無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ANYTIME
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

小泉今日子の「ANYTIME」を聴いてみた。

2008.07.03 Thu
ANYTIME これまでに何回か『僕は松田聖子が好きだ!云々・・・』の記事を書いてきたが、実を言うと、音楽的な面を除いてビジュアルだけの話となると、小泉今日子の方が好きである。
「また、勝手な事を・・・。」
 と、言われるかも知れないが、小泉今日子を初めて見た時に感じた「おっ!」という感覚は、今でもテレビなどで彼女を見る度にオヤジは感じているのだ。まあ、そんな事は、どうでもいい事なのだが、どうしても言いたかったのだ。勘弁してくれ。
 さて、今回小泉今日子のアルバム「ANYTIME」を聴いた。
 90年代半ばに発売されたベスト・アルバムで、80年代のアイドル全盛の時代に、そのトップを走っていた元気なイメージとは異なり、90年代に入ってからの少し落ち着いた小泉今日子の世界を楽しむ事が出来るアルバムだと思う。
 で、この『少し落ち着いた小泉今日子』から、
「実際のところの小泉今日子は、意外とこの辺のイメージ通りの女性なのではないか?」
 などと、僕は勝手な想像を膨らませている。
 収録曲の大半の曲が小泉今日子自身の作詞である事から、そんな事を感じてしまうのかもしれないが、この落ち着いた世界も彼女の大きな魅力である事は間違いないと思うのだ。淡々とした曲が多いが、歌詞に込められた熱い思いはジワジワと伝わってくる。『静かで大人しいキョンキョンの世界。』梅雨の雨の音を聴きながら部屋で聴くのには悪くないと思うのだが。

小泉今日子 - 優しい雨





[Music 小泉今日子]

スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 小泉今日子 ANYTIME |
Category: J-Pop | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。