無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 8:30
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ウェザー・リポートの「8:30」を聴いてみた。

2012.03.23 Fri
8:30 オヤジは現在まで50年近く生きているが、これまでの人生の中で一番音楽を聴いた時期は大学の4年間だ。当時はレンタルレコード店が出来始めた時期であり、また所属する音楽サークルの友人達から次々にLPレコードを借りていた時期でもあり、次から次へとフュージョン系のアルバムを聴いていた記憶がある。
 一方、大学生になるまでのオヤジの音楽の聴き方は、ロックにしろフュージョンにしろ発売されて暫く時間が経過して、巷の評判が
『コレ、いわゆる「名盤」です!』
 と固まったアルバムを慎重に購入する事が多く、常に3~4年遅れで音楽についてゆくような聴き方をしていた。
 そして、そんな後追いの音楽鑑賞と、発売されたばかりの新譜を聴く現在進行形の音楽鑑賞が混在していたのが大学時代で、必然的にアルバムを聴く枚数が増えていったわけだ。
 さて、こんな風に後追いで聴くアルバムが多いと、
「このアルバムはもっと早く聴くべきだったなぁ・・・。」
 なんて事を考える事がある。ウェザー・リポート「8:30」も大学生の頃にそんな事を考えた1枚で、初めて耳にしたのは発売から4年ほど経ってからだったと記憶している。
 当時のオヤジは「8:30」だけでなく何枚かのウェザー・リポートのアルバムを並行的に聴いていたが、「8:30」からはウェザー・リポートというバンドの絶頂期の息吹のようなものが随所に感じられる。たとえばオープニングの「ブラック・マーケット」は、ピーター・アースキンの煽りたてるようなドラムにグルーブしまくるジャコのベースが絡み、ライブが始まった喜びと演奏への期待が一気に広がる。一方でウェイン・ショーターの「サンクス・フォー・ザ・メモリー」のように叙情的で熱いサックス・ソロの世界や、定番の「バードランド」もキチンと聴く事が出来るのだ。・・・とまぁ言い始めるとキリが無いが、「8:30」は最も良い時期のウェザー・リポートを正面から受け止めるのには一番のアルバムだとオヤジは思っている。いやはや・・・発売と同時に聴きたかったよなぁ・・・・。

weather report : black market


 
[Music Weather Report]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : ウェザー・リポート 8:30 |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。