無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 中学2年の頃
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

タルレガの「ラグリマ」(涙)で奇麗な音を練習した話

2007.05.20 Sun
 僕は、中2になる頃には、すっかりクラシックギターに、のめり込んでいて、クラブの顧問の先生や先輩達から、そろそろギターを購入するように言われていた。自分でも、部室のボロボロのギターより、自分専用のピカピカのギターが欲しかったので、同級生数人と、早速、顧問の先生に注文した記憶がある。
 1ヶ月ほどして、注文のギターが届き、初めて音を出した時、かなり戸惑った記憶がある。大きい、抜けるような音が出ないのだ。それまで使っていた部室のボロボロのギターの方が、何倍も抜けるようないい音が出るのだ。顧問の先生は、
「どんどん弾き込んだら、鳴るようになってくるわ。そうやって、だんだん自分の楽器にしていったらえいわえ~。」
とアドバイスをしてくれた。
 それから暫くの間、この楽器と格闘した結果、少しずつクリアで大きな音が、前に出せるようになっていった事を覚えている。
 もう一つ、新しいギターで僕が意識したのは、甘く、美しい音を出す事であった。右手の指と弦の当たる角度、右手の爪の長さ、爪を削る角度、弦を弾くタイミングを微妙に変えて、1番綺麗な音の出る方法を必死で探して、練習した記憶がある。
 どうしてこの時期、僕がクラシックギターの練習で、大きな音と甘く綺麗な音質にこだわったのかというと、当然、初めて手にした自分のギターを弾く喜びに浮かれすぎて、頭の中が9割以上ギターの事になっていたせいもあるが、他に、どうしても弾きたい曲があったのだ。タルレガの「ラグリマ」(涙)という曲である。
 「ラグリマ」という曲は、スペイン語で涙という名前の通り、非常に美しい曲で、ギターのテクニック的には初心者でも十分弾く事が出来る曲であると思う。僕はこの曲の美しさに感動した事もあるが、もう一つ、この曲を演奏したいと思った大きな理由があった。それは">、“「ラグリマ」は、奏者によって、全然違う世界を醸し出す曲だ”と感じたからだ。実際、クラブの先輩達が、この曲を演奏するのだが、同じ曲でも、全員が全員それぞれ微妙に異なる雰囲気があった。
当時、ギター部の顧問のI先生は、
「曲の練習は、歌う事が大事でぇ。よう歌いよ~。」
と、しょっちゅう言っていた。この“歌う”の意味は、声を出して歌うのではなく、“演奏しながら頭の中で何度も歌え”という意味で、この事はクラシックギターのみならず、何の楽器を演奏するにも、非常に重要な事だと思う。
「ラグリマ」はその美しく分かり易いメロディーから、実に歌いやすく、技術的にもそれほど難しくないので、思い入れたっぷりに演奏出来る曲だ。僕が感じた先輩達の演奏の微妙に異なる雰囲気とは、一人一人が、頭の中で歌った「ラグリマ」がそれぞれ個性をもって、ギターで演奏された結果だった。
そんな訳で、僕も自分の「ラグリマ」を完成させるためには、どうしても新品のギターでクリアな甘く美しい音を出す必要があったのだ。
 さて、改めて聞いてみると・・・。いや~懐かしい。クラシックギターの真髄ここにあり!てな感じがした。今思うと、この曲は、あんまり感情を込めすぎないで、サラッと演奏した方が、ワシら中年のおじさんの胸には響いて来る気がする。
調子に乗って、久しぶりにクラシックギターを引っ張り出して、「ラグリマ」を弾いてみた。(←引っ張り出したギターは、この時、中2の時に購入したギターです。)前半部分ぐらいなら、なんとなく覚えていて結構弾けるもので、3~4年前に弾いたきりなので、弦が錆びているけれども、なかなかいい音が出せた。
 僕はこの曲の練習で、頭の中で歌う事の大切さを知った。これは、その後、フォークギターを弾く時も、エレキギター、エレキベースを弾く時も全て言える事だった。この曲は、僕に楽器を演奏する時の基本となる最も大切な事を学ばせてくれたと思うのだ。

Lagrima : Tárrega



[Music Francisco Tarrega]

スポンサーサイト


Theme:楽器 | Genre:音楽 |
FC2タグ : タルレガ ラグリマ |
Category: 中学2年の頃 | Comment(0) | Trackback(3) | top↑ |

ディープ・パープルの「ハイウェイスター」でバンドに突っ走り始めた話

2007.05.23 Wed
ライブインジャパン

 僕らが生意気にも、
「ロックバンドを組もうぜや!」
 などと言い始めたのは、中ニの3学期、学年末試験が始まる前ぐらいの頃だったと思う。そんな事を言い始めたきっかけは、2年に一度の文化祭(うちの学校はなぜか2年に一回しか文化祭がなかった)で、高校生の先輩たちのバンドが、色々な演奏をするのを見て、
「おお~かっこえいにやぁ~」
 と思ったからだった。
 当時の僕は、高知市内の中高一環教育の中学校に通い、所属クラブは、“クラシックギター部”、という自分ではイケてるつもりでも、周りから見るとかなりオタクっぽい中学生だった。
 中学に入学してからのニ年近く、ずっとクラブでクラシックギターを練習してきたので、ある程度は弾けるようになっていたし、その頃は四畳半フォークにものめり込んで、恥ずかしげも無く、弾き語りなんかもしていた。
「クラシックやフォークばっかりやのうてエレキも弾きたいわにやぁ!」
 という事で、友達どうしでバンドを結成し、ろくに楽器も無いくせに、気分だけは異様に盛り上がっていた。
ディープパープルがえいぞ!」
 という話は、ロック好きの高校の先輩なんかから聞いていたし、たまたま春休みに帰省していた実家(←僕の実家は、高知市内から車で一時間ほど走った山間部の町で、中学に通う為におばさんの家に下宿していた。)の二軒隣が、薬屋と時計屋とレコード店を兼業した、田舎町にはありがちな店で、そこの白衣を着た薬剤師のおじさんの
「これはだいぶハードぜよ~」
 という訳のわからん薦めもあって、購入したのが、二枚組みの「ライブインジャパン」だった。
 家に帰って、応接間に鎮座する犬のマークでお馴染みのビクターの木製四本足ステレオでA面の一曲目、「ハイウエイスター」を聞いた時の衝撃は忘れられない。
 ものすごいドライブ感に興奮した僕は、椅子から意味も無く立上り、部屋の中をぐるぐる歩き回った記憶がある。
 その後この曲をカセットテープへとダビングして、当時須崎市(高知市から西に40キロほど行った、鍋焼きラーメンの有名な町)に住んでいた同級生のドラマーのN田君にいきなり電話して
「おんしゃあ、これ聞いてみいやぁ~。めちゃくちゃえいぞ~。こんな曲をやろうぜや」
 と受話器をカセットレコーダーにくっつけて、大音響で聞かした記憶がある。
 そんなこんなで、中3へ進級する春休みのあいだ中、毎日10回以上はこの曲を聞き続けた事を思い出す。    
 土佐の春は桜が咲いてノホホ~ンとしていたが、この曲で音楽、バンド、ギターに賭ける意気込みが夏のように熱く燃え上がってしまったように思う。ああ・・・若かったなぁ~。
 ま、とにかくこの曲は僕のロックへの関心のスタート地点みたいな物で、それまで聴いていた音楽とは全く違う領域への扉をおもいっきり開いた曲だった。
 さて、今回改めて聞き直してみると・・・
 やっぱりドライブ感がすごいのと、各楽器の音がシンプルでクリア、なおかつ太い。最近のエフェクターをぐじゃぐじゃに効かせた音に慣れているせいか、
フェンダーストラトキャスターマーシャルにそのままつっこんだけんど~どうぜよ?え?」
 みたいな音(←あくまでも例えです。本当の事は知りません)は新鮮でとても気持ちが良く聞こえる。ギターのリッチーブラックモアのアドリブは当然だけど、ドラムのイアンペイススネアが音のツブが揃ってめちゃくちゃ上手い。当時はよく聞き取れなかったロジャーグローバーのベースもいいぞ。
 僕は、若くて突っ走る黄金時代のディープパープルのこの曲に、自分がロックと一緒に、青春を突っ走り始めた頃の、”土佐の桜咲く春休み”を思い出すのでした。

Deep Purple : Highway Star





[Music Deep Purple]


Theme:ハードロック | Genre:音楽 |
FC2タグ : ディープ・パープル ハイウェイスター ライブ・イン・ジャパン |
Category: 中学2年の頃 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

クリームの「クロスロード」の良さが、わからなかった話

2007.05.27 Sun
クリームの素晴らしき世界

 僕は中2の終りか、中3になったばかりの頃に、クリームを初めて聴いた。当時はディープパープルレッドツェッペリンを聴いていくと、どうしてもクリームへ行ってしまう所があった。
 まあ、
“3大バンド(←我々の中ではそう思っていた)を全て聴いて、一人前(←何が?)“
 みたいな感じがあったのだと思う。
 こういう手順を、妙に大事にするところのある僕は、早速クリームのLPを持っている友達を探して貸してもらう事にした。
エリック・クラプトンのギターが凄いのは当然やけど、ジンジャー・ベイカーのドラムもものすごいちや。たまげるで~中でも、クロスロードやにゃ~、自然に体がのってくるで~。」
 なんて言いながら、野球部のO崎君が貸してくれたのは、「クリームの素晴らしき世界」で、2枚組みのアルバムだった。
「そ~か、そ~か。そんなにすごいがか~。そりゃ~楽しみやにゃ~」 
 と下宿に帰って早速聴いてみたのだが、どうもピンと来ない。白熱した演奏である事は分かるのだが、なんとなくつまらない気がしたのだ。
 クリームはエリック・クラプトンのギター、ジャック・ブルースのベース、ジンジャー・ベイカーのドラムの3人で構成されたバンドだ。この3人の音が複雑に絡み合い、お互いが刺激し合いながら、長いアドリブ演奏をするのが、このバンドの真骨頂なのだが、型にはまったアドリブしか聴いた事ない当時の僕はそんな演奏に拒絶反応を示したのではないかと思う。
また、その頃の僕は
早弾きこそが上手いギターだ”
と思っていたので、チョーキングを多用するクラプトンのアドリブスタイルには、不満があったように思うのだ。
 事実、学校で話題となる3大バンドの中で、クリームは地味な存在で、コピーをしている先輩のバンドを見たことが無かったと思う。逆に言うと、それだけコピーするには難しい、個人の力量が問われるバンドだったと思う。
 まあ、とにかく“中3になるかならないか”の自分にはこのバンドを受け入れる土壌が、まったく無かったという事なのだ。
 翌日、
「かっこよかったろーが?」
 と言う0崎君に
「う~ん、イマイチやにゃ~。すごいがは分かるけんど、なんかこう、分からんと言うか・・・・」
 とあいまいな受け答えをした記憶がある。
 その後の僕は、たまにクリームの話が出ると、
「エリック・クラプトンもたいした事ないにゃ~、おんなじフレーズばっかりで面白うないわや。クリームもキーボードを入れたら音の厚みが出てましになるのににゃ~」
 などと、今では恐ろしくて口が裂けても言えないような事を、平気で言っていたのだ。いやはや、若いというのはすごい事だと思う。
 最初にエリック・クラプトンにこのような印象を受けた僕は、その後しばらくクラプトンの曲を聞かなくなった。次にクラプトンに再会するのは1年ほど経って、友人から
「クリームの後のクラプトンはこんなんぞ~。」
 と言われて借りたデレク&ドミノス「レイラ」だった。
 さて、そんな事を思い出しながら改めて「クリームの素晴らしき世界」を聴いてみました。
 最近、僕が主に聴いているジャンルがジャズという事もあって、ジャズのような空気の流れる中での、ブルースロックを非常に楽しく聴きました。クラプトンのアドリブもかっこいいけど、特に今回注目したのは、ジャック・ブルースのベースで、なかなかのテクニシャンだと思いました。大学時代の4年間、ずっとベースを弾いてきた僕にとっては、久しぶりに面白いベースを聴かせてもらって、満足しました。勝手な意見ですが、このアルバムは中学生には難しいと思いました。

Cream : Crossroads





[M;Cream]



FC2タグ : クリーム クロスロード |
Category: 中学2年の頃 | Comment(2) | Trackback(1) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。