無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 2009年08月
RSS|archives|admin

ジョージ・ベンソンの「メローなロスの週末」で思い出すデモ・テープ作りの話

2009.08.01 Sat
メローなロスの週末

 大学一回生だった1982年の8月の下旬、高知から東京へ戻った僕は、夏前から参加したバンドの練習以外は何もする事がなく、新学期が始まるまでの少しの間、ただボンヤリと過ごしていた。
 そのバンドの練習も、基本的には9月の末に催される学内のミニコンサートに向けて3~4曲を練習している程度で、
「初めてバンドに入れてもらった時の鼻息の荒さは何処へやら・・・?」
 で、あまり気合いの入らない練習を続けていた記憶がある。
 そんな中、こんなバンドの閉塞感に風穴を開ける話をリーダーでキーボードのK田さんが始めた。それは、いつものように部室での練習が終わった後で、『反省会』と称して、メンバー全員で江古田駅前のマクドナルドでコーヒーをすすりながら、何て事ない話をしていた時の事だった。
 K田さんが急に、
「あのさぁ、またライブハウスへ出てみない?」
 なんて事を言い始めたのだ。
 ちょいと説明すると、僕が夏前から参加したこのバンドは、前年まで年に何度か都内のライブハウスやパブなどで演奏した経歴があった。ところが、この年の初めから春にかけて、ベース(←僕の事です。)とドラムのメンバーチェンジをした事で曲のレパートリーが減り、学内のミニコンサートぐらいにしか出る事が出来なかったのだ。
 話を元に戻すが、この時のK田さんの、
「また、ライブハウスに出てみないか?」
 の話に、ギターのS藤さんが、
「今回もK田の知り合いのツテで、原宿の○○○(←ライブハウスの名前です。)に出るのかよ?なんか、ワンパターンだよなぁ・・・。チケット売るのが大変だぜ。」
 などと、絡み気味に文句を言っていたのを覚えている。ところがK田さんは、
「まあ、○○○にもまた頼んでみるけどさぁ、今回はスタジオでキチンとデモ・テープ作って、何ヵ所かのライブハウスへ売り込みたいと思うんだよな~。」
 なんて事を言い始めたのだ。
 この、『デモ・テープ』の一言に我々バンドメンバーは色めきたった。
「そうか、俺達キチンとスタジオで録音した事ないもんな~。」
 なんて、ギターのI沢さんが言い始め、
「やろうよ!面白そうじゃん。やろう!やろう!」
 と、シンセサイザーのN本嬢とボーカル&フルートのS浦嬢が言った。
 僕は、ライブハウスという言葉だけで興奮して鼻の穴が膨らみかけているのに、その上、デモ・テープなどというカッチョイイ言葉を聴いて、その辺でハンバーガーを食べてる女子高生に、
「お嬢さん、俺ライブに向けて、デモ・テープ作るんだけどさぁ・・・。」
 なんて言いながら前髪をかきあげたい衝動に駆られていた。(←バカだからすぐに調子に乗るという事なのだ。)
 さて、この『デモ・テープ』話は、メンバー全員が乗り気だった為に、トントン拍子で進んで行き、9月の中旬に渋谷の録音スタジオを予約し、同時に録音してもらうプロのエンジニアを音大生のN本嬢のツテで雇う事になった。
 録音する曲は全部で3曲。フュージョン系の曲を2曲とオリジナルのニューミュージック系の曲を1曲録音する事に決めた。当然その後のバンドの練習は、この3曲を集中的に行い、それまでのダラダラ練習とは打って変わって、寸分の音の狂いも、一瞬のリズムの乱れも聴き逃さない緊張感溢れるモノとなっていった。
 中でも、ジョージ・ベンソン「メロウなロスの週末」という曲が強烈に印象に残っている。この曲は、曲名通りアメリカの西海岸を連想させるような洒落た旋律のテーマから始まり、その後はキーボードとギターの素晴らしいアドリブを聴かせるインストの名曲だ。我々は、「メロウなロスの週末」を練習するにつれて、
「この曲こそ、我々が目指すバンドの音だよなぁ~。」
 なんて事を言い始め、スタジオでの録音までの間、一番時間を割いて練習した記憶がある。
 さて録音当日。
 昼前に渋谷駅前に集合した我々は、公園通りを少し上り、ちょっと脇道にそれた所にあるビルの6階のスタジオに向かった。既に録音担当の音大出のエンジニアがスタジオに到着していて、彼の指示に従って、我々は楽器をセッティングしていった。そして、ヘッドフォンを着け、
「いざ!録音」
 となった時に、恥ずかしい話だが、僕はオシッコがしたくなった。つまり異常に緊張していたのだ。
 それまで何度か人前で演奏した事があるにも拘わらず、正直な話、この時のデモ・テープ作りでは、足が震えるほど緊張してしまったのだ。その上、緊張というのは伝染するようで、他のメンバーも僕と同じ状況になり、「メロウなロスの週末」の最初のテイクは悲惨な出来であった。
 僕のベースはいくつかのミストーンがありリズムも乱れ、ギターもキーボードもアドリブは惨憺たる出来、ドラムも硬さがモロに出ていた。唯一、N本嬢とS浦嬢の音大生2人組だけがいつも通りのプレイが出来ていた。
 一旦休憩という事になり、全員でミキサールームに集まり煙草を吸いながらアイスコーヒーを飲んだ。僕は喉がカラカラで、このアイスコーヒーを一気飲みした事を覚えている。エンジニアの人に、
「全員緊張してるなぁ~。酒でも飲んで演った方がイイんじゃないの?あははは~。」
 なんて冗談を言われたのだが、幸か不幸か、その時の我々にはそれが冗談に聴こえなかったのだ。ギターのI沢さんが、
「確かに、そりゃイイ考えだ。おい!K本(←オヤジの名前です)、ちょっと缶ビールを3~4本買ってこいよ!」
 そう言い始め、僕は急いでスタジオのあるビルを出て近所の酒屋を探した。
 そしてビールの500M缶を4本持って再びミキサー室へ戻り、メンバー全員で次々に回し飲みをしたのだった。どうでもイイ事だが、この時のビールはムチャクチャ美味かった事を今でも覚えている。
 さて、そんな休憩の後、再び録音が始まったのだが、不思議な事にビールを飲んだ我々の演奏は実に快調であった。高校生のくせにビールを飲んだK領君のドラムなどは、実にスムーズで、リズムのポイントを押さえた渋い演奏になり、その上に乗っかる僕のベースもノリノリで演奏する事が出来たのだった。そんな調子で、その後の録音は全くトラブルがなく順調に進み、アッと言う間に3曲の録音が終わった記憶がある。
 楽器を片付けている時に、エンジニアの人から、
「お前ら、飲まないと演奏出来ないのかよ?」
 と笑われた事を覚えている。
 余談になるが、我々のバンドがこれ以降ライブをやる時には必ず直前にビールを飲むようになったのは、この時の経験からだ。そして、徐々にその行為はエスカレートし、ギターのI沢さんなどは、一年後にはライブ直前にコップ酒を飲んでいた記憶がある。
 話を元に戻すが、その後我々は、出来あがったテープをミキサー室で大音響で聴いたのだが、正直な話、あまりのカッコよさに全員が驚いた記憶がある。
「ひゃ~俺ら、プロみたいじゃん。」
 これが録音を聴いた時の僕の正直な感想だった。そして、
「キチンとした器材で、ベストテイクを選んで音にすると、アマチュアでもこんな凄い事になるのか・・・。」
 と空いた口が塞がらなかった事を覚えている。
 とまぁ、そんな事を思い出しながら、久しぶりにジョージ・ベンソン「メロウなロスの週末」を聴いてみた。
 「メロウなロスの週末」という曲は同名のタイトルを持つライブアルバムの1曲目に収録されている。このアルバムは、僕が初めて聴いたジョージ・ベンソンのアルバムで、学生時代には、それこそテープが擦り切れるほど何度も聴いた記憶がある。
 僕の中では、このアルバムほど色々な人物の顔が浮かび、バンドの練習風景の断片が頭に浮かんでくるアルバムは無い。これまで何回聴いても、大学時代前半のバンド活動で目指していた音の全てがこのアルバムの中に集約されているようで、当時を思い出して熱いモノがジワジワとこみ上げて来るのだ。
 少々大袈裟な言い方かも知れないが、僕はこのアルバムを流すだけで、大学1回生のあの頃へタイムスリップ出来ると感じている。そういう意味では、「メロウなロスの週末」は数ある思い出のアルバムの中でも、特別思い出深いアルバムで、今後も当時へ思いを馳せる時には欠かす事の出来ないアイテムだと思っている。
 なんだかんだと長い話をしたが、結局は、
「いや~~~懐かしい!」
 その一言に尽きるのだ。

George Benson - Week in Los Angeles


 
[Music George Benson]


Theme:バンド活動♪ | Genre:音楽 |
FC2タグ : ギター ジョージ・ベンソン メローなロスの週末 |
Category: 大学1回生の頃 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ローリング・ストーンズの「ブラック・アンド・ブルー」を聴いてみた、

2009.08.04 Tue
ブラック・アンド・ブルー 突然だが、現在オヤジは大阪にいる。
「何で大阪にいるんじゃ!?」
 と、思うかもしれないが、ちょいと説明すると、オヤジ一家は夏休みに、ここ大阪で開催されるあるイベントを見に来る事になっていたのだ。そんな訳で、オヤジも『少し早い夏休み』を取って、今週の木曜日まで大阪に滞在する事になっている。
 高知からは車で大阪入りしたので、ドライブの間はローリング・ストーンズ「ブラック・アンド・ブルー」を流していた。大した理由は無いのだが、出発直前にCDを選んでいて、
「ローリング・ストーンズって関西っぽいよなぁ~。」
 なんて事をフッと考えたのだ。
 こういう何でもないインスピレーションは大切なのだ。長年の経験から、車中で聴く音楽に満足するかどうかは、直感がものを言うと思うのだ。
 「ブラック・アンド・ブルー」を流し、アルバムの世界に浸りながら運転していると、不思議とやかましい子供の声も気にならない。ハンドルを握る僕の頭の中では、この薄気味悪いジャケットの顔写真が、関西人のイメージとしてどんどん定着していった。(←関西の方、申し訳ない・・・。)
 そして、バラエティーに富んだ楽曲のどれを聴いても、混沌とした大阪の街並みに溶け込むようで、このアルバム選択は、大成功だと思ったのだ。
 難波のネオンを眺めていると、「愚か者の涙」が聴きたくなってきた。
 独断と偏見に満ちているが、
「やっぱりストーンズは関西に合うのだ。」
 そう思っている。

 
[Music Rolling Stones]


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ローリング・ストーンズ ブラック・アンド・ブルー |
Category: Rock/Pops | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

欧陽菲菲の「雨の御堂筋」を聴いてみた。

2009.08.09 Sun
雨の御堂筋 大阪から高知へ戻って来た。
 この数日間、大阪の街を歩き回ったのだが、飲んだり食ったりに忙しく、頭に音楽を浮かべる暇が無かった。でも1曲だけ、
「そういえば・・・・。」
 なんて、思い出した曲がある。
 こういう曲が頭に浮かぶのは何となく恥ずかしいのだが、思い出したものはしょうがない。欧陽菲菲「雨の御堂筋」なのだ。
 さすがに小ぬか雨は降って無かったが、実際の御堂筋を見てみると、夜中に雨に濡れながら男を捜し南へ歩く大阪のネエちゃんを想像出来なくもない。
 当り前かもしれないが、
「この歌は、御堂筋だからサマになるんだろうなぁ~。」
 なんて事を考えてしまった。
 それともう一つ、前出の『男を探して南へ歩く大阪のネエちゃん』のイメージがあの派手でワイルドな欧陽菲菲のイメージと僕の頭の中ではピッタリと重なってしまう。難波駅周辺の混沌とした風景を眺めていると、暑さのせいもあるのか、一瞬、東南アジアのどこかの国にいるような錯覚を覚え、台湾出身の欧陽菲菲がウロウロしていても、全然違和感がないような気がするのだ。
 とまあ、あくまでもオヤジの頭に浮かべる欧陽菲菲像は、今から30年以上昔のイメージで、現在はどんな婆さんになっているのか知らないけれど・・・。
 さてこの曲、さすがに音源が無いので今回はYouTubeで検索して聴いてみた。で、感じた事は、
「う~む・・・。全然関西弁じゃないのに、思いっきり大阪の臭いがする。歌手といい歌詞といい、なんか濃いよなぁ~。」
 そう思ったのだ。

欧陽菲菲  雨の御堂筋


 
[Music 欧陽菲菲]


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 欧陽菲菲 雨の御堂筋 |
Category: J-Pop | Comment(8) | Trackback(0) | top↑ |