとしている女性のイメージ”がよく分ったものだ。
 ただ、この曲の真髄は、“何もかも捨てて、彼の元へ身一つで旅立つ女性の心に秘めた熱い想い”にある。僕は、この頃から中森明菜の曲を楽しむ方法は、歌われている女性の熱い想いを感じ取る事にあると思い始めたのだ。
天使のウィンク 一方、松田聖子も、独特のおとぎ話的な世界をどんどんと大きく広げて、ますます現実離れした夢の世界のような曲を出し続けていた。
 またもや個人の好みの話をして申し訳ないが、僕はこの頃の松田聖子がビジュアル的には一番美しいと思っている。歌唱力も完成されて、より一層素晴らしいと思うのだ。(←松田聖子ファンとしては、これだけは、言いたかった!)
 この頃の曲で「天使のウィンク」という曲がある。個人的にはこの曲までが松田聖子のピークだと思っていて、僕の中では
「『天使のウィンク』で松田聖子のおとぎ話的遊園地の世界が完成した。」
 そんな気がしているのだ。
 “おとぎ話的遊園地の世界”と簡単に言っているが、僕のイメージする松田聖子の遊園地はあくまでも、ディズニーランド的な遊園地であって、場末の子供しかいなくて、デートに向いていない遊園地のイメージとは異なる。それだけ松田聖子の曲の世界は大きくて、豪華な気がするのだ。
 さて、「天使のウィンク」を最後に僕はしばらく松田聖子を聴かなくなる。ビジュアル的に彼女は相変わらず好きであったが、おとぎ話的な曲の世界に少し退屈してしまったのだ。
DESIRE 片や中森明菜の方は、割と身近にヒット曲を耳にしていた気がするが、大学も卒業が迫った頃に、衝撃の曲が発売された。「DESIRE」だ。
 初めてこの曲を歌う中森明菜をテレビで見た時は、ホントに驚いた。えらくカッコイイのである。当然「DESIRE」は大ヒットした。
 その後、僕は会社に就職して、宴会の2次会などで当時流行り始めたカラオケへ通うようになると、必ずこの曲で盛り上がっていた記憶がある。どの部署にも一人は「DESIRE」の振付を完璧にコピーした女の子がいて、大胆な振りで歌う女の子に我々若手は、
「ヒューヒューヒュー!」
 なんて軽薄な合いの手を入れながら騒ぐのである。
 どうも、この曲からは薄暗いカラオケスナックと、酒臭い同僚達と、ワンレングスボディコンのOL達の風景が浮かんでしまうのだ。


 さて、ここまで書いてきて、あまりに長い文章になってしまい、我ながら驚いている。こんな長いアホな記事、読む人がいないかもしれないが、そろそろまとめに入らないと、延々とバカ話が続く気がしてきた。ヤバイ、ヤバイ。では、最後に自分の言いたい事だけ書いてまとめてしまおう。


 松田聖子中森明菜には、若い頃の懐かしい思い出がたくさんあるが、今現在でもテレビで時々見かける。そんな時、僕は当時の楽曲のイメージで2人を見ているが、実際、あの頃のイメージからそんなに変わっていないと思っている。
 2人には、“今後また新しい世界を作ってより一層活躍して欲しい!”なんて事は全然思わなくて、時々はテレビに出て、新曲でもいい、往年のヒット曲でもいいので、ただ歌声を聴かせてもらいたいと思っている。
 懐かしい歌声を聴く事で、
「オヤジもまた何か新しい事を思い出すかも知れない・・・・。」
 松田聖子中森明菜には、そういう期待をいつも持っていたいと思っているのだ。


松田聖子 青い珊瑚礁


中森明菜 少女A


松田聖子 赤いスイートピー


中森明菜 北ウイング


松田聖子 天使のウィンク


中森明菜 DESIRE


   
   
[Music 松田聖子] [Music 中森明菜]
スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 松田聖子 青い珊瑚礁 赤いスイートピー 中森明菜 少女A 北ウイング 天使のウィンク DESIRE |
Category: 憧れの巨匠話 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

松田聖子の「青い珊瑚礁」で僕の音楽の聴き方が180度変わった話。

2008.06.07 Sat
スコール

 最近、若い頃聴いていた音楽の事を思い出す度に感じる事がある。それは、当時自分の聴いていた音楽のジャンルの狭さだ。
 僕が中学生から高校の終りにかけて、聴いていたのは、アメリカやイギリスの一部のハード・ロックプログレッシブ・ロックがほとんどで、高校も後半になって、若干のフュージョンと数組の日本のロックバンドを聴いた程度で、今考えてみると、
「似たようなジャンルの音楽ばっかり聴いていて、よく退屈しなかったよな~。」
 と思ってしまう。
 まあ、今ほど簡単に聴きたい音楽が聴ける環境ではなく、また音楽的な情報も少ない高知での事なので、ある意味、
「仕方なかったんだろうな~。」
 とも思ってしまうが、もう少し冷静に考えると、自分自身で聴く音楽のジャンルを狭めていたような気もするのだ。
 当時、僕の周りにいた音楽が好きな連中は、
「日本の音楽よりも、洋楽の方がレベルが上。ましてや、バンドをやる者は、アメリカやイギリスのロックを聴くのが当然。ロックが1番カッコイイ!」
 そんな考えが、フュージョンに興味を持ち始める高校2年の半ばぐらいまでは、潜在的にあったような気がするのだ。
 当然僕も、そう考える1人であり、日本語の曲をちょっと小馬鹿にする事で、
「音楽が分かっているんだぞ!センスいいんだぞ!」
 的なポーズを意図的に作っていた。
 実際のところは、
「日本の曲も本当は大好きだけど、聴いているのが友人にバレると、何となく恥ずかしい。ゆえにあんまり聴かない。」
 そんな非常に屈折した思いをずっと抱えていたような気がするのだ。
「じゃあ、僕が何時の頃からそんな頭デッカチな音楽に対する考え方を180度変えて、『どんな音楽でもとりあえずは聴いてしまおう!』という何でも有りのグニャグニャになってしまったのか?」 
 というと、あるアーティストに高校3年の時に出会った事がきっかけだった。今日はそのお話なのだ。(毎度の事とは言いながら、ホントに前置きが長くて申し訳ない。)
 僕は高校生になった時に、それまでの中学時代に住んでいた伯母の家から、完全に1人で生活する下宿屋へ移った。まあ、1人とは言っても、同じ下宿や隣の下宿に高校の友人がたくさんいて、特別に不自由を感じる事なく毎日を過ごしていた。ただ唯一、誰の部屋にもテレビが無かったので、僕は高校の3年間はほとんどテレビを見ていない。学校でも昨日のテレビの話題でも出ようものなら、1人会話に参加出来ずに、何度も悔しい思いをしたものだ。
 そんな僕が普段テレビを見る事が出来たのは、下宿の食堂で入浴の順番を待っている時だけであり、目にする事が出来る番組は、夕方6時頃から夜9時頃ぐらいまでの番組ばかりであった。その上、何故か食堂のテレビはチャンネルがNHKに固定されていて、高校生の僕が興味を示す番組を目にする事はまず無かったのだ。
 その日は日曜日で、風呂の順番を待っていた僕はNHKの「レッゴー・ヤング」という歌番組をぼんやりと眺めていた。そこで舞台の袖からス~っと出てきて歌い出した1人の新人歌手に僕は衝撃を受けてしまったのだ。それが、「松田聖子」だった。
 ブラウン管の中で、名曲「青い珊瑚礁」を歌う松田聖子を初めて見た僕は、冗談抜きに体中のアドレナリンが沸騰しそうなほど興奮してしまった。こんな書き方をして、勘違いされると困るのだが、僕が興奮したのは松田聖子に性的な魅力を感じた訳ではなく、もっと単純に、
「げ~っ、この子はカワイイ!こんなカワイイ女の子が世の中に存在するんや!是非本物を見てみたい!俺の彼女にしたい!」
 そんな思いから来る興奮だった。僕はその時にブラウン管の中の「松田聖子」に完全に一目惚れしてしまったのだ。
 その後の僕の頭の中は、恥しい話だが、「松田聖子」一色になってしまい、寝ても覚めても彼女の顔が頭から離れなくなってしまった。
 こうなると、アメリカも、イギリスもロックもプログレもフュージョンも関係ない。それどころじゃ無いのだ。只々「松田聖子」だ。僕はすぐに、
「彼女のアルバムを聴かねばならない!何としても聴きたい!」
 と思い始め、あちこちとリサーチした結果、2年後輩のI君にファーストアルバムの「スコール」をダビングしてもらった事を覚えている。当然、僕の松田聖子病は、友人達の知る所となる。友人達からは、
「お前は、一体どうしたんな?歌謡曲聴き始めて。」
 とか、
「松田聖子のどこがエエんな?趣味悪いにゃ~。」
 とか、
「あのねぇ~。テレビに出てくる芸能人なんてロクなもんじゃないわや。ましてや松田聖子なんて元暴走族や!」
 なんて勝手な声が聞こえてきたが、僕は松田聖子のファンである事を公言してはばからなかった。
 とにかく、僕は毎週のように日曜日は決まった時間に風呂に入る事で、「レッツゴー・ヤング」にレギュラー出演している彼女をテレビで観賞し、ラジオに出演すると聞くと、かじりつくようにして、その天使の声に耳を澄まし、大きなポスターを部屋に貼り、毎晩「スコール」を流し続け、松田聖子の笑顔を頭の中に思い浮かべる作業に没頭していた。それだけ、当時デビューしたばかりの松田聖子は僕を引き付ける何かを持っていたと思うのだ。(←そうでも言わないと、この辺の話は恥ずかしくて書けない。)
 今考えてみると、
「実にバカバカしく、恥ずかしい事じゃ。」
 と思ってしまうが、僕は松田聖子のアルバムを毎日聴いていた事で、それまで、心の奥底に持っていた『聴く音楽に対する見栄』が無くなり、本当に聴いてみたい音楽、本当に好きなアーティストへと、周りの目を気にする事無く突き進む事が出来るようになったと感じるのだ。 
 松田聖子みたいに、
「単純にビジュアルが気に入って、そこから何も分からずアルバムを聴いてしまう。」
 今の僕だとこんなのは当たり前で、過去に顔から入って聴き始めたアーティストが何人いた事か・・・・。そう思うが、僕のこんな音楽の聴き方は松田聖子「青い珊瑚礁」がスタートなのだ。
「こういう音楽の聴き方もアリなんだ!」
 そう思い始める事で、聴く音楽の幅がとてつもなく広がったと思うのだ。
 そんな訳で、ちょっと松田聖子に感謝しながら、デビューアルバム「スコール」を久しぶりに聴いてみた。
 このアルバムからは、後々松田聖子が作り上げる浮世離れしたお伽話的な世界はまだ感じられずに、(←この辺の事についての記事はこちらをどうぞ。)「海」「夏」「南の島」を思わせる雰囲気とティーンエイジャーの淡い恋心をノリの良いビートに乗せて歌い上げる曲が多い。それにしても、最近の新人歌手に比べると、抜群に歌唱力があると感じるのは僕だけだろうか?「裸足の季節」なんて、ちょっと無いぐらい上手いと思うのだが・・・・。まあ、色気は無いが、ピチピチした若さと勢いを感じて、
「若い頃は、こんな曲で松田聖子を想像していた訳だ・・・・。」
 と、改めて恥ずかしくなってしまった。
 僕は、松田聖子の事を考えていると、
「人生の中であと1人や2人、松田聖子ぐらい衝撃を受ける歌手が出て来てもいいんじゃないか?」
 と思う事がある。
 まあ、45歳のオヤジが部屋にポスターを貼ったり、テレビを見てニヤニヤするのも
「気持ちが悪くて見れたもんじゃない!」
 と考えながらも、内心期待しているのも事実なのだ。

松田聖子 青い珊瑚礁


松田聖子 裸足の季節





[Music 松田聖子]



Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 松田聖子 青い珊瑚礁 スコール |
Category: 高校3年の頃 | Comment(2) | Trackback(1) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。