無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 2015年09月
RSS|archives|admin

カーペンターズの「ナウ・アンド・ゼン」を思い出した。

2015.09.02 Wed
ナウ・アンド・ゼン2 9月になってしまった・・・って言ってもオヤジの生活は基本的に何も変わらない。先週も毎度のごとく、
「何かおもろいアルバムでもないかねぇ?」
 とCD棚をゴソゴソ漁っていると、アース・ウィンド・アンド・ファイアー「天空の女神」が目に付いた。
「久しぶりにコレでも聴いてみるか・・。」
 そう思いつつ手に取ると、このアルバムのジャケットが、先日亡くなった長岡秀星の作品だった事を思い出した。
 長岡秀星の作品の数々は、オヤジが若い頃(←1980年代ね。)クリスチャン・ラッセンなんかと並んで非常に人気があったように記憶している。当時は、とりあえず彼の絵を部屋にかけておけば、ボロアパートの四畳半でも、なんとなくカッコイイ部屋に変身したような気になったものだ。(←そんなわけないだろ!)
 さて、そんな長岡秀星デザインのジャケットの中でもオヤジが一番好きなのが、画像のカーペンターズ「ナウ・アンド・ゼン」だ。このアルバム、オヤジが初めて聴いたカーペンターズのアルバム・・・って言うより、オヤジが初めて聴いた洋楽アルバムで、中学一年の時の部活の夏合宿で、先輩が持ち込んだラジカセから、カレン・カーペンターのウットリするような美しい歌声がずっと流れていたのを思い出す。
 ちょうど学校で英語を習い始めたばかりの頃で、カレンの英語の発音がとても美しく、特にマスカレードなんて曲は妙にセクシーに聴こえて、
「この女の人、ホント魅力的な声してるよなぁ・・・。」
 なんてゾクゾクした記憶がある。
 以来40年以上、50才を過ぎても飽きもせずに洋楽を聴く事になろうとは、当時は思いもしなかったが、今考えてみると「ナウ・アンド・ゼン」はオヤジの洋楽世界の扉をポンと開けてくれたアルバムだと言える。
 久しぶりに聴いてみるかなぁ「ナウ・アンド・ゼン」・・・。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

The Carpenters -- Now & Then


 
[Music Carpenters]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 

Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : カーペンターズ ナウ・アンド・ゼン |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ダニー・ハサウェイの「愛と自由を求めて」を聴いてみた。

2015.09.09 Wed
愛と自由を求めて ちょっと思い出した事がある。聞いて欲しい。
 オヤジは大学4回生の秋口、オリジナル曲をメインとしたバンドに参加した。就職活動が終り、
「残りの学生生活を精一杯遊びましょ!」
 なんて考えていた頃で、当時仲の良かった音大の友人に誘われて卒業まで活動する事にしたのだ。
 このバンド、サックスとギター担当の友人がリーダーで曲を作り、芸大の女の子が歌詞を付けて歌っていた。曲は全てオリジナルで、オヤジが参加した時には既に書き溜めた曲が5・6曲あったように記憶している。
 オリジナル曲っていうのは、1曲が完成するのに、コピー曲を練習するよりも格段に時間がかかる。特に我々の場合、曲のアレンジをするメンバーがいなかったので、コード進行とメロディーだけの曲に、メンバーがアイディアを出し合いながら曲を作ってゆくのがバンド練習の中心だった。
 ただ、この『アイディアを出し合う』って作業、そう簡単ではない。自分のイメージする雰囲気を上手く表現して、メンバーに伝えなければならない。コレが非常に難しいのだ。だから、最終的には例え話になる。
「この曲はもう少しハードに、TOTOのロザーナみたいにさぁ。」
 とか、
「ちょっと角松敏生的な世界を意識してオシャレにさぁ。」
 なんて会話が飛び交う事になるのだ。
 そんな中、キーボードで参加していた奴の例えがいつもダニー・ハサウェイだった。
「そこは、もうちょっとシンセの音を厚くして、ダニー・ハサウェイのXXXって曲があるじゃん。あのサビの雰囲気でさぁ。」
 などと言うのだが、オヤジはダニー・ハサウェイを知らなかったので、彼の例えが全く分からなかったものだ。
 ・・・とまぁ、何故こんな事を思い出したかと言うと(←毎度前置きが長いが)当時ダビングしたと思われるダニー・ハサウェイの「愛と自由を求めて」のカセットテープが出てきたからだ。
 ためしに聴いてみたら、音の悪さにビックリしたけど、
「ダニー・ハサウェイって、こんな音楽なんだ・・・。」
 と今になって分かったような、分からないような・・・。でも、インスツルメンタルの曲があるのは知らなかったです。フ~ンなのだ。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

 
[M;Donny Hathaway]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ダニー・ハサウェイ 愛と自由を求めて |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」を聴いてみた。

2015.09.16 Wed
恋するフォーチュンクッキー すっかり秋になってしまった。秋と言えば、オヤジは『食欲の秋』とか『読書の秋』なんて言葉を頭に浮かべるが、我家の三男坊はちょいと違う。彼は『運動会の秋』だ。
 今年高2になる三男坊が通う高校は、毎年の運動会が盛り上がって実に面白い。特に高2はクラス毎にダンスと仮装行列を組み合わせた出し物がメインとなり、夏休みの間から構想を練り、ダンスを練習する。そして本番では、如何に上手いダンスを踊るか、一方で如何に面白い企画で客を笑わすか、を競い合うわけだ。
さて、昨日帰宅した三男が、
「運動会の準備、マジで大変だわ・・・。」
 なんて言うのを聴きながら、オヤジは、
「そう言えば、同じ高校を卒業した次男の時はどうだったかねぇ?」
 なんて事を考えていたら、ヒョイと頭に浮かんだ曲があった。AKB48「恋するフォーチュンクッキー」だ。
 次男が高校生の時の運動会では、この曲がやたらと流れていたような記憶がある。競技のバックで流れるだけじゃなく、学ランを着た応援団の連中が「恋するフォーチュンクッキー」のフリを再現していたのが実に面白かった。
 そもそも、AKB48なんてロクに知らないオヤジでも、この曲を初めて聴いた時は、
「あら?この曲、案外いいねぇ・・・。」
 そう思った記憶がある。
 このオヤジの勘は、幸か不幸か当っていて、その後「恋するフォーチュンクッキー」はアッという間テレビで頻繁に流れる曲となり、Youtube上では素人が様々なバージョンでこの曲のフリをアップする事態となり、オヤジも半分真面目に、
「俺もこの曲のフリ、覚えないといけないかしら・・・?」
 なんて考えたものだ。
 そんな訳で、久しぶりにちょいと懐かしい曲、「恋するフォーチュンクッキー」を聴いてみました。
 音源が無いのでYoutubeのお世話になったが、改めてミュージック・ビデオを見ると、曲も踊りも実に上手く出来ている。オヤジの中ではAKB48なんて、正直『どうでもいいオネェチャン達』だが、この曲に関しては別。リズムとメロディーラインがずっと頭に残り、オヤジみたいな50才を過ぎたジジイでも踊りだしたくなる。チョイト恥ずかしいけどコレ名曲なのかも知れないなぁ~なんて思うのだ。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

恋するフォーチュンクッキー / AKB48[公式]


 
[Music AKB48]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : AKB48 恋するフォーチュンクッキー |
Category: J-Pop | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |