無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ウエザー・リポートの「ナイト・パッセージ」を聴いてみた
RSS|archives|admin

ウエザー・リポートの「ナイト・パッセージ」を聴いてみた

2007.06.02 Sat
ナイトパッセージ よく考えてみると、大学生の頃に、「ウエザー・リポート」ほど驚いたバンドは、他にあんまり無かったんじゃないかなぁ~と思う。
 この、「ナイト・パッセージ」、僕が高3の時に発売されたアルバムだけど、ちゃんと聞いたのは、大学生になってすぐの頃だったかな?。
 その頃、ベースを弾いていた僕は、このアルバムを聴くまで、ベースという楽器が、こんなに凄いとは思っていなかった。(ベースが凄いんじゃなくて、ジャコ・パストリアスがすごいんだけどね・・。)
 とにかく、ジャコ・パストリアスとピーター・アースキンの作り出すビートに、一時期メロメロになった思い出があるなぁ~。
 なんせ、当時、持っていたヤマハのベース(BB2000)をフレットレスにして、弾いていたぐらいだから。
 ジャコ・パストリアスが死んだ事は、フレディー・マーキュリーが死んだのと同じくらい残念な事だと思うわ。
 ところで、
「ウエザー・リポートはフュージョンなの?ジャズなの?そんな事聞くこと自体、間違いなの?」





[Music Weather Report]
関連記事


Theme:JAZZ | Genre:音楽 |
FC2タグ : ウェザー・リポート ナイト・パッセージ |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<ディープ・パープルの「スピード・キング」で初めて音を出して、初めて動くディープ・パープルを見た話 | HOME | サンタナの「ムーン・フラワー」を聴いてみた>>

こんばんは

うーむ、ジャズとかフュージョンとか、括りの定義が問題なんでしょうけど…。僕の個人的な意見を言わせてもらえば(エラそうですみません…)、ウェザーの音楽にある緊張感は間違いなくジャズのものだと思います。ショーターだってやってることはいつもと同じですし…。楽器とかサウンド的な部分ばかり見るといかにも「フュージョン」だけど、緻密な構成とジャズの肉体的な感じをバランスよくクロスオーバさせたジョー的なジャズの解釈なんじゃないですかね!ただジャコの音楽を聴くと、そういう括りってあんまり意味ないことだなって、つくづく思わされますけどね…
- | tsucchini | URL | 2007.06.04(Mon) 19:58:34 | [EDIT] | top↑ |

>こんばんわ

tsucchiniさん。貴重な意見ありがとうございます。
なるほどね~。
「ジョー的なジャズの解釈」というのは、
すごくわかる気がします。
もうちょっと、色々とウエザー、聴いてみます。
- | 土佐のオヤジ コジコジ | URL | 2007.06.04(Mon) 20:55:29 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/12-6de2cd83