無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ SUDDENLY
RSS|archives|admin

マーカス・ミラーの「SUDDENLY」を聴いてみた。

2007.10.01 Mon
SUDDENLY「オヤジさん、一番好きなベーシストは誰かね?」 
 と、聞かれると、僕は、20年以上も前から、
マーカス・ミラーだね。」 
 と答える。
 僕が初めてマーカス・ミラーのベースを聴いたのは、高校の頃で、渡辺香津美のアルバム「トチカ」だったと思う。当時は「スラップ奏法」なんて名称はまだなく、皆、「チョッパーベース」と呼んでいた頃だ。
 その時から、ずっと気になる存在のベーシストで、大学生になってベースを弾き始めてからは、神様のように思っていた時期もある。
「何がそんなに好きかね?」
 と聞かれても、困るのだが、一生懸命説明すると、そのリズム感、独特の音色は勿論なのだが、何と言っても、ベースプレイ全体を通して感じるものすごい緊張感が、実にカッコイイのだと思うのだ。
 このアルバムの1曲目、「ラヴィン・ユー」の最初のリフの緊張感。これが、マーカス・ミラーの全てなんだと思ってしまう。
「たまには、耳を研ぎ澄ませて、必死にベースプレイを聴く。」 
 学生に戻った気がします。






[M;Marcus Miller]


Theme:楽器 | Genre:音楽 |
FC2タグ : マーカス・ミラー SUDDENLY ベース |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |