無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 24カラット
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ディープ・パープルの「スピード・キング」で初めて音を出して、初めて動くディープ・パープルを見た話

2007.06.03 Sun
24カラット

 中学3年になったばかりの僕は、
「一刻も早くバンドを組んで、一瞬でも早く音を出したい。」
 と考えるようになっていた。
 僕は、先輩からレスポールモデルのエレキギター(←たしか、トーマスとかいう子供の機関車みたいな名前のメーカーだったかな?)を3000円で譲ってもらい、ベースのK藤君は、リッケンバッカーモデルのグレコのベースを、ドラムのN田君は、パールのドラムセットを購入した。
 まだ、キーボードとボーカルは決まってなかったが、
「早速スタジオを借りて音を出そうぜや。」
「そうやにぁ~。今度の日曜日にせんかや。」
「よっしゃ、ほんなら、朝10時から2時間、帯屋町タチバナ楽器を押さえちょくぞ。」

 てな事になり、僕達は日曜日の朝、タチバナ楽器店に集合した。
 この時の僕は、ただギターをアンプに繋いで大きな音を出してみたいだけで、トーマス?の中古ギターを、ヤマハのギターアンプに直接ぶち込んで、ボリュームをいっぱいにして出した音は、傍目には腰が抜けた玉川カルテットみたいな音だったろうが、自分としては、リッチーブラックモアのつもりであった。(←図々しいにも程があるぞ。)
 とにかく、僕は音の大きさに興奮しまくって、腰抜けテケテケ音にも関わらず、体中のアドレナリンが沸騰するような快感を味わっていた。他の二人もこんな調子で、てんでに音を出して、めでたく第一回目の練習が終了した。
 近くにある“はこべ”という店で昼飯のお好み焼をつつきながら、
「次回の練習では「ディープパープル」の「スピードキング」をやろうぜ。」
「おうおう、あれならし~よいにやぁ~。すっと弾けるわ(←そんなわけないのである)」
 
 とキーボードもボーカルもいない事も忘れて、すっかり調子に乗っていた。
 さて、数日後に学校で、バンドの話をたまたま野球部のF島君としていると
「ディープパープルやったら、大西時計店の二階でビデオが見れるで~。確かおねえがそんな事言いよったぞ。」
 と、我々にとっては夢のような話をした。 (F島君には、高知市内の女子高に通う姉がいて、この人がなかなかの音楽通で、その影響からかF島君も音楽に詳しかった。)
 早速、土曜日のクラブが終わった夕方に、我々は、帯屋町の大西時計店目指して自転車を飛ばした。
 大西時計店は、当時1階は時計売り場だったが、2階がレコード売り場で、入口近くの吹き抜けの所に、大型テレビが据え付けられて、NHKのヤングミュージックショーなんかを録画したビデオをよく流していた。
 当時、まだ一般には、ビデオデッキは普及していない頃で、その日、僕らは神様でも拝むかのようにディープパープルのライブ映像を見た事を覚えている。
 「スピードキング」、「チャイルド・イン・タイム」、「スペース・トラッキン」などが演奏された映像は、なんとなく古ぼけて、テープ自体が擦り切れて、海中で演奏しているような印象だったが、それでも食い入るようにして見たもんだ。
 まだ、リッチーブラックモアが、ギブソンのセミアコ(←ES335かな?)のギターを弾いている時代の映像で、細かい指の動きまではよく分からなかったが、高知の田舎のアホ中学生に、偉大なギタリストのオーラを感じさせるには、十分な映像だったと思う。
 にもかかわらず、アホ中学生は、
「リッチーのあのギターはいかんにやぁ~、漫才師みたいでかっこ悪いぞ~」
 と、自分のギターは、機関車トーマス、出す音は玉川カルテットのくせに、そんな事はすっかり忘れて、偉そうな事を言いながら自転車こいで下宿へ帰った事を思い出す。
 さて、改めて今聴いてみると・・・。
「スピードキング」にこんなに長い前奏があった事をすっかり忘れていた。当時の僕らは、いきなり前奏無しで演奏していたので、強烈に歪んだ音の前奏が始まって、驚いてしまった。
 それにしても、こんなにハードな曲をアタッチメント(←当時の僕達はエフェクターをこう呼んでました。)が全く無いヘロヘロの腰砕け音で、どうやって演奏していたのかが、不思議でたまらない。その上、キーボードもボーカルもいなかったのになあ~。絶対に自分の頭で都合のいい音に変換されて耳に入っていたとしか思えないのだ。
 この曲を聴くと、初めて手にしたエレキギターにすっかり興奮して、鼻の穴が膨らんでいる自分の姿が浮かんできて、とても恥ずかしいのだ。

Deep Purple : Speed King





[Music Deep Purple]
スポンサーサイト


Theme:ハードロック | Genre:音楽 |
FC2タグ : ディープ・パープル スピード・キング 24カラット |
Category: 中学3年の頃 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

ディープ・パープルの「24カラット」を聴いてみた。

2010.12.28 Tue
24カラット このブログを開始して以来、何故か正月にはディープ・パープルのアルバムを聴く事にしていて、毎年のように新年一発目の記事にしてきたが、今年は年末にディープ・パープルなのだ。ここ数日「24カラット」を集中的に聴いている。
 というのも、少し前にビートルズの記事(←こちらです)でお話したように、オヤジは正月早々バンドをやる事になっていて、ディープ・パープル「ブラック・ナイト」を演奏するため、日夜ギター片手にコピーにいそしんでいるのだ。
 この「ブラック・ナイト」という曲、最近はサントリーの缶コーヒーのCMに使われていたが、オヤジの中では凄く古い曲として頭の中に残っている。
 中学2年でバンドを始めた頃、僕にとってディープ・パープルはほとんど神様のような存在で、特にリッチー・ブラックモアというギタリストは僕の最も好きなギタリストだった。そのリッチーが、この「24カラット」に収録されているライブ盤の「ブラック・ナイト」で、ギターのアームをフルに効かせて、物凄いアドリブを弾きまくるのだ。
 当時、何回もコピーしようと試みたが、アームプレイが凄まじく、何回聴いても音程が全然取れなかった記憶がある。そんな訳で、僕は「ブラック・ナイト」を聴くと、当時下宿していた伯母さんの家の風景と、畳の部屋にあぐらをかいてギターを必死にコピーする自分の姿と、何度聴いても何を弾いているのか分からないモヤモヤした気分とが一体となって浮かんでくるのだ。
 あれから30年以上の月日が流れたが、いまだにこのアドリブは上手く聴き取れない。というか、すでにコピーしようという気も無くなっている。それでも、久しぶりの「ブラック・ナイト」に、
「30年以上積もった怨念を爆発させるように正月はギターを弾いてみたい。」
 そんな事を感じているオヤジなのだ。

Black Night - Deep Purple


 
[Music Deep Purple]





Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ディープ・パープル 24カラット ブラック・ナイト |
Category: Rock/Pops | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。