無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 2017年05月
RSS|archives|admin

ジャーニーの「ザ・ジャーニー・コンティニューズ」を聴いてみた。

2017.05.20 Sat
ザ・ジャーニー・コンテニュー 久しぶりにブログを更新することにした。
「前回記事を書いたのはいつだったろう?」
 って確認すると、なんと昨年の9月。8ヶ月間もアップしていない。
「んじゃぁ、なぜ突然再開する気になったのよ?」
 って聞かれそうなので、チョイと説明すると、昨年の夏頃からオヤジのwindows Vista版のPCの調子が悪くなり、スムーズに原稿が書けなくなった。そんな経緯から9月にブログを書くのを止めたのだが、オヤジは問題のPCをその後も騙し騙し使い続け、最終的には動かなくなってしまい(←要するに寿命ってやつだ)先月やっと買い替えたのだ。そして、先週あたりから新OSのWindows10にも慣れてきて、
「久しぶりにブログでも書いてみるかなぁ・・・。」
 なんて気になった次第だ。
 さて、オヤジはお休みの間も音楽だけは聴いていたが、大半は古いジャズや80年代のフュージョン、AOR系の洋楽ばかりで、相変わらず個人的な思い入れが強いアルバムばかりを聴く毎日だった。でも考えてみれば、今までこのブログで紹介してきたのは、そんな音楽ばかりで、その上で勝手な意見をゴリ押ししてきた経緯があるので、しばらく休んでも聴く音楽がブログの本筋からブレなかったのは不幸中の幸い、今後も同じ路線で記事を書いてゆきたいとオヤジは考えている。
 んで、早速勝手な話を始めるが、今年の初めにネットのニュースでジャーニーが来日することを知った。
「懐かしいねぇ~」
 なんて思い、久しぶりに聴いたのだが、いやはや、コレが実にカッコイイ。今回はベストアルバム、「ザ・ジャーニー・コンティニューズ」のお世話になったが、スティーヴ・ペリーがガンガン歌うあの頃のジャーニーに浸りたかったら、このベスト盤だけで十分に満足出来る。
「だって、ジャーニーって要するにスティーヴ・ペリーじゃん!」
 って、復帰早々怒られそうなことを言うが、ご勘弁。オヤジは昔からそう思っているし、オヤジ以外でもそう思う人は多いはず。そうなると、
「現在のジャーニーはさぁ・・・・」
 って話になるけど、まぁコレは置いといて、オヤジがココで言いたいのは「ザ・ジャーニー・コンティニューズ」を聴けば、
「あの頃のキラキラしたアメリカンロックってのはこうだったよなぁ~」
 と、思い出をつまみ食いできるって事。こういうのに弱いんだよ、オヤジは。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

 
[Music Journey]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ジャーニー |
Category: Rock/Pops | Comment(8) | Trackback(0) | top↑ |

「おんな城主 直虎」と今日の1曲。

2017.05.27 Sat
直虎


 オヤジは現在放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」を毎週見ている。ただこのドラマ、面白いのかつまらないのかイマイチよく分からない。従来の大河ドラマは、年明けから2か月ほど眺めれば、年末まで面白く見られるか、それとも止めてしまうかの判断がついたのに、この「おんな城主 直虎」に限っては非常に微妙でズルズルとここまで来てしまった。
 何がどう微妙なのかを考えてみるに、まず、
「このまま見続けてもいいぞ。」
 って思わせるのは、時代背景が戦国の世で、大国の間に挟まれた井伊家がいかに生き延びるかが楽しみな点と、男社会に生きる女城主の葛藤と成長が興味深いからだ。また個人的に主演の柴咲コウが嫌いじゃないって理由もある。一方で、
「つまらんなぁ・・・。」
 って思うのは、主人公が直面する問題の解決方法が子供騙しで、オヤジからすると、
「そう上手くはいかないだろ~~おい!」
 って突っ込みたくなるエピソードが多く、その一方で人間関係が複雑なドラマにもかかわらず、一部の出演者以外の俳優の個性が立っていないので、物語に影響する大切な伏線をすぐに忘れてしまいそうになる点だ。
 もしこのまま見てゆくと、年末に、
「何だか頭に残らないドラマだったなぁ。」
 なんて呟く自分が想像できて苦笑いしている。
 ・・・って言いたい放題だが、まぁ今の所ストーリー展開は置いといて、主演の柴咲コウだけで、
「とりあえず今週も見よう!」
なんてオヤジは思うので、NHKさんには、なるべく早く今後の展開が、
「う~~む・・・見事!」
って唸れるように頑張ってほしい次第だ。

 さて、言いたいことを言ったので、ここからは曲の紹介へ。今日の1曲はジョージ・ベンソンのアルバム「メロウなロスの週末」から「We All Remember Wes」だ。

メロウなロスの週末1


 そもそも「メロウなロスの週末」ってアルバムは、ジョージ・ベンソンのアルバムの中でも1、2を争うぐらいオヤジ好みで、大学生の一時期、取りつかれたように聴いていた記憶がある。中でも「We All Remember Wes」は大好きで、当時組んでいたバンドでよく演奏したし、印象的なメロディーと洗練された音は今でも頭の中にすぐ再現できる。
 曲名の中にある”Wes”はジャズ・ギタリストのウェス・モンゴメリーのことで、邦題が「我らのウェス」とされているように、この曲はジョージ・ベンソンがウェス・モンゴメリーへのオマージュを曲にしたものだ。
 主旋律はウェスが考案したオクターブ奏法が効果的に使われていて、特にサビの部分のストリングスをバックにした美しいメロディーなんぞ、何度聴き直しても鳥肌が立つ。また、後に続くギターのアドリブはほとんど神がかり的なテクニックとノリの良さで、一度立った鳥肌の上に、もう一度鳥肌が立つ。(←そんなわけないだろ!)
 とにかく「We All Remember Wes」は、あまり目立たないけど、よく聴けば凄くいい曲なのです。皆様、お試しあれ!

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

George Benson - We All Remember Wes



[Music George Benson]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ジョージ・ベンソン 我らのウェス |
Category:今日の1曲 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |