無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 自分勝手な話
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ジャズ風呂

2007.12.21 Fri
 今から数年前の春休み、女房と子供達が実家に里帰りして、一週間ほど1人になった事があった。ちょうど休日を挟んでいた事もあり、昼間からビールを飲みながら、音楽を聴いたり、昼寝をしたりと、オヤジにもいい休養になった事を覚えている。
 その時に、風呂の脱衣所にCDラジカセを持ち込み、音楽を聴きながらのんびりと風呂に入った事を思い出した。
ソウル・ステーション なぜ、こんな事を突然思い出したかというと、先日CDの棚をゴソゴソとひっかき回していて、あるアルバムが目に止まったからだ。ハンク・モブレー「ソウル・ステーション」だ。
 記憶に間違いがなければ、僕がまだ30代の頃、ジャズ雑誌で,
「このアルバムは、風呂に合う。」 
 なんていう記事を見た気がしたのだ。その時からずっと頭に引っかかっていて、
「是非一度、風呂に浸かりながら「ソウル・ステーション」を聴いてみたい!」
 と考えていた。
 で、女房と子供がいない事をこれ幸いと、早速実行してみたのだ。
 前日会社帰りに購入した「ソウル・ステーション」をCDラジカセにセットして、ボリュームを上げて、流し始める。シンプルで分かりやすいメロディーに耳を傾けながら、のんびりと浴槽に浸かると、
「なるほど・・・。“風呂に合う”の意味がなんとなく分かるぞ~。」
 そんな気になった事だった。
 この経験以来、僕はハンク・モブレーが好きになり、他のアルバムも聴くようになったのだが、このサックス奏者、どこがいいのかを説明するのにちょっと困る。というのも、コルトレーンソニー・ロリンズみたいに圧倒的な存在感があるわけでもなく、彼のテナーは、なんとなくこもった音で、のんびり、ボケボケ聴こえてくる気がするのだ。これは、決して悪い意味では無くて、好きになってしまうと、そこがハンク・モブレーの魅力であり、のんびりと浸かる風呂にはもってこいだ!と思ってしまうのだ。
 ま、とにかく、風呂で「ソウル・ステーション」を聴いた経験から、その後しばらく、ジャズのアルバムを聴くたびに、風呂に浸かって聴いてみたくてしょうがなかった記憶がある。
フィーリン・ザ・スピリット 中でも、今度風呂でCDラジカセを鳴らす機会があれば、まず一番に、グラント・グリーン「フィーリン・ザ・スピリット」を聴こうと思っている。このアルバムのシンプルで覚え易いメロディーを聴いた瞬間に、
「お~っ。風呂の中でエコー効かせて、聴くと気持ちがエエぞ~。」
 と確信したのだ。
 それに、アルバムのジャケットがいいではないか。ギターを持って恍惚の表情を浮かべているグラント・グリーンは、実に渋い。ジャズのアルバムジャケットは、こうでないと、
「よっしゃ!聴いてみよう!」
 という気にはならない。
 そんなグラント・グリーンのギターは、テクニック云々よりも、アルバムの題名と同じく強烈なスピリットを感じてしまう。太い音で、無骨でドス黒いブルージーなフレーズを弾きまくるそのアドリブからは、魂の叫びを感じると言っても、オーバーじゃない気がする。湯船に浸かって、くつろいだ気持ちで彼の心の叫びを聴くのも悪くないと思うのだ。
 そんな訳で、僕は風呂には案外ジャズがよく合っていると感じている。それも、ワンホーンとか、リード楽器が1つだけのシンプルな編成のなるべくブルージーなものがいいと思う。
 あの頃から比べると、子供も随分大きくなったので、オヤジが風呂でラジカセを鳴らしていても、
「あ~、アホなオヤジが、また馬鹿な事をやっておる。」
 ぐらいで、騒ぎにならないだろうし、女房には最初っから呆れられているので、久しぶりにやってみようと密かに思っている。
「正月はジャズ風呂だな。ふふふっ。」

 
[Music Hank Mobley] [Music Grant Green]

スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ハンク・モブレー ソウル・ステーション グラント・グリーン フィーリン・ザ・スピリット |
Category: 自分勝手な話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

最近の睡眠用アルバムを3枚。

2008.03.31 Mon
 昨日、寝室の模様替えをした。近々購入予定のマッサージ・チェアを置くスペースを作るために、ベッドの位置を動かさなくてはならず、そうなると、テレビの位置も変える事となり、必然的に全体の家具の配置を入れ替えざるを得なくなり、女房と二人で1日がかりの大仕事になってしまい、夕方にはゲッソリと疲れ果ててしまった。
 で、昨夜は早々にベッドに入り、ぼんやりテレビを眺めていたのだが、体は疲れているが、神経の方は妙に高ぶっていて、すぐに寝付けそうになかった。
「こんな時は、音楽でも聴きながらゆっくり眠りたいものだ。」
 と思ったが、隣には女房が寝ているので、ラジカセをガンガン鳴らす訳にもいかず、そんな時に限っていつも使っているMDウォークマンは次男に貸し出し中で、しぶしぶテレビを消して眠りについた事だった。
 思い出してみるのに、僕は昔から眠る時に、よくヘッドフォンをしたまま音楽を流しっぱなしで眠っていた。中学の頃は、寝返りも打てないような大型のヘッドフォンをあてて、レッド・ツェッペリンディープ・パープルなんかのハード・ロックやイエスピンク・フロイドキング・クリムゾンなどのプログレッシブ・ロックを聴きながら平気で眠っていたし、高校の頃はリー・リトナースタッフクルセイダーズなどのフュージョン系の音楽を聴きながら眠ったものだ。
 さすがに最近はハード・ロックを聴きながら眠るような無謀な事はしないけれど、この歳になっても、寝る時に聴くお気に入りのアルバムが何枚かある。
 部屋の明かりを全て消して、ベッドに寝転んでヘッドフォンから流れる音楽を聴いていると、曲の世界へどっぷりと浸かりながらいつしか眠る事が出来て、とても気持ちが良いのだ。
 そんな訳で、今回は僕の睡眠用のアルバムを3枚ほど紹介したいと思う。

 
パット・メセニー・グループ「THE ROAD TO YOU」
The Road To You パット・メセニーというギタリストは、僕にとってはちょっと不思議な存在で、彼のアルバムはいつも、ギターを聴くと言うよりも、アルバム全体の雰囲気を味わう事の方が主力になってしまう。僕のようにすぐに、ギター・プレイに注目して聴きたくなる人間がそんな風に感じるのだから、それだけパット・メセニーのアルバムは個性的で、他のアーティストには無い独特の世界を持っていると思うのだ。
 中でもこの「THE ROAD TO YOU」というライブアルバムは、パット・メセニーの甘いギターの音と、高く乾いた音で鳴り続けるコンガのリズムに官能的なボーカルが絡み、不思議な音の世界がどんどんと広がってゆく。
 僕はいつも宇宙空間を静かに漂う宇宙船をイメージしてこのアルバムを聴いている。これから眠りに入って行こうという時に、果てしない宇宙空間に抱かれているような感覚になるのは、実に気持ちの良い事で、ゆったりとした気分で熟睡出来るのだ。今の所、寝る時に聴くのには1番気に入っているアルバムなのだ。

スティーブ・カーン「モダン・タイムズ」
モダン・タイムズ 僕が高校3年の時、深町純&ニューヨーク・オールスターズ「ライブ!」というアルバムを聴いた事を少し前の記事にしたが、(←記事はこちら)、このアルバムで面白いギターを聴かせているのがスティーブ・カーンだった。
 その後、僕が大学生の頃には自分のバンドを率いて来日し、六本木の「ピット・イン」で数日間ライブを行っている。偶然、僕もライブを見に行っていたのだが、この時の演奏が収録されたのが、アルバム「モダン・タイムズ」なのだ。まあ、ライブの細かい話は、改めて記事にしようと思っているのだが、そんな事もあり、個人的には非常に思い入れが深いアルバムで、寝る時以外でも、長い間折に触れて聴いてきた。
 このアルバムの最大の特徴は、スティーブ・カーンのギターとマノーロ・バドレーナのパーカッションの作り出す音が、自由な広がりと、不思議な世界を作り出している事だと思う。
 前出のパット・メセニーが宇宙的な広がりなら、こちらは「海」。何となく深海をゆっくり泳ぎ回る魚になったような感覚を持ってしまう。
 深い海の底で、誰にも邪魔されずに眠りにつける。いい夢が見られそうな予感がするアルバムなのだ。
 
ジョン・コルトレーン「マイ・フェイヴァリット・シングス」
マイ・フェイバリット・シングス 最後は、誰でも知ってる超有名なアルバム、ジョン・コルトレーン「マイ・フェイヴァリット・シングス」だ。
 コルトレーンの音楽を聴きながら眠るというのは、かなり異様に思うかも知れないが、あくまでも、このアルバムに限った事で、他のコルトレーンのアルバムを聴きながら眠るなんて事は出来ない。
 部屋を暗くして、「マイ・フェイヴァリット・シングス」を流し始めると、ソプラノ・サックスの音に乗って、
「俺は、このまま死んでしまうんじゃないか?」
 と思う事がある。
 非常に個人的な思い込みの話だが、僕は昔から、人間が死んで天国に行く時には、ソプラノ・サックスが三途の川のほとりで聴こえるような気がしてならない。それが、コルトレーンのようなアドリブなのかは定かではないけれど、ソプラノ・サックスの音に、宗教的な物を感じてしまうのだ。
 こんな僕でも、
「宗教的な雰囲気や精神世界を感じながら眠りにつきたいぞ~。」
 と思う事がたまにある訳で、そんな時にこのアルバムを聴くことにしている。




 さてさて、ふっと思い出しただけなので、今の所この3枚しか頭に浮かばないが、とりあえずは、これが僕の睡眠時によく聴くアルバムだ。
 考えてみるに、若い頃は、その時々で好きなアーティストのアルバムを聴きながら喜んで眠っていたのだが、この歳になると、逆に“気持ち良く眠る為のアルバム”を探すようになる。
「俺も、オヤジになったものだ・・。」
 などと感じてしまった。
 ま、いずれにしろ、一日の締めくくりに音楽を聴くのは良いもので、寝る時に聴くアルバムの選択肢が多いほど、その人の音楽人生は幸せな物だと思うのだ。

  
[Music Pat Metheny] [Music Steve Khan] [Music John Coltrane]


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : パット・メセニー THE・ROAD・TO・YOU スティーブ・カーン モダン・タイムズ ジョン・コルトレーン マイ・フェイヴァリット・シングス |
Category: 自分勝手な話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ベストアルバムのお話。

2008.04.26 Sat
 我が家にはCDラジカセが3台ある。1台は長男の部屋、もう1台は僕の机の上、最後の1台は女房用にリビングにと、3人が自分のエリアで、てんでに音楽を楽しんでいる。
 先日、女房のラジカセの横に積んであるCDやMDを眺めていて、面白い事に気が付いた。それは、
「彼女のCDとMDのコレクションは、半分以上がベストアルバムだ。」
 という事だ。今まで、女房のCDを拝借して聴く事は時々あったけれども、そんな事には全然気が付かなかった。
 僕は、ベストアルバムは、アーティストの代表曲ばかりを聴く事が出来て、とてもお得だとは思うのだが、逆に隠れた名曲を聞き逃してしまう不安から、なかなか手が伸びない感じがある。
 まあ、女房の場合、僕みたいにアルバムを聴いて、ああじゃない、こうじゃないと個人的なウンチクをたれたりする訳ではなく、単純に
「やっぱりユーミンっていいわよね~。懐かしい曲がいっぱいあるわ~!」
 とか、
「最近はポルノ・グラフィティだわ~。あれ~!?この曲CMで流れていたわよねぇ~。」
 なんて言いながらツマミ食い的に曲を楽しんでいるので、自然と手元にベストアルバムが増えていったのだろうと思う。
 で、話は自分の事になるのだが、女房の数々のベストアルバムを眺めて、
「俺もベストアルバムは何枚か持っているはずだが・・・・・。あんまり思い浮かばないぞ・・・。」
 そう思いながら、自分のCDの棚を探してみると・・・・・・結構あるのである。中でも今回はロック系のアルバムを色々引っぱり出してみたのだが・・・・。
Past To Present まず、目に止まったのが、TOTO「Past To Present」だ。
 TOTOというグループは僕が大学に入学した1980年代の初頭に一世を風靡していて、ロック系の音楽サークルの連中は、ほぼ皆が当時発売されたばかりのアルバム「聖なる剣」を聴いていたし、キャンパスで知り合うロック系のギターを弾いている奴等の中には、スティーブ・ルカサーの音を真似ていた奴が、何人かいたような気がする。
 僕もご多分に洩れず、TOTOのアルバムを聴き、当時大ヒットした「ロザーナ」「ラヴ・ハズ・ザ・パワー」「アフリカ」等々を知った。このベストアルバムには、そのあたりの曲が収録されていて、実に思い出深いのだ。
 当時の僕は、TOTOのメンバーが本来はスタジオ・ミュージシャンで、この頃から出てきた言葉で言うなら“産業ロック”の匂いがプンプンする所に、いい意味での新鮮さを感じていた。従来からのロック・スピリットを前面に押し出すバンドと比較して、TOTOからは何となく垢ぬけて、スマートな印象を受けたのだ。
 思えば、1980年代初頭は「産業ロック」と言われるバンドが次々と出てきた時代で、僕の大学生活のスタートとダブって実に懐かしい思いがする。
The Ballade 次に引っぱり出したのがこれ。サンタナ「The Ballade」サンタナのバラード曲を集めたベストアルバムだ。
 このアルバムは今から10年以上昔にCDショップで見かけて購入したのだが、高校を卒業して以来ほとんどサンタナを聴いていなかった僕は、アルバムジャケットのサンタナの風貌を眺めて、歳月の流れに愕然とした事を覚えている。
「げ~っ。サンタナもしばらく見ないうちに、歳とったな~。いやらしげなオヤジになっとる!」
 てなもんである。
 そうは言っても、収録曲はなかなか良い。バラード曲を集めるという所が洒落ていると思うのだ。当然、僕の大好きな「ムーン・フラワー」「哀愁のヨーロッパ」も聴く事が出来る。
 僕はこのベストアルバムを購入した頃から、再びサンタナに注目し始めて、新しいアルバムにも耳を傾けるようになっていった。そういう意味では、結構重要なアルバムで、ベストアルバムの中では、割と頻繁に聴く方だと思っている。
The Very Best Of Rainbow さて、今回ベストアルバムを探していて、
「へ~っ。こんなアルバムあったんや・・。」
 そんな事を呟きながら手にしたのがレインボー「The Very Best Of Rainbow」だ。今更ながら自分に、
「お前は、そんなに、リッチー・ブラックモアが好きか・・・・・・。アホじゃないのか?」
と問いかけたくなってしまった。
 音源がMDなので、ずっと昔にTUTAYAででもレンタルしてダビングしたものだろう。全然記憶に無いのだ。
 ちょっくら聴いてみると、なるほど、「キル・ザ・キング」「スター・ゲイザー」「オール・ナイト・ロング」等の代表曲のオン・パレードで、
レインボーか・・・。大好きだけど今更なぁ~。別に発見もないし・・・。」
 なんて感じてしまう。
 ただ、面白いのは、レインボーというグループはギターのリッチー・ブラックモア以外は、激しくメンバーチェンジが繰り返されたグループで、その辺の変遷をちょっと知っている人間にとっては、ギター以外のパートの個性を意識して聴いてゆくと、バンドの歴史の要約集を見ているような気がしてくる。
「こういうひねった楽しみ方もあった訳だ・・・。」
 今回そんな風に思った事だ。
The Very Best Of Deep Purple 次のアルバムは、ちょっと恥ずかしいのだが、これ。ディープ・パープル「The Very Best Of Deep Purple」だ。
「レインボーの次はディープ・パープルかい・・・。また、リッチー・ブラックモアかい・・・。アホ!ええかげんにせい!」
 とお怒りの声が聞こえてきそうなのだが、このアルバムの購入に関しては、確信犯だ。
「ディープ・パープルの美味しい所だけをツマミ食いしちゃろ!」
 という気持ちで購入したのだ。
 とにかく、曲の布陣が良いではないか。これ1枚で「ハッシュ」「スピード・キング」「ファイアー・ボール」「ハイウェイ・スター」「ウーマン・フロム・トーキョー」「ブラック・ナイト」「バーン」も聴ける。怒涛の15曲。
「どうだ!参ったか~。」
 と言いたくなるアルバムなのだ。
 そんな訳で、しょっちゅうツマミ食いがしたくなって聴く。ディープ・パープルのアルバムの中では、ここ2~3年の間で1番聴いている。とにかく、曲の布陣とお手軽な所が実に気に入っている訳だ。
Time Pieces The Best Of Eric Clapton 最後は、ジャケットを見ただけで購入したアルバム、エリック・クラプトン「Time Pieces The Best Of Eric Clapton」だ。
 随分昔に、このCDを店で見かけた時、中身の曲をロクにチェックしないで、すぐに購入した記憶がある。中身の曲云々よりも、ジャケットが猛烈に気に入ったからだ。
 僕はエリック・クラプトンのアルバムジャケットの中ではこのアルバムと「スロー・ハンド」が1、2を争うと勝手に決めているのだが、どちらもポイントはブラッキーと呼ばれるギターである。正確に言うと、フェンダーというメーカーのストラトキャスターというギターなのだが、とにかく、このブラックのギターが僕の憧れの的で、部屋の何処かにCDを飾って鑑賞用にしたいと思うくらいなのだ。そんな訳で、いつもジャケットをじっくり眺めては、
「う~む・・・。一度でいいからこのギターを弾いてみたいもんじゃ~。カッコエエのぅ~。」
 と呟く事になるのだ。
 そんな調子だから、中身はほとんど聴いた事がない。でも、曲の布陣は名曲が並んでいて十分楽しめると思うのだけれど・・・・。
 

 まだ他にも何枚かあるが、こうやって、ロック系のベストアルバムを引っぱり出してみると、僕の昔からのロックの好みを改めて認識させられているようで、少しこそばゆいような気がしてきた。
 人間正直で、
“聴く聴かないは別にしても、ベストアルバムまで持っているアーティストには特別な思い入れがある。”

 と言う事が良く分かる。
 こんな事を改めて認識するには、ベストアルバムというのは良い切り口だったと思うのだ。

    
[Music TOTO] [Music Santana] [Music Rainbow] [Music Deep Purple] [Music Eric Clapton]


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : TOTO サンタナ リッチー・ブラックモア レインボー ディープ・パープル エリック・クラプトン |
Category: 自分勝手な話 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。