無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 2015年01月
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

パット・メセニーの「シークレット・ストーリー」を聴いてみた。

2015.01.06 Tue
シークレット・ストーリー「新年、明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いします!」
 なんて言いながら、既に年明けから1週間近く経過している。年末の挨拶も出来ないまま年を越してしまったこのブログ、言い訳するつもりは無いが、昨年から今年にかけて色々な段取りが上手く運ばず、結果的に音楽を聴く暇が無かったのだ。
 昨日になってやっと1枚のアルバムを聴いたのだが、久しぶりに聴いたこのアルバム、新年をスタートさせるにはなかなか良い1枚であった。もったいぶってもしょうがないので紹介するが、そのアルバムとは、パット・メセニー「シークレット・ストーリー」だ。
 さてこの「シークレット・ストーリー」パット・メセニーの作品の中でも非常に評価が高い1枚なので、聴いて感動するのは当然なのだが、オヤジが心からこのアルバムが素晴らしと思うのは、パット・メセニーの音楽に対する謙虚さが感じられるからだ。
 パット・メセニーと言えば、世界的なジャズ・ギタリストだ。当然彼の持つギターテクニックとアイディは、他の追随を許さない。しかし、この「シークレート・ストーリー」を聴くと、パット・メセニーがギタリストである事を一瞬忘れそうになる。理由は、彼が作る曲が、ギターの枠を飛び越えて様々な音の結晶を微妙に繋ぎ合わせ、そこから幻想的で神秘的な世界を見せてくれるからだ。
『パット・メセニーはギタリストである前に、音楽家である!』
 この一番大切な事が、「シークレット・ストーリー」を聴くと、すぐに分かるのだ。これはミュージシャンであれば、ある意味当然の事だが、実際は自分の音楽を冷静に見つめる目と、音に対する謙虚な姿勢がないとそうはならない。逆にこの2点を合わせ持つミュージシャンは全て一流だとオヤジは思っている。
 よくギタリストのアルバムで、全編ギターを前面に押し出して弾きまくる曲が続く事があるが、若い頃は興奮を覚えても、最近は妙な白々しさや、あざとさを感じる。
「お前のギターは確かに凄いけど、楽曲としてコレはどうなのよ?」
 てなもんだ。
 そんなわけで、新年早々、音楽の一番大切な部分を考えさせられるアルバムを聴いた気がするオヤジであります。いやはや・・・・。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

 
[Music Pat Metheny]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 
スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : パット・メセニー シークレット・ストーリー |
Category: Jazz/Fusion | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

エリック・クラプトンの「アンプラグド~アコースティック・クラプトン」を聴いてみた。

2015.01.10 Sat
アンプラグド~アコースティック・クラプトン 正月、高校の同窓会に出席した。毎年の恒例行事だが、昨年出席出来なかった分、久しぶりに懐かしい顔ぶれに会えて実に面白かった。
 今回感じたのは『みんなイイ顔してる』という事。人生50年以上も生きてきて、それぞれに苦労があったとは思うが、そんな事は微塵も感じさせない程全員が“イイ顔”をしているのだ。『人生で様々な経験を重ねれば、自然と良い顔になる』なんて話を昔聞いた事があるが、今回は、まさしくソレを実感した同窓会であった。
 ・・・とまぁそんな事をボンヤリと考えつつ我家のCD棚を眺めていると、目に止まったアルバムがある。エリック・クラプトン「アンプラグド~アコースティック・クラプトン」だ。勝手な話で申し訳ないが、数あるロック・スターの中でも、クラプトンほど自分の人生が顔に表れているミュージシャンはいないとオヤジは思っている。なんというか、人生の天国も地獄も味わった男の顔をしているのだ。(←ホント自分勝手な話でスンマセン!)
 まぁ、ロック・スターと同窓会の感想を一緒にするのは問題がある事は分かっているが、『人間は様々な経験をする事でイイ顔になる』って事は、どうも間違いないようだ。
 さて、話はアルバム「アンプラグド~アコースティック・クラプトン」へ移るが、コレはもう名盤中の名盤。今まで何度も聴いたが、その度にオヤジはギターが弾きたくなり、下手な鼻歌を家中に響かす事になる。
 今回も同じで、新年早々「ティアーズ・イン・ヘヴン」のイントロからサビの手前(←ソコまでしか覚えてないのだ)までをギター片手に唸り、家族の顰蹙をかってしまった。そして、このアルバムを聴くと毎回オヤジは思うのだ。
「エリック・クラプトンみたいなオヤジになりたい!」
 と・・・。(←馬鹿で単純なのは分かってます)
 こう思うのは十中八九、酔ってる時なので、まぁヨッパライの戯言と勘弁願いたいが、一方で、毎回こんな気持ちにさせてくれるアルバムを持っているのは、人生を楽しむ上でとても重要な事だとも思えるのだ。
 正月早々良いアルバムを聴きました。
『今年も頑張るぞ~~!イイ顔になれるように!』
 なのだ。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

Eric Clapton - Tears in Heaven


 
[Music Eric Clapton]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : エリック・クラプトン アンプラグド~アコースティック・クラプトン |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

再びエリック・ゲイルの「ブルー・ホライゾン」を聴いてみた。

2015.01.21 Wed
ブルー・ホライゾン2 今年に入って、公私共に突発的な要件が続いてメチャクチャ忙しい。肉体的に忙しいのは勿論だが、それ以上に心労を伴う事が多く、冗談半分に、
「このままだと俺は倒れるぞ!」
 なんて家で叫び、家族の顰蹙を買っている。
 そんな訳で、いつものペースを取り戻すには、まだ暫く時間がかかりそうで、当然ノンビリ本を読んだり、音楽を聴く時間が無い。
 唯一音楽が聴けるのは会社の昼休み。昼食後にデスクで1曲か2曲聴いてくつろぐのが最近のオヤジの唯一の楽しみとなっている。
「随分と暗い日々だな!おい!」
 なんて突っ込まれそうだが、基本的には楽天家なので、
「まぁ人生にはこういう時期もあるのさ!」
 なんて他人事のように受け流している。(←要するにそんなに大袈裟な話でもないって事だ。)
 で、毎度の事ながら前置きが長くて申し訳ないが、こんな中で現実逃避的に聴いているのがエリック・ゲイル「ブルー・ホライゾン」だ。
 このアルバムを流すと、昔からオヤジはカリブ海のビーチでビールを飲みながら、ラテン系のオネエチャンと一緒に日光浴をしている気分になる。あの、強面のエリック・ゲイルからは想像もつかないような明るさを感じる曲が続き、BGMとして聴き流すも良し、一人のギタリストのプレイを楽しむのにも良しなのだ。
 考えてみると、エリック・ゲイルってギタリストは不思議な人で、オヤジが彼を知ったのは、あの超有名バンド「スタッフ」での演奏を高校生の頃に聴いたのが初めてだ。以来、彼の活躍の場は、ずっとフュージョンと呼ばれる音楽が中心だった。しかし、彼の奏でるアドリブはジャズというよりもR&Bに近く、フレーズだけ聴けば“泥臭さ”がビンビンと伝わってくる。ところが、この“泥臭さ”が洒落たフュージョン系の音楽に妙にマッチするから不思議なのだ。
 あんまり深く考えた事が無かったけれど、『洗練された原曲のイメージを損なう事無く、自らのカラーを強烈にアピールする。これぞ一流』ってところだろうか?エリック・ゲイル・・・亡くなってもう20年も経つ。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

Eric Gale - Blue Holizon Live 1982 at Montreux Jazz Festival


 
[Music Eric Gale]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 


Theme:おすすめ音楽♪ | Genre:音楽 |
FC2タグ : エリック・ゲイル ブルー・ホライゾン |
Category: Jazz/Fusion | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。