無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 2009年01月
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ディープ・パープルの「イン・ロック」を聴いてみた。

2009.01.03 Sat
 「皆様、新年明けましておめでとうございます。」
 な~んて呑気な事を言っているが、すでに本日は3日。年末にコメントを頂いた皆様へのリコメもせずに申し訳ありませんでした。
 オヤジは元日、2日と酒を飲んで炬燵でうたた寝ばかりしていて、今日も朝から箱根駅伝を眺めながら、ウダウダと昼までを過ごしていたのですが、
「そろそろ正月気分から脱出しないと普通の生活に戻れないぞ。まずは書斎に行って、音楽でも聴くかな。んで、ブログでも書くかな・・・。」
 なんて事を先ほどからやっと考え始め、1枚のCDを聴きながらコーヒー片手にパソコンに向かっております。




イン・ロック んで、今オヤジのバックで流れているのはディープ・パープル「イン・ロック」なのだ。
「正月早々こんな喧しいアルバムを聴く必要もあるまいに・・・。」
 そう思われるかも知れないが、昨年の正月もオヤジはディープ・パープルを聴いた事を思い出したのだ。(←記事はこちらです。)
 その時の記事にも書いている通り、僕がロックを聴き始めたスタートは幸か不幸かディープ・パープルで、昨年の正月と同じように、
「一応年の初めだし、自分の音楽の原点に帰ろう!」
 なんて事を恥ずかしげもなく考えてしまった訳だ。
 二日酔い気味の頭にイアン・ギランのシャウトは少々きついが、荒削りな若いパワーを爆発させるこの時期のディープ・パープルには中学生の頃からぐいぐいと引き込まれる。この力溢れるアルバムはオヤジの酒で濁った頭にカツを入れ、今年1年を戦う力を与えてくれる気がするのだ。
「俺も、まだまだディープ・パープルで興奮できる歳なんだ。四捨五入したら50だが、まだまだ。そう!このディープ・パープルだって現役じゃないか!」
 そう考えて、新年の闘志が湧いてきた気がしている。相変わらず単純極まりないが、正直、新年早々、懐かしい思いと新しい感動が「イン・ロック」からもらえた。こういうのが音楽の良い所だとオヤジは勝手に思っている。



 さ~て、今年も仕事にプライベートにブログにと頑張りたいと思います。
 気合い入れて行きますので、皆様よろしくお願いします。
 まだまだディープ・パープルなんぞに負けてはおれんのだ。
 わはははは~!


Deep purple - Child in time


 


[Music Deep Purple]
スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ディープ・パープル イン・ロック |
Category: Rock/Pops | Comment(10) | Trackback(0) | top↑ |

エリック・クラプトンの「オーガスト」を聴いてみた。

2009.01.05 Mon
オーガスト さて、本日から仕事始め。気合いを入れて頑張りたいのだが、その前に話がある。聞いてほしい。昨日の正月休み最後の一日は、なかなか充実していた。
 まず、早朝から1時間ほどの散歩に出かけて久しぶりに思いっきり体を動かした。帰宅後シャワーを浴びて、軽い朝食を食べ、新聞を読みながらコーヒーを飲んだ。
 その後、高知市内で開催されている浮世絵の展覧会に出かけて行き、本物の歌麿北斎の作品を眺めてえらく感動してしまった。帰宅後は夕方まで部屋で音楽三昧と、言う事無い一日だった。
 さて、そんな楽しい休日の締めくくりに聴いたのがエリック・クラプトン「オーガスト」なのだ。
「どうです?大人の休日でしょ?へへへっ!」
 いかん、一人イイ気になってしまった。
 気を取り直して「オーガスト」の話をしたい。まずこのアルバムはクラプトンの弾くギターのアドリブがほとんど無く、非常にポップなアルバムなので30代の頃はなんとなく物足り無さを感じていたのだ。でも不思議なもので、歳を重ねる毎に初めて聴いた時とは全く異なる感覚がオヤジの中に芽生えて、40代半ばの今では実に気持ちの良いアルバムになってしまっている。変な表現だが、
「鼻歌交じりに楽しめるクラプトンのアルバム。」
 そんな風に感じているのだ。
 ちょっと調べてみるとこのアルバムが発売された年(1986年)はクラプトンが40代になったばかりの頃だ。
「やっぱりね・・・。」
 なんて1人納得してしまった。この気持ち良さは40代になって初めて分かるものかも知れない。(←また勝手な意見で怒られるかもしれないけど・・・。)

 


[Music Eric Clapton]


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : エリック・クラプトン ギター オーガスト |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

マイルス・デイヴィスの「クールの誕生」を聴いてみた。

2009.01.07 Wed
クールの誕生 オヤジは正月の4日に、
「今年の一発目のジャズのアルバムは、何にしようかなぁ?」
 なんて事をボンヤリ考えながらCDの棚を眺めていた。すると面白いもので、普段なら絶対聴かないようなアルバム、マイルス・デイヴィス「クールの誕生」に目が止まってしまった。このアルバム、ここ5年は聴いてない自信がある。
 クールって言うのは、「かっこいい」とか「素敵な」って意味があるみたいで、
「イヤ~ン!オヤジは今年一年をカッコ良く素敵に過ごしたいわぁ~。ダメ~!そんなオヤジにこのアルバムぴったりだわぁ~。」(←何故おねえ言葉になるんだ!?)
 そう考えて流してみた。なんて、そんな訳ないのだ。単にコレが目に止まっただけの話で、
「年初めだから滅多に聴かないアルバムでも一丁聴いてみるか?」
 的なノリだ。(←回りくどい紹介しやがって・・・。)
 さて、「クールの誕生」に対しては、ジャズに詳しい方々の様々な意見があり、オヤジの感想をお話するのはいささかおこがましいのだが、聴いた感想を正直に言うと、
「アンサンブルが実に綺麗で気持ちが良い。静かに鑑賞して、ゆっくりと感動を味わう上品な名盤。」
 そんな風に思った。
 いずれにしろ、普段は品が無いオヤジなので、こういうのを聴いて、お上品なフリをするのは悪い気はしないのだ。ホホホホッ!

 


[Music Miles Davis]


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : マイルス・デイヴィス クールの誕生 トランペット |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。