無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 思い出の曲話
RSS|archives|admin

『お遊戯』回顧録

2007.11.02 Fri
 高知市では、10月の間、週末になるとあちこちで運動会をやっていた。幼稚園や小学校、町内会の運動会とその内容は色々だけれども、それぞれに盛り上がった事と思う。
 小学校の頃、運動会はとても楽しみであったのだが、1つだけ嫌な事があった。『お遊戯』というやつである。当時の僕は、徒競争や綱引きや障害物競争などは大好きなのに、唯一、ダンスだけが、死ぬほど嫌いだった。なぜか非常に恥ずかしかったのである。
ゴールデンベスト 特に印象に残っているのは、小学1年生の時のダンスで、曲目は水前寺清子『三百六十五歩のマーチ』。あの「幸せわぁ~っ、歩いてこない~、だ~から歩いて行くんだねぇ~。」ってやつである。この曲で、両手に旗を持って元気よく踊るのである。これには参った。ホントに嫌で、全くやる気がなく、見に来たお袋に、運動会が終わった後で、
「あんた、踊りをもっと真面目にやりなさい!みっともない!」
 と、散々怒られた記憶がある。それだけ僕のダンスには、やる気の無さがみなぎっていたのだと思うのだ。
 しかし、ダンスは嫌でも、水前寺清子は、面白い。この時の曲『三百六十五歩のマーチ』も大好きだが、「ボロは着てても、心の錦~。」『いっぽんどっこの歌』などは、この歳になって聴くと、歌詞の意味が分かりすぎて、一人、ウンウンとうなずく事になる。こういう子供の頃に何度も聴かされた曲は中年になっても絶対に忘れないものだ。水前寺清子、最近テレビで見かけないけど元気だろうか?

 さて、その後の僕は、小学6年まで毎年運動会のお遊戯を嫌々ながら切り抜け、次に運動会で『お遊戯』を披露する事になるのは、小学校を卒業して6年目の高校3年の秋の事である。 サタデー・ナイト・フィーバー
 僕の高校では、毎年運動会で高校3年生がクラス毎に自分達で曲を選び、振付をし、衣装を考えて、ダンスをするのが恒例の出し物であった。 
 当時は、映画『サタデー・ナイト・フィーバー』が封切られて2年ほど経ち、高知の田舎でも、ディスコが大流行していた頃で、当然、クラスの皆でディスコ風のダンスをする事になった。
 その頃の僕は、小学校の頃とは全く違って、人前で踊る事に全然抵抗が無くなっていた。と言うのも、中学に入ってからギターを弾き始めた影響で、高校ともなるとバンドでギターを演奏しながら、平気で人前で腰を振ったりしていたからだ。また、当時、高知市内に何軒かあったディスコへもデビューを果たし、大音響の中で踊る事が、面白くてたまらなかった。人間、変われば変わるものである。
ベスト・オブ・ブロンディー この時に踊った曲は、当時のディスコ調のヒット曲をつなぎ合わせて、4~5曲だったように思うが、中でも、印象に残っているのが、ブロンディ『コール・ミー』だ。 ブロンディはボーカルのデボラ・ハリー率いるロックバンドで、パンクっぽい雰囲気があるバンドだったが、なんせ、デボラ・ハリーが超美形なもので、個人的にはそちらの魅力の方がいつも気になるバンドだった。確か、この曲のサビの部分の「コール・ミー!」と叫ぶ部分で、右手を『サタデー・ナイト・フィーバー』ジョン・トラボルタみたいに突き上げて、腰をくねらせて、踊っていたように思う。今考えると、大マヌケな踊りであるが、当時の自分達は大真面目で、
「チョーカッコいい!」
と、思っていたのだ。
最近になって、
「当時のダンスのVTRでもあれば、大笑い出来るのになぁ・・・。」 
と、実に悔しい思いがする。

 さて、またまた時は流れて、高校を卒業して7年が経ち、僕は社会人になっていた。高校卒業後、大学時代はずっと運動会にはご無沙汰だったが、社会人になると、会社の運動会がある。僕の就職した会社は、東京が本社で、毎年、練馬区の豊島園のグラウンドで運動会は行われた。関東圏にある支店の対抗戦になっていて、入社3~4年までの若手は半強制的に参加させられるイベントだった。毎年当日までは面倒臭くて、
「雨でも降らないかな~。」
 なんて考えているのだが、いざ運動会が始まると、最後の打ち上げまでノンストップで盛り上がってしまうような、面白いイベントだった。天地真理・コンプリート・シングル・コレクション この運動会では、入社2~3年目までの若手が参加する応援合戦があり、どこの支店も趣向を凝らした演出をして、笑いを取っていた。入社2年目の僕がいたチームは、女装して、テニスルックで、天地真理『恋する夏の日』を踊る事になっていた。またも、『お遊戯』である。同期の女の子に入念に化粧を施してもらい、スコートはいて、ラケットを持った姿は、我ながらイケてると思った事だ。
 天地真理は、僕が小学校3~4年生の頃、圧倒的に人気があったアイドルだ。テニスルックがよく似合い、確か「白雪姫」なんて呼ばれていた。僕も子供心に、
「かわいいな~。」
 と、思った記憶がある。
天地真理のかわいさには程遠いけれども、女装した僕達の踊りは、その年の最優秀応援合戦賞を受賞して、打ち上げでのビールが実に美味かった事を思い出した。

 さて、またしても時は流れて、その後、僕は31歳の父親になっていた。この時は、幼稚園の運動会で、息子と一緒にダンスをさせられた。これこそホントの『お遊戯』だ。曲は『アンパンマン体操』アンパンマン アンパンマンの作者、やなせたかし氏は、高知県の出身だ。
「だから、どうした!?」 と言われると、話が続かないのだが、子供達に絶大なる人気を誇るキャラクターの作者が高知出身と言う事は、単純に同じ土佐人として、嬉しいという事なのだ。
 『アンパンマン体操』は、きちんと決められた振付があって、元気な先生と子供達を手本に、額に汗して、必死で踊った事を思い出す。どのお父さんの動きもぎこちないが、結構楽しんでいたと思う。
 このアンパンマンの『お遊戯』だけは、我が家のVTRにキチンと保存されている。オヤジは楽しそうに踊っているけれども、僕個人の歴史の中では最もつまらない『お遊戯』が保存されていると思っている。 これが、僕の運動会での『お遊戯』の歴史だ。踊った曲は、どの曲も印象深く、脳裏にこびりついている。
 僕は、これからの人生、まだ『お遊戯』をする機会があるのじゃないかと思っている。
「さて、次回のお遊戯はいつ、どんな曲だろうか?老人ホームで、ばあさんとフォークダンスでも踊るのだろうか?」 なんてね。
 ちょっと気になっているのは確かだ。。


    
[Music 水前寺清子] [Music Blondie] [Music 天地真理] [Music ほか]


FC2タグ : 水前寺清子 三百六十五歩のマーチ お遊戯 ブロンディ コール・ミー 天地真理 恋する夏の日 アンパンマン アンパンマン体操 |
Category: 思い出の曲話 | Comment(2) | Trackback(1) | top↑ |

弾き語りから思い出す曲のあれこれ。

2007.11.16 Fri
カルカッシギター教則本 ギターの演奏テクニックに、「アルペジオ」というのがある。和音を一度にかき鳴らすのではなく、分解して一音づつ、流れるように弾くテクニックだ。
 僕は、中学になってギターを弾き始めたスタートが、クラシックギターだったので、当時購入した「カルカッシ・ギター教則本」というやつの、基礎練習のアルペジオの部分を、毎日毎日、メトロノームに合わせて練習した。
 アルペジオが弾けるようになると、演奏の幅がぐっと広がる。クラシックギターのテクニックは勿論の事だが、歌の伴奏が、割と簡単にできるようになる。そうなると、恥ずかしげもなく、ギターを弾きながら歌う事をやり始める。ま、この辺まではギターを弾き始めて色気づいた少年のお決まりのコースと言ってもいいと思う。フォーエバー まず、僕がハマったのが、「かぐや姫」
 ご存知、南こうせつ伊勢正三山田パンダの三人組だ。最近、再結成されたライブ映像をテレビで見たが、僕がハマった当時は、解散してすでにないグループだった。
 「神田川」「22才の別れ」「赤ちょうちん」「なごり雪」等の有名所の曲は、全部アルペジオが弾ければ、演奏できる。南こうせつほど高い声は出なくても、伴奏することは出来る。それに、「かぐや姫」の曲は、アルペジオでも、色々なパターンがあって、ちょっとマニアックに演奏できるので、当時の僕のような「ギター小僧」には、うってつけだった気がする。
 アルバム「かぐや姫フォーエバー」をテープにダビングして、何回も何回も聴いてコピーしたものだ。
ベストセレクション 次は「吉田拓郎」
 拓郎の歌は、アルペジオよりも、コードをかき鳴らす曲が多かったけれど、部屋で、ギターを弾いて歌った記憶がある。当時、何枚かアルバムを聴いたのだが、タイトルが全然思いだせない。先日、TUTAYAでベストアルバムを借りてきて聴いてみたのだが、「結婚しようよ」とか、「今日までそして明日から」とか「旅の宿」なんかが懐かしかった。
 「旅の宿」
は、拓郎の曲の中で、最初に歌った曲で、中学1年の癖に、生意気にも、「旅の宿」の世界に憧れたりしていた。
 この辺は全部1970年代の初頭、僕がまだ小学生の頃の曲で、リアルタイムで聴いた訳ではなく、発売後、2~3年してから、聴いた事になる。
氷の世界 9.5カラット ハンサムボーイ
 同じく発売後2~3年経て聴いたのが、井上陽水「氷の世界」。歌詞の意味は全然分らなかったが、(←いまだによくわからないけど。)なんとなくカッコイイ、危険な雰囲気が気に入った事を覚えている。でも僕がギターをかき鳴らして歌うのが、あまりにも陽水のそれとは、かけ離れているので、さすがに、恥ずかしくなって、遠慮した事を覚えている。
 井上陽水はその後のアルバムも、時々聴いていた。大学生の頃に聴いた「9.5カラット」「いっそセレナーデ」中森明菜が歌った「飾りじゃないのよ涙は」は印象に残っている。 
 社会人になってからも、何枚かのアルバムを聴いてきた。「リバーサイド・ホテル」はドラマの主題歌で、気に入った記憶がある。他に気に入った曲は「少年時代」。昔、会社の先輩で、酔ってカラオケ・スナックで、井上陽水「少年時代」を聴くと、必ず目に涙をいっぱい溜めて、泣き始める人がいた。僕は、なんとなくその気持ちが分かる。この曲には、それだけの何かがあると思っている。
水曜日の朝、午前3時パセリ、セージ、ローズマリーアンドタイム ちょっと、井上陽水に入れ込み過ぎたが、僕のヘッポコ弾き語りは、邦楽だけではなかった。中学になって、英語を習い始めて、洋楽の方へも触手を伸ばし始めたのだ。「サイモン&ガーファンクル」である。先輩にアルバムを借りて、ダビングし、一通りは聴いた。で、何を演奏するか?というと、これはもう、「サウンド・オブ・サイレンス」「スカボロー・フェア」だった。この2曲だけである。2曲共に、まず、イントロが抜群にいい。イントロのフレーズを弾くだけで、すぐその気になる。自分の歌は、あの美しいハーモニーとは程遠いけれども、ギターだけは同じ音。嬉しくてしょうがないのだ。英語の歌詞を紙に書き写して、それを見ながら何回も練習した記憶がある。
オペラ座の夜 とまあ、ここまでは、あくまでも自分の部屋で弾いて、歌っていい気になっていた訳だが、これまでの人生で1度だけ、アコースティックギターを弾いて人前で歌った事がある。
 高校3年の時、土曜日の午後に空き教室で、何組かのバンドが演奏する催しがあって、後輩のフォークバンドのお手伝いをした時の事だ。後輩が12弦ギターを持っており、それが弾きたくて3~4曲の演奏に加わった記憶がある。演奏した曲はクィーンのアルバム「オペラ座の夜」「39」だった。
 この時思ったのは、人前で歌を歌うという事は、ギターを弾くよりも数倍緊張するという事だった。必死で覚えた英語の歌詞が頭が真っ白になって一瞬分からなくなったほどだった。
 クィーンは、誰でも知っているロックバンドだが、アコースティックギターがメインのいい曲が色々とある。「39」もそんな中の1曲で、今でもお気に入りの曲になっている。
BALLADS あれ以来、人前でギターを弾いて歌う事はないけれど、この歳になっても、相変わらず我が書斎では1人で時々やっている。昔のように、英語の歌詞を覚える根性も無くなり、大部分が鼻歌で、
「サビだけを歌う!」
 というワガママをしているが、酒でも飲んでいれば、実にいい気分だ。
 最近は「エリック・クラプトン」「BALLADS」がお手本。
 クラプトンのように渋いつもりのオヤジなのだ。


         
[Music かぐや姫] [Music 吉田拓郎] [Music 井上陽水]
[Music Simon And Garfunkel] [Music Queen] [Music Eric Clapton] 




Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : カルカッシ・ギター教則本 かぐや姫 かぐや姫フォーエバー 吉田拓郎 井上陽水 オペラ座の夜 クィーン エリック・クラプトン BALLADS |
Category: 思い出の曲話 | Comment(4) | Trackback(1) | top↑ |

ベースを弾いて歌った曲のあれこれ

2007.11.30 Fri
 ちょっと前に、ギターでの弾き語りの思い出を記事にした事があった。その記事を書きながら、
「そう言えば、ベースを弾きながら歌った曲も色々あるぞ~。」 
と、思った。そんでもって、今日は、ベースを弾きながら歌った曲のお話をしたいと思う。 
ホワイトアルバム 僕が人前で初めてベースを弾いたのは中学3年生の終りの頃だ。どういう経緯か覚えていないのだが、クラス毎に、土曜日の放課後、体育館で合唱をやる事になり、僕のクラスも本番の数日前から課題曲と、自由曲の2曲を昼休みに練習していた。 
 課題曲は思い出せないのだが、自由曲に選んだのが、ビートルズ「オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ」だった。あの、超有名な「ホワイト・アルバム」に収録されている名曲だ。
 この合唱に、ピアノとギターとドラムとベースの伴奏を付ける事になり、僕は初めてベースを弾く事になったのだ。
 僕はこの頃、ずっとギターを弾いていて、
「ちょっとベースを弾いてみるのも面白いだろう。」
 ぐらいの簡単な気持ちで、引きうけたのだが、やってみると、ベースを弾きながら合唱に参加するのは、ギターと違って結構難しいものだった。
 特に、「オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ」のベースラインはちょっとトリッキーで、歌いながら弾く事に慣れるまでにずいぶん時間がかかった事を覚えている。 アメリカンバンド 
 さて僕は、その後の高校時代はベースを弾く事もなく、ギターばかりを弾いて過ごしたのだが、次にベースを弾く事になったのは、高校を卒業した春休みに行ったコンサートでの事だった。
 この時の僕は、その後の浪人生活が決まっていて、半ばヤケクソ気味にコンサートに参加していた。全曲ギターを弾く予定が、ベーシストにアクシデントが起こり、臨時的に数曲ベースを弾く事になって、必死で練習した。
 中でも鮮明に記憶しているのが、グランド・ファンク・レイルロード「アメリカン・バンド」だ。この曲のサビの部分を僕はベースを弾きながら歌った。ハモる必要がないコーラスなので、気分的には楽で、とても楽しかった事を覚えている。
 いまだに、グランド・ファンク・レイルロードというと、すぐにこの曲が頭に浮かぶのは、この時の印象が非常に強く残っているせいだと思う。ドラムのカウベルのシンプルなイントロから始まる「アメリカン・バンド」は、僕の中では、名曲中の名曲なのである。 ライブブートレッグ
 その後、なんとか、浪人時代を切り抜けて、大学に滑り込んだ僕が次にベースを弾きながら歌ったのは、入学前の春休み、前回のコンサートからちょうど1年後に、高知市内の小さなライブスポットで、同窓会のような集まりがあった時だ。
 店の隅にドラムセットとキーボード、アンプ類があって、簡単な演奏が出来る事を聞いていた僕達は、2~3日前からチョコチョコっと練習して、当日余興で演奏する事を決めていた。
 この時も、僕はベースを弾く事になり、3曲ほど歌った。バンド編成は、ギター、ベース、ドラムの3人のシンプルなものであり、僕がリードボーカルであった。後にも、先にも、僕がベースを弾きながらリードボーカルを経験したのは、この時だけだ。
 そんな中の1曲が「カム・トゥゲザー」。演奏したのは、エアロスミスのバージョンで、アルバム「ライヴ・ブートレッグ」をコピーしたと記憶している。僕はエアロスミスの演奏する下品な「カム・トゥゲザー」が大好きで、ビートルズの演奏よりも、すぐにこちらを思い出してしまう。
 歌の方は、まあ、若気の至り、いい気になって歌いましたけどね。客の反応は・・・・・覚えていない。
 ベスト・オブ・チャックベリー時間は流れて、僕は大学2回生になっていた。時期は12月。バブル景気に向かって、世の中が浮かれ始めた時期で、企業のクリスマスパーティーや忘年会が東京のあちこちのホテルの宴会場を借り切って行われていた。
 僕は、サークルの仲間と、この時期だけの臨時バンドを組んで、大学のOBのコネを頼りに、パーティー・バンドのアルバイトを行っていた。
 アルバイトとは言っても、楽器を運ぶレンタカー代を差し引くと、一人の手元には1000円ぐらいしか残らない実に効率の悪いアルバイトだったが、それでも、人前で演奏する事が面白くて、この年の12月は、毎週金曜日や土曜日の夜にあちこちのパーティーで演奏した事を覚えている。
 選曲は、BGMとして聴けるフュージョン系の曲を5~6曲と、踊れるノリのいいディスコ系の曲を5~6曲の計12~13曲を準備して、その時の雰囲気で演奏していくのだ。
 パーティーの最後の方になると、酔った客が踊り出す事がよくあって、そんな時に僕らがよく演奏したのがチャック・ベリーで有名な「ジョニー・Bグッド」だった。
 この曲を演奏し始めると、決まって中年のオヤジたちが、それまでディスコビートで踊っていた若手社員を押しのけて、腰を振って踊り出すのだった。これが面白くて、盛り上がった時には、よく演奏していた。
 そして、こっちも調子に乗っているから、当然コーラス部分を大声で歌う事になる。例の「ゴーゴー!ゴージョニ・ゴーゴー~~」ってやつである。あれ以来、「ジョニー・Bグッド」、僕は大好きです。
 ホテルカリフォルニア さてさて、またまた時は流れて、僕は大学の3回生の9月を迎えていた。この頃、僕は女性ボーカルを中心にしたサンバのバンドに参加していて、バンドの中にコーラスを担当している音大の声楽科の女の子が4人いた。彼女達は、僕のバンドとは別に、4人のコーラスグループを結成していて、あちこちのパーティーなどに呼ばれて歌っていた。
 このグループのバックの演奏の手伝いをした事があるのだが、僕とドラム以外は皆、音大生で、歌が上手いのは勿論の事、「カーペンターズ」や「オリビア・ニュートン・ジョン」、「スティービー・ワンダー」や「ビートルズ」などの曲を、さすがに音大生、実に大人っぽくアレンジして演奏し、歌っていた。
 この時の会場は高輪プリンスホテル。あるメーカーが全国の得意先を招待して研修会をした後の懇親会での演奏であった。200人ほどの招待客のほとんどが、50~60代のおじさんで、僕達の演奏を聴いている人間はほとんどいなかった。アルバイトで来ているコンパニオンの女の子達が時折拍手をくれる程度で、演奏は、完全にBGMであった。
 慣れないスーツを着て、演奏した曲で、思い出すのが、イーグルス「ホテル・カリフォルニア」だ。原曲とは、全く異なるアレンジがされており、女性4人が歌う「ホテル・カリフォルニア」は、それなりにイイ雰囲気で、サビの部分のコーラスを一緒に歌った思い出がある。
 この時は、ピアノを担当している音大生から、事前に楽譜が渡され、数日前に2~3回練習しただけで本番に臨み、嬉しい事に、1人1万円近くのバイト料をもらい、その後の打ち上げで、朝まで大騒ぎした事を覚えている。
 これらが、僕がベースを弾きながら歌った曲の思い出だ。それぞれの曲を聴きながら当時の事を思い出すと、時代毎の風景や息使いが蘇ってくる気がする。
 この歳になると、こういう音楽の楽しみ方が一番楽しく感じてしまうのだ。
「あ~~懐かしい~~。」

     
[Music Beatles] [Music Grand Funk Railroad] [Music Aerosmith]
[Music Chuck Berry] [Music Eagles]


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ビートルズ ホワイト・アルバム アメリカンバンド グランド・ファンク・レイルロード カム・トゥゲザー エアロスミス チャック・ベリー ジョニー・Bグッド イーグルス ホテル・カリフォルニア |
Category: 思い出の曲話 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |