無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ エアロスミスの「闇夜のヘヴィ・ロック(Toys In The Attic)」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

エアロスミスの「闇夜のヘヴィ・ロック(Toys In The Attic)」を聴いてみた。

2008.01.15 Tue
闇夜のヘヴィ・ロック この3連休は、
「年明け以来どうも女性のアルバムばっかの記事になってしまい、そろそろガツンとシャウトする男のロックを聴かないと、ブログのバランスがとれないぞ!。」
 などと、妙に几帳面な事を考えてしまって、早速ガツンと聴いたのがエアロスミス「闇夜のヘヴィ・ロック」だ。
 まずは、1曲目の「Toys In The Attic」で、思いっきりロックの世界へ連れて行かれる。そして、「Walk This Way」まで来ると、完全に頭の中はロックモードに回復して、
「どれどれ、ちょっくらギターでも弾いてみるか?」
 なんて思い始める。「Sweet Emotion」に至っては、曲の下品さが実に嬉しく思えて、
「スゥィ~~~~ エモ~~~ショ~~ン」
 てな具合に歌いたくなってくる。
 調子に乗ってる時に、急に思い出したのだが、前出の「Walk This Way」エアロスミスの曲で僕が一番最初に聴いた曲だ。中学3年の時。当時はそれほどエアロスミスに興味が無かったのだが、その後、色々なアルバムを聴いていく過程で好きになった懐かしい名曲だと思う。
 ま、とにかく、このアルバム、正月ボケの僕の頭の中をスティーブン・タイラーの絞り出すような歌声と、荒削りなギターの演奏がガンガン流れていって、一気に頭の中をロックの世界に切り替えてくれた。正月でふやけた頭と耳を元に戻す良いリハビリになった訳だ。

Aerosmith : Walk This Way





[Music Aerosmith]

関連記事


Theme:ロック | Genre:音楽 |
FC2タグ : エアロスミス 闇夜のヘヴィ・ロック |
Category: Rock/Pops | Comment(4) | Trackback(1) | top↑ |
<<エイジアの「エイジア 詠時感~時へのロマン」を聴いてみた。 | HOME | 山口百恵に正統派歌謡曲を感じて>>

やりたい気持ち

こんにちは、ときどき拝見しております。
何を隠そう私もエアロに夢中でした。ずっと昔の中学生の頃です。『闇夜のへヴィーロック』『ロックス』『ドロー・ザ・ライン』は今でも聴くに値する作品だと思いますね。『野獣誕生』の名曲「ドリーム・オン」も忘れがたいですね。
 それにしても、「スウィート・エモーション」を「やりたい気持ち」と訳すセンス、私は中々だと思います。
C1SXGtjI | 平泉澄 | URL | 2008.01.20(Sun) 23:48:56 | [EDIT] | top↑ |

>平泉澄 様

「スウィート・エモーション」が「やりたい気持ち」ですか・・・・(苦笑)。
脱帽ものですね。

僕のエアロの思い出は高校になってからが多いですね。
平泉さんと同じようなアルバム聴いて興奮してました。

- | 土佐のオヤジ | URL | 2008.01.21(Mon) 12:52:58 | [EDIT] | top↑ |

お久しぶりです!!

早速ですが!!
オイラ・・・AERO・・ッ大好きっす!!!最高ですよね!!
スティ-ブン タイラーは凄く尊敬してます!!
- | ゆ〜ちゅれちゅ | URL | 2008.01.28(Mon) 12:47:31 | [EDIT] | top↑ |

>ゆ〜ちゅれちゅ 様

お久しぶりです。
スティーブン・タイラーはすごいですね。
僕が若い頃からず~っとあのまんま。
スタイルも歌い方も。
オヤジも憧れます。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2008.01.28(Mon) 22:41:21 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/114-29c0b692

エアロスミス 14

NO.00643 エアロスミスのオリジナル・アルバム『闇夜のヘヴィ・ロック』(1975年) “ニート始めました”(笑) 昨日何とか円満に退社をして、今日から晴れて“ ...
まい・ふぇいばりっと・あるばむ 2011.01.10 19:13