無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 2017年07月
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ビーチ・ボーイズの「ペット・サウンズ」を聴いてみた。

2017.07.02 Sun
ペット・サウンズ ちょっと前の記事にも書いたが、このブログは、アーティストの代表作的なアルバムの記事がいくつか抜けている。こうなったのは、オヤジの性格がひねくれてるのか、単に馬鹿なのか、いずれかだろうが、気が付いたらついたで気になるもので、最近は様々なアーティストの代表作をマメに聴いている。今回はそんな1枚で、ザ・ビーチ・ボーイズの名盤「ペット・サウンズ」のお話だ。
 オヤジがこのアルバムを知ったのは80年代の半ば、大学生活が終わろうとしている頃だった。当時のオヤジは、音楽的にギンギンに突っ張ってた時期で、ビーチ・ボーイズを流して喜ぶような学生ではなかった。その上、あの頃オヤジが彼等に持っていたイメージは、サーフィンとか西海岸とかで、この「ペット・サウンズ」の中身とは全くちがう。
「んじゃ、どうして聴いたのか?」
 って話だが、当時マスコミで何故か頻繁に「ペット・サウンズ」が取り上げられたように記憶している。やれ『有名ミュージシャンが衝撃を受けた』とか『今に続く洋楽のルーツはこの1枚にある』だとか、まぁそんな話題だったと思うが、ミーハーなオヤジはこの話にすぐ飛びついたわけだ。
 早速レンタルレコード店で借りて聴いたが、感想は、
「はぁ??普通じゃんコレ・・・」
 とまぁ、そんなもんだったと記憶している。そしていつしか「ペット・サウンズ」はオヤジの中で“お蔵入り”となり、あまり聴かないアルバムとなってしまった。
 ところが、今回久しぶりに真面目に「ペット・サウンズ」を聴いて、オヤジは80年代にこのアルバムが再評価された意味が分かったような気がしている。
 まず、「ペット・サウンズ」はある程度の音楽的バックグラウンドが無いと理解出来ないアルバムで、それが無いと入り込むのに時間がかかり、場合によっては門前払いをくらう。だから、60年代から80年代にかけて洋楽がどう進化してきたかの概要が頭になかった当時のオヤジには、66年発売のこのアルバムが80年代に持ち上げられる理由を理解するのは無理だ。
 あれから30年もの時間が経過してやっとオヤジが解ったのは、当時の「ペット・サウンズ」の評価は、いわゆる音楽通と呼ばれるような人々が、ずっと洋楽を聴いてきた人にしか分からないこのアルバムの核心部分の快感に気付き、その快感が60年代にあたかもノストラダムスの大予言の如く仕込まれていたという驚きにあったとオヤジは考えている。
 ・・・って、何やら意味不明な話をしてしまったようで・・スマン、スマン。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>


[M;Beach Boys]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 
スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ペット・サウンズ ビーチ・ボーイズ |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

サザン・オールスターズの「葡萄」を聴いてみた。

2017.07.09 Sun
葡萄 今回の都議会議員選挙、フタを開けたら小池さん率いる“都民ファーストの会”が圧勝し、自民党の惨敗という結果となった。まぁこの結果、高知なんて所に住んでいるオヤジには関係ないが、小池さんが知事になってからの自民党都連との対立や、国政においての大臣の辞職や失言、首相の森友・加計問題と、自民党が負ける要素だらけの中で、意地の悪い話だが、
「さて、どれぐらい負けるだろか?」
 って興味が大きく、オヤジはテレビの開票速報をずっと眺めていた。
 これで小池さんの“都民ファーストの会”は都議会で第一党となったが、オヤジが思うにこの“都民ファーストの会”ってのも眉唾で、
「『東京大改革』なんて言いながら具体的に何をするの?」
 って思う。小池さんが、築地移転で八方美人的な事を言いつつ、財源や期間等の具体的な話が聞こえてこないのが良い例だが、まぁ今後は東京に関係のないオヤジは『お手並み拝見』を決め込むつもりだ。って、音楽に関係ない話ばかりだが、ここらで軌道修正。
 今回の選挙結果は安倍政権への批判要素が多分にある事から、ふと頭に浮かんだ曲が、サザン・オールスターズ「ピースとハイライト」だ。
「あの曲も安倍政権を批判してたよなぁ~」
 ってなもんである。そんな訳で「ピースとハイライト」が収録されたアルバム、「葡萄」を全編聴いてみた。
 このアルバム、メッセージ性の強い曲や、穏やかな曲、哀愁を感じる曲と、様々な切り口で楽しませてくれるが、一番感じるのは
『サザンはロックバンドなんだ!コレでずっとやってきたんだ!』
 という自負だ。この熱いオモイはサザンの過去のどのアルバムからも一貫して感じられ、今回の「葡萄」も、その熱い想いにメロディアスな旋律と、印象的な歌詞が乗っかりアルバムが進んでゆく。
 サザンは時代とともに音楽の形を変えてきたが、ロックバンドとしての熱いオモイは変わっていない。だから高校生の時からサザンを聴いている54歳のオヤジでも相変わらず、
「このアルバム、カッコイイよねぇ~」
 などと言ってしまう。かと言って、サザンが“老人ウケの懐かしロック”に成り下がった訳ではなく、今のヒットチャートにも絡む音楽の幅と奥深さも堅持している。
「これほど懐の深いロックバンド、そうそういるもんじゃないよなぁ・・・。」
 なんて思うのだ。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

 
[M;サザンオールスターズ]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 



Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : サザン・オールスターズ 葡萄 |
Category: J-Pop | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ザ・スクウェアの「ベスト・オブ・ザ・スクウェア」を聴いてみた。

2017.07.16 Sun
べスト・オブ・ザ・スクエア あっという間に7月。今年も半分が終わってしまい、嫌な梅雨の季節を迎えている。まぁ、この時期を我慢すればオヤジの好きな夏がくるので嬉しいが、さすがに50歳を過ぎると、夏バテしないと言ったら嘘になる。寄る年波には勝てないのだ。
なんて言いながら、先週末は肉体労働で、以前から我が家の懸案であった『家具の配置換え』をした。女房と2人、箪笥やらソファーやらサイドボードやらを、あっちへ動かし、こっちへ動かし、いらない家具は分解して廃棄し、引出しの中や食器棚を整理して・・・とまぁ半分は断捨離だ。この作業、土曜の午後からスタートして、終わったのは日曜日の昼。
「いや~~ヤレヤレ、終わった~。」
 なんて言いながらシャワーを浴び、遅い昼食のざるそばをすすりつつ、グッと飲むビールの美味かった事。五臓六腑に染み渡るとはあの事だった。
 で、昼食後は、新しく配置したソファーに転がってボンヤリと音楽を聴くのだが、こんな時のアルバムは、少々能天気じゃないとダメ。だって、時は夏、シャワーを浴びてスッキリした体に、お腹は満たされ、ビールのアルコールが少しまわっている。『プールの後のダルイ午後』のような感覚を楽しむのに、コルトレーンマイルスでは、疲れが倍増する。
 そんなわけで引っ張り出したのは、ザ・スクウェアのベストアルバム「ベスト・オブ・ザ・スクウェア」だ。
 オヤジが思うに、ザ・スクウェアは、ジャズ・フュージョン界ではかなり能天気な部類のバンドだと思っている。
「そんな事ないよ!おい!」
 って怒り出す人は、アホなオヤジの戯言と無視してほしいが、オヤジが言いたいのは、能天気とは言っても、コレは決して悪い意味ではなくて、シンプルで何も考えなくてもよい音楽って意味だ。もっと言うと、メロディーが素直過ぎて一瞬幼稚に思うが、逆にその分誰でも楽しんで聴ける分かりやすい音楽を信条としているのがザ・スクウェアだと言いたいわけで、決してザ・スクウェアのメンバーが能天気という意味ではない。
 特にこの「ベスト・オブ・ザ・スクウェア」は80年代のナンバーが中心で、オヤジの若い頃(←コッチは本当に能天気だったな)の様々な思い出とクロスする曲があり、懐かしい思いいっぱいで全編楽しんだ。
 でもまぁ、本当の事を言うと、今回このアルバムを引っ張り出した一番の理由はジャケット。以前からコレ大好きなんだよなぁ・・・・へへへへっ。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

 
[Music T-スクウェア]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 

Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ベスト・オブ・ザ・スクウェア ザ・スクウェア |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。