無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ジョン・コルトレーンの「ジャイアント・ステップス」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ジョン・コルトレーンの「ジャイアント・ステップス」を聴いてみた。

2008.07.10 Thu
ジャイアント・ステップス 最近、ジャズのアルバムを聴く時に感じていた事なのだが、選択するCDがなんとなくセコイ気がしていた。妙にマニアックで細かい所ばかりに期待してCDを選び、小さい音量で、
「フンフンフ~~ン」
 なんて言いながら聴き流して、
「結構いいじゃない~。」
 と、思って終ってしまう。
「これでもか~!これでもか~!」
 とたたみ掛けるようなアドリブに、くたくたになり、理屈をこねる前に、
「もう充分です。参りました・・・。」
 みたいな体験を暫くしていない気がしたのだ。
 そんな訳で、ジョン・コルトレーン「ジャイアント・ステップス」を引っぱり出した。ヘッドホンを付けて、大音響で聴き始めると、1曲目のアルバムタイトル曲「ジャイアント・ステップス」から、もの凄いスピード感と緊張感。これぞ、ストレートの剛速球、ジェットコースターにでも乗ったような気分で曲が疾走してゆく。
「これこれ・・・・これですよ。理屈はいいから、演奏聴いてその迫力とオーラにボコボコにされたい・・・。」
 そんな、ちょっとマゾヒスティックな気分になってくる。
 そうそう、スピード感だけじゃなくて、バラードの曲「ネイマ」も大好き。あちこちで耳にするけど、本家のコルトレーンがやっぱりしっくりくる。音の世界に浸り尽くし、結果、えも言われぬ快感が湧き上がって来る。
 この疲れと感動こそジャズを聴く楽しみの一つなり。いかがなものか?

John Coltrane : Giant Steps





[Music John Coltrane]

関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : サックス ジョン・コルトレーン ジャイアント・ステップス |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<壊れたギターとクラシックギターの真髄。 | HOME | T-スクウェアの「うち水にRainbow」を聴いてみた。>>

良いですね!夏の「ジャイアント・ステップス」。
気合が入りそうです(笑)
私もまったく同感で、コルトレーン本人の「ネイマ」
が一番だと思いますね。以前、マイケル・ブレッカーが
ソロで演奏しているヴァージョンを聴いたことがあります
が、なんだか途中から練習を聴かされてるようでした。
まあ、それはそれで面白いのですが、「ネイマ」に余計な
アドリブは不要ですね。

- | sou-un | URL | 2008.07.11(Fri) 19:21:05 | [EDIT] | top↑ |

>sou-un様

あははは~、練習!
マイケル・ブレッカーの「ネイマ」はしんどそうですね。
ゴツゴツしてそうで・・・。
想像しただけで笑えるな・・・。
う~む。
今度是非聴いてみたい。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2008.07.11(Fri) 21:17:29 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/191-49f97c7c