無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 2008年08月
RSS|archives|admin

ユーミンの「卒業写真」で始まった浪人生活の話。

2008.08.04 Mon
コバルト・アワー


 中学、高校の6年間を音楽とバンド三昧で暮らしてしまった僕は、大学受験に失敗し、1981年の春、とうとう浪人生活を送る事になった。自分の学力も省みず、偏差値の高い大学ばかりを受験したのでこの結果は当たり前なのだが、そうは言っても、大学生と浪人生では雲泥の差がある。片や遊びまくっているのに、こっちは朝から晩まで予備校で勉強である。じつに暗い1年間だった。
 そんな訳で、これから暫くは、浪人時代に聴いた音楽の話を書いてみたいと思う。浪人時代の1年間に聴いた音楽は、今思い出してみると、僕の音楽の好みに微妙な影響と幅を与えた曲が多い。
 今回のお話も、自分から聴こうと思ったジャンルの音楽では無いのだが、一発で大好きなアーティストになり、その後も決してメインとして聴いている訳ではないが、第2、第3の好みのジャンルとして僕の中に定着してしまったアーティストの事だ。まずはその辺の話から始めてみたいと思う。
 僕は、この年の春から、東京の西武新宿線武蔵関という駅にあった予備校の寮へ入り、高田馬場にある予備校に通い始めた。予備校の寮に入る時の荷物は、着替えと布団、勉強道具とラジカセが1台だった。この時は自分なりにも、
「この1年は少し音楽から距離を置いて、真面目に勉強しないとホントにマズイぞ。今度失敗するような事があれば、大学でバンドどころじゃなくなるぞ・・・。」
 と考え、持ってきたラジカセはあくまでラジオを聴く為で、高校時代に聴いてきたカセットテープは全て実家に置いたままであった。
 さて、僕の予備校通いも、一カ月近くが過ぎて寮の中でも何人かの友人が出来、生活のペースが出来始めた頃に、僕の隣の部屋の水戸出身のM本君が、部屋にやって来て、茨城弁丸出しで、
「おめ~、カセットレコーダー持ってるのに、何で聴くテープが無いんだっぺ?」
 と聞く。
 僕は彼に高校時代バンドをやっていた事も、音楽が大好きで、色々と聴き始めると止まらなくなるので自粛している事も全然話していなかったので、こういう質問をされたのだが、僕が事情を説明する間もなく、
「俺が貸してやるっぺよ~。」
 そう言って自室に戻り、2本のカセットテープを持ってきてくれた。その中の1本がユーミン「コバルト・アワー」だった。
「おめ~、ユーミンぐらい知ってるっぺよ~。俺なんか大好きだぞ~、いいぞ~。」
 そういうM本君に、
「知っちゅうけど、ほとんど聴いた事がないぜよ。」
 と土佐弁で言うと、自分の方言は棚に上げて、
「お前と、しゃべると坂本龍馬みたいだっぺ。」
 と笑われた事を覚えている。
 さて、その晩、布団に横になり、部屋を暗くして、ヘッドフォンで「コバルト・アワー」を聴き始めた。そして、曲が「卒業写真」になった時、ものすごい感動と共に、一気に涙が流れそうになったのだ。
 この「卒業写真」という1曲は、僕の頭の中に高校時代の思い出を次々に蘇らせ、一方で浪人生活への不安を一気に膨らませた。
「高校生活は面白かった・・・・。もう卒業して3ヶ月になるのか・・・・。全部が、ものすごく遠い所へ行ってしまった気がする。俺はこれからの1年間どうなってゆくのだろうか・・・・?」
 この時の僕はそんな事を考えながら静かに目を閉じていたのだった。
 こんな事は初めてだった。1人の女性シンガーの歌う曲でこんなに感動して、様々な事が思い浮かぶなんて、夢にも思わなかったのだ。その後の僕は、このアルバムを寝る前に聴く事を止めた。思い出が蘇り過ぎて、眠れなくなるからだ。それでも「コバルト・アワー」は勉強の片手間に聴くアルバムになり、M本君にテープを返したのは、2~3ヶ月後の事だった。
 さて、今回問題の「コバルト・アワー」を久しぶりに聴いてみたかったのだが、音源が無い。しょうがないので、ベスト・アルバムから「卒業写真」を聴いてみた。
 で、ゲッと思ったのだが、45歳の今になっても、感動するのである。ここで歌われた卒業後の内容に今でも思いを馳せる事が出来て、こみ上げてくる何かがあるのだ。
「これは、ヤバイ!恥ずかしい!」
 そう思いながらも、ヒシヒシと感動してしまった。
「いや~~~、参ったなぁ・・・・・。」

卒業写真 ユーミン


 


[Music 松任谷由実]


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ユーミン 卒業写真 |
Category: 浪人生活の頃 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

ラヴィ・シャンカールの「ザ・サウンズ・オブ・インディア」を聴いてみた。

2008.08.06 Wed
The Sounds Of India 数カ月前に、近所の駐車場で屋台が営業を始めた。韓国風屋台との事で、毎晩たくさんのお客を集めている。僕はその前を通るたびに気になってしょうがなかったのだが、先日とうとう女房と行ってみた。メニューはチゲやチジミ、ビビンバ等の韓国料理が中心で、韓国焼酎や生ビールを飲みながらそれらのツマミを堪能した。
 我が家の周辺は住宅街なので、夜になると街灯だけの明かりしかなく、暗く静かになるのだが、屋台の一角は、さながら不夜城で、客ばかりか、何故か子供や犬までウロイロしていて、一瞬東南アジアの街角にいるような錯覚を覚えるほどだった。その上、この日も熱帯夜で体に絡み付くような熱気が屋台全体を包んでいて、
「これで、音の悪いスピーカーから、訳の分からない音楽が延々と流れていると、まるでインドかタイみたいだ・・・。」
 そんな事を考えてしまった。
 インドの音楽というと、ラヴィ・シャンカールシタールが好きで、何枚か彼のアルバムを聴いた事がある。実際どのアルバムがいいのかあまり聴き比べてみた事がないので、よく分からないのだが、1番最近聴いたのは「THE SOUNDS OF INDIA」だ。
 独特の密度の濃い湿気を含んだ空気や、街角の暗闇に光る人々の目、強烈なエネルギーと喧噪等の、非常に疲れるインドを感じる事が出来る。一方では、象に揺られて旅する大自然の風景や、エキゾティックなヒンズーの寺院、ヤシが茂る静かなビーチ等、美しいインドも感じる事が出来る。
 近いうちにまた聴いてみよう思っている。




[Music Ravi Shankar]




Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ラヴィ・シャンカール ザ・サウンズ・オブ・インディア シタール |
Category: Other | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

マイルス・デイビスの「クッキン」を聴いてみた。

2008.08.08 Fri
クッキン 家の者がすっかり寝静まった夜中に一人静かに音楽を聴く事がある。大体が水割り片手に静かなピアノかボーカルを聴いて、いい気になって酔っ払うのだが、昨夜はマイルス・デイビス「クッキン」を聴いた。
「このクソ暑い時に、そんな緊張するアルバムを聴く事もなかろうに・・・・。」
 なんて言われそうだが、何週間か前にSOU-UNさんのジャズブログを拝見していて、「クッキン」の記事(←こちらです。)を読んで以来どうも気になっていたのだ。
 で、やっと聴く事にしたのだが、今回は、ちょっと真面目に聴いてみる事にした。まず部屋のクーラーは止めて、窓を開け扇風機を回す。ボリュームを下げて、CDを流し始めるとマイルスのミュート音が暑さと共にじわじわと迫ってきた。
「それにしても、このMy Funny Valentineの演奏はすごい。凄過ぎる。何でこんな凄い演奏が出来るのだろう?」
 僕はいつもそう感じてしまう。
 恐ろしく緊張感のあるミュートソロが続き、リリシズムにあふれたマイルスの表現力に驚嘆させられる。首筋からは汗がダラダラと流れ出て、曲が進むにつれて苦しくて、切ない気持になってくる。そして、不思議な事に最後には涙が出そうになった。
 とにかくこの1曲で、メロメロ。汗を流しながらゾクゾク鳥肌が立つような経験なんて初めてだ。

 


[Music Miles Davis]





Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : マイルス・デイビス クッキン トランペット |
Category: Jazz/Fusion | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |