無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 2008年09月
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

フルアコの音色で眠るのだ。

2008.09.01 Mon
 一週間ほど前まで、高知市は毎日クソ暑かったので、じっと音楽なんぞ聴く気にもならず、記事にしてきたアルバムを聴くのが精いっぱいだった。でもここ数日間は朝晩がずいぶんと涼しくなり、呑気なオヤジも、
「さ~て、何か面白いアルバムは無いもんかな?」
 なんて事を再び考え始め、CDの棚をゴソゴソと引っ掻き回す事が多かった。しかし、どうも真面目に聴いたアルバムが無い。逆に言うと、真面目に聴かなかったアルバムは結構あるのだ。
 『真面目に聴かなかった』というのは、夜ベッドに寝転がってヘッドホンをつけて半分眠りながら聴いたアルバムの事で、クーラーを効かせた真っ暗な部屋で聴いていると、すぐに眠くなって爆睡してしまい、どれも最初の2~3曲しか記憶にないのだ。それにも関わらず、
「今回はサワリだけしか頭に残っていないアルバムの事を書いてみよう!」
 などと、勝手な事を考えてしまい、ここ数日ベッドで半分眠りながら聴いたアルバムを机の上に並べてみると、面白い共通点に気が付いた。それは、全部ジャズ系のギタリストのアルバムで、フルアコと呼ばれるジャズでは一般的なスタイルのギターで演奏されたアルバムばかりだったのだ。
ベター・デイス・アヘッド まずは、ノーマン・ブラウン「ベター・デイス・アヘッド」というアルバム。僕とノーマン・ブラウンとの出会いは、「アフター・ザ・ストーム」というアルバムで、幼稚園に上がる前の長男の手を引いて新宿のCDショップへ行き、そこの試聴コーナーで聴いて気に入り購入した。
 僕はその後しばらくの間このノーマン・ブラウンというギタリストが非常に気に入ってしまい、通勤電車の中で「アフター・ザ・ストーム」を毎日毎日聴いていたのだ。そして、このノーマン・ブラウンの3枚目のアルバムが今回聴いた「ベター・デイス・アヘッド」なのだが、こちらはCDショップで見かけた瞬間にすぐ購入した事を覚えている。最初に聴いた印象は前作の「アフター・ザ・ストーム」の衝撃が強すぎてか、
「何となく前と同じようなアルバムだな・・・。」
 と思った記憶があるが、久しぶりに聴いてみると、ジョージ・ベンソンを骨太にしたような独特のギタープレイが冴えわたっていて、なかなか面白い。ただ、今回はギタープレイよりも歌入りの3曲目「私の気持ち」が気持ち良かった。女性シンガーをフューチャーしたしっとりとしたこのナンバーで、僕は十分に癒されて、曲の途中で深い眠りに入ってしまった。そんな訳で、その後の曲は記憶にない。
ザ・スウィンギング・ギター 次はタル・ファーロウ「ザ・スウィンギング・ギター」
 僕は昔からタル・ファーロウというギタリストの音があまり好きではない。何となく硬質で、ギスギスした印象を受けてしまうのだ。それでもこのアルバム、ジャケットは古臭くてイマイチだが内容はすごい。とにかくタルが弾いて、弾いて、弾きまくるのだ。特に2曲目の「ヤードバード組曲」が頭に残っている。ベッドに寝転がって静かに聴きながら、
「これほどスラスラと流れるようにアドリブが弾けたら気持がいいだろうな~。」
 なんて、音の好き嫌い云々よりも、溢れ出るアドリブの多彩さに素直に憧れてしまった。そして、多分5曲目の「恋の気持で」で眠ってしまった。初めのフリーテンポで流れるギターを
「上手いな~」
 なんて思いながら聴いていたのは記憶にあるのだが、そこから先が思い出せない。それでも名盤という事は十分に分かるアルバムだと思った。ところが残念な事に、このアルバムを購入した時の記憶が全然ない。何処で購入したかも覚えていないのだ。そしてここ10年以上も聴いた記憶もない。どうも不思議なアルバムでもあった。
ア・デイ・イン・ザ・ライフ 最後はウェス・モンゴメリー「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」の話。このアルバムは7~8年前に購入したのだが、妙な思い出があって、当時息子達の通っていた小学校の校門の目の前が中古CDショップで、参観日の帰りに寄り道して購入し、その夜気持ち良く聴いた思い出があるのだ。
 そもそも、このアルバム、ジャズと呼べる物ではなく、かといってフュージョンでもないと僕個人の中では理解している。でもそこには歴然とウェスの素晴らしいギタープレイが刻まれていて、聴いていてジャンルには全然関係なく、正直に良いアルバムだと思わせる物があるのだ。
 とにかく、これだけ聴き易く仕上がっていると、今回聴いてみてもすぐに眠ってしまい、ほとんど曲の記憶がない。それでも、
「素晴らしかったなぁ~」
 という思いだけはしっかりと残っているから不思議なのだ。
 さて、今回この3枚のアルバムは半分寝ながら聴いたので、ここに書いた感想はどうも正確な物ではない気がしてならない。
「日を改めてキチンと聴いて、もう少し真面目なコメントを記事にしなければ・・・。」
 と思っている。
 そして、これらのアルバムは最初にお話した通り、非常にジャンル的には近い物で、ギターの甘いトーンで演奏されたものばかりだ。少し前の記事で、
『ギターを弾く楽しみは、ディストーション・サウンドにある。(←記事はこちらです。)
 なんて事をぶち上げた癖に、一方で聴く事に関しては、
「結局今のところの僕は、こういうフルアコで演奏された音が好みなのかもしれない。」
 なんて事も思ってしまったのだ。
 いずれにせよ、実に勝手な話である。ちょっと反省しなければ・・・・。

   
[Music Norman Brown] [Music Wes Montgomery] [Music Tal Farlow]


スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ギター ノーマン・ブラウン ベター・デイス・アヘッド タル・ファーロウ ザ・スウィンギング・ギター ウェス・モンゴメリー ア・デイ・イン・ザ・ライフ |
Category: 自分勝手な話 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

ロリー・ギャラガーの「ライブ・イン・アイルランド」を聴いてみた。

2008.09.03 Wed
ライブ・イン・アイルランド 最近、ギターの音の話ばかり書いているような気がするが、この話題は今日でおしまいにする。話し始めるとキリがないのだ。
 で、こんな決意を勝手に固めて、最後に記事にしようと思ったのは、ロリー・ギャラガーだ。ロリー・ギャラガーのライブ・アルバム「ライブ・イン・アイルランド」を聴いていると、あの塗装が剥げたフェンダーストラトキャスターが作り出す由緒正しい音になんとも身が引き締まる思いがするのだ。別にギブソンレスポールの音が由緒正しくないという訳ではない。このアルバムからは、
「ハード・ロックと呼ばれる音楽の初期のギターの音は、こういう素晴らしい物なんだ。居住まいを正して、キチンと聴かなければいけないよ。」
 と言われている気がしてならないのだ。
 シンプルで上品。一つ一つの音が鳴っている事がよく分かり、改めて、
「ギターは弦楽器なんだ・・・・。」
 と思わせてくれる。
 僕はロリー・ギャラガーというと、昔からそのギターを抱えたスタイルに憧れがあり、単純に写真を見て、
「かっこエエなぁ~」
 なんて思っていた時期がずいぶん長かったのだが、久しぶりにギターの音の話で、この大御所の存在を思い出してしまった。
 今時こんな音で演奏するギタリストはいないだろうけど、「ライブ・イン・アイルランド」ストラトキャスターの本当の音が聴ける名盤だと思っている。

 


[Music Rory Gallagher]







Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ロリー・ギャラガー ライブ・イン・アイルランド |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

スタッフの「イン・ニューヨーク」を聴いてみた。

2008.09.05 Fri
イン・ニューヨーク 朝晩が涼しくなり、ウィスキーが美味い季節になってきた。(なんて言いながら、年中飲んでるけど・・・。)夏の間は何と言ってもビールや酎ハイだけど、虫の声が聞こえる季節ともなると、オヤジはまずウィスキーなのだ。
 で、このウィスキーをより一層美味しくしてくれるアルバムを思い出した。スタッフのライブアルバム「イン・ニューヨーク」だ。
 このアルバム、彼らのホームグランドであるニューヨークのクラブでの録音で、リラックスした演奏が聴けるばかりでなく、観客のざわめきやグラスの当たる音などが一緒に収録されており、水割り片手に聴いていると、あたかもその場にいるような気持になり、実にお手軽にライブ気分が楽しめるのだ。
 昨夜も、ウィスキーの酔いが回って、
「お~っ、気持ちエエのぅ~。うへへへへ~。」
 なんてイイ気になって、あっという間に全部聴いてしまった。
 さて今日になって、ちょっと冷静に感想を述べると、このアルバムの一番の聴き所は、スティーブ・ガッドクリス・パーカーのツイン・ドラムが叩き出す、重くて粘っこいビートとそこに乗っかるリチャード・ティーのリズミカルなピアノにあると思う。まあ、そこがスタッフというバンドの最大の特徴かもしれないが、何度聞いても絡みつくようなドラムのハイハット・ワークが耳に残り、それが一番の快感であると思うのだ。
 現実は知らないけれど、僕の頭の中にある当時のニューヨークのイメージが、このライブアルバムを聴く事でより鮮明に浮かび上がってきた事は間違いない。
「う~む。懐かしいアルバムだ・・・・。」


[Music Stuff]




Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : スタッフ イン・ニューヨーク |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。