無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 2012年04月
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ポリスの「白いレガッタ」を聴いてみた。

2012.04.03 Tue
白いレガッタ 最近、20代の後半によく聴いた古いモダンジャズのアルバムを聴いている。50~60年代のブルーノート盤がほとんどなのだが、この頃のアルバムのジャケットを眺めていると、味のある素晴らしいジャケットが多い事に驚かされる。単色のトーンながら、アーティストの顔のアップやライブ風景をジャケット一杯に配置する事で、聴く前から強烈な音が溢れ出てきそうな迫力が感じられるのだ。
 さて、そんな事からちょっと頭に浮かんだのがポリスのアルバム「白いレガッタ」だ。オヤジはこのアルバムのジャケットが凄く好きだ。
「何処が・・・?」
 と聞かれるとなかなか説明が難しいのだが、
「これほどアルバムの内容を象徴するジャケットはそうそうないぞ!」
 なんて事を密かに考えているのだ。そんな訳で、
「ここでグダグダ変な理屈をこねるよりも、とりあえず聴いた方が、オヤジの言わんとする事が分かってもらえるんじゃないの・・・?」
 なんて事を考えてしまうが、そう言ってしまうと身も蓋も無いので、とりあえず御説明したい。(←何でこうも前置きが長いのか我ながら嫌になる・・・。)
 まず、「白いレガッタ」に収録された曲の数々を一言で表現するのは非常に難しいが、全ての楽曲に一貫しているのが、考え抜かれた音の配置から浮かび上がってくる繊細で緊張感あふれる世界だ。ギター、ベース、ドラムの3ピースで何故これだけの音の厚みとアカデミックな空間の広がりを表現できるのか不思議に感じてしまうが、まぁその辺が「白いレガッタ」というアルバムの聴き所でもあり、ひいてはポリスというバンドの音楽の魅力だと思うのだ。そして、ブルーを基調にした色彩のジャケットの中からこちら側に鋭い視線を送るポリスの3人からは、まさしく『繊細で緊張感あふれるアカデミックな空間から発せられる強いメッセージ性のようなモノ』をオヤジは感じてしまうのだ。
 オヤジは「白いレガッタ」を聴く時はジャケットをじっと眺めながら聴く事にしている。そうする事で、より深くアルバムの世界が理解出来るような気がしてならないのだ。

It's Alright for you - The Police


 
[M;The Police]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
|
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

アイアン・メイデンの「キラーズ」を聴いてみた。

2012.04.06 Fri
キラーズ オヤジの場合、年齢を重ねる毎に聴く音楽の幅が広がってきたが、逆に徐々にダメになりつつある分野もある。ヘヴィメタルパワーメタルはその最たるもので、せいぜいソナタ・アークティカ辺りまでで完全に聴かない音楽になってしまった。
 元来好きな分野ではないのでしょうがないのかも知れないが、個人的にはこの辺の音楽にときめかなくなったのは歳のせいだと思っている。そんな訳で、馬鹿馬鹿しい話だが年に何度かは無理矢理メタル系のアルバムを聴いてアンチエイジングに努めているのだ。
 さて、今回お題としたのはアイアン・メイデン「キラーズ」。随分古いアルバムで、大学生の頃に聴いた事は覚えているが、中身の記憶は全く無い。
 ちょっと思い出してみると、アイアン・メイデンというバンドを初めて聴いたのは高校3年生の時だったように記憶している。当時ロックは好きだったが、こういうヘヴィメタルの世界は何となく理解できなくて、
「ロックがこんな方向へ進んでゆくと絶対つまらない音楽になってしまうぞ・・・。
 そんな事を感じたと記憶している。
 で、「キラーズ」だが、今回聴いた印象はそんなに悪くなかった。ギタープレイはピンとこなかったが、ボーカルが無理なく歌い上げて耳障りじゃないのが良く、ベースも存在感を出していて面白い。全編を通して楽しく聴く事が出来た。・・・なんて言ってるが、実はこのアルバムを聴きながらオヤジは爆睡してしまったのだ。高校の頃、大音響でロックを聴きながら寝てしまう事が多々あったのだが、この歳になってもまだ寝てしまうとは思わなかった。
「お!若い時のままだな・・・。」
 なんてしょうもない事を呟きながら、
「やっぱヘヴィメタルはアンチエイジングになるのかも知れない・・・。」
 なんて事を考えたオヤジなのだ。

 
[M;Iron Maiden]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : アイアン・メイデン キラーズ |
Category: Rock/Pops | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

桑田佳祐の「ミュージックマン」を聴いてみた。

2012.04.10 Tue
MUSICMAN やっと花粉のシーズンが終ったようだ。花粉症のオヤジは毎年の事ながら花粉の飛散が終るのを心待ちにしている。鼻水も目の痒みも無くなった日に、
「お~~し!俺の季節がやってきたぜ!」
 などと密かに呟いて、一人ケケケッと笑うのである。(←ケケケッと声を発する訳ではないよ。気持ちが悪いから。あくまでも雰囲気ですよ、雰囲気。)
 この時の気分は、
「長く苦しい冬をじっと耐えてきて良かった。さ~て、これから楽しむぞ!!」
 そんな感じで、来るべき夏へ向けて季節が助走を始めるのが嬉しくてたまらないのだ。
 さて話変わって、先日桑田佳祐のソロアルバム「ミュージックマン」を聴いた。最近のアルバムなので、懐かしいわけでも何でも無く、テレビで彼が久しぶりに全国ツアーを行うというニュースが流れていて、ふと思い出したのだ。
 「ミュージックマン」桑田佳祐の癌治療からの復帰第1作という事で、色々と注目されていたアルバムだが、いざ聴いてみると中身は結構難しい。個性的な曲が多いせいか、すぐには、
「いいねぇ~!」
 てな事にはならないのだ。ただ、何度か聴き込めば絶対に、
「いいねぇ~!」
 となるのが間違いない匂いがプンプンするアルバムであり、その辺は、
「さすが桑田佳祐だわ・・・。」
 と感心した次第なのだ。そして、
「桑田佳祐も“手術そして闘病”という長い冬をじっと耐えてやっと春が訪れ、『俺の季節がやってきたぞ~!』とばかりに、個性あふれる曲の数々を花のように咲かせたのがこの「ミュージックマン」というアルバムなんだなぁ・・・。」
 などと、彼の病と自分の花粉症を一緒にするのは、はなはだ恐れ多い事は分かっているが、ついつい勝手な解釈をしてしまうオヤジなのだ。この春は何度か「ミュージックマン」を聴いてみようと思っている。

 
[Music 桑田佳祐]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : 桑田佳祐 ミュージックマン |
Category: J-Pop | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。