無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ レインボーの「レインボー・オン・ステージ」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

レインボーの「レインボー・オン・ステージ」を聴いてみた。

2008.05.13 Tue
オン・ステージ 最近温かくなってきたので、休日には健康的に朝の散歩に出掛ける。家の前を流れる鏡川の河畔をトコトコと1時間ほど散歩するのだ。散歩から帰ると、腹が猛烈に減っていて、普段の倍近く朝食を食べてしまう。
「こんなに朝食を食べると逆に体に悪いんじゃないか?」
 なんて考えながら、ついつい食べ過ぎて、ポッコリと膨れた腹を抱えて、暫くは苦しむ事になる。
 最近聴いたアルバムでも、聴き終った後で、
「なんとなく腹いっぱいや~~」
 と感じたのが、レインボー「レインボー・オン・ステージ」だ。
 ちょっと前の記事で、レインボーのベストアルバムに対して、
「今更なぁ~~、新発見もあるまいに・・。」
 などと勝手な事を言った舌の根も乾かぬうちに(←記事はこちらです。)、こんなアルバムを喜んで聴いている自分が情けないのだが、全盛期のレインボーのライブアルバムは、最後まで押して、押して、押しまくる感がある。
 オープニングの「キル・ザ・キング」から、演奏は飛ばしまくって、アルバムの世界へ一気に引き込まれる。中盤の「キャッチ・ザ・レインボー」「ミステリー・テッド」等のバラード曲もライブならではの長いアレンジを丁寧に聴かせる。最後の「スティル・アイム・サッド」では、ライブステージの集大成を思わせる演奏になっていると感じた。
 1枚聴き終ると、疲れて、
「もう、結構です・・・。」
 って言いたくなるが、僕は何故かこのアルバム、年に3~4回は聴いている気がする。
「要は好きなんだな・・・・。」




[Music Rainbow]

関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : レインボー レインボー・オン・ステージ |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ローリング・ストーンズの「スティッキー・フィンガーズ」を聴いてみた。 | HOME | 2008年5月某日の聴き流し日記。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/165-d14b2414