無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ラヴィ・シャンカールの「ザ・サウンズ・オブ・インディア」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ラヴィ・シャンカールの「ザ・サウンズ・オブ・インディア」を聴いてみた。

2008.08.06 Wed
The Sounds Of India 数カ月前に、近所の駐車場で屋台が営業を始めた。韓国風屋台との事で、毎晩たくさんのお客を集めている。僕はその前を通るたびに気になってしょうがなかったのだが、先日とうとう女房と行ってみた。メニューはチゲやチジミ、ビビンバ等の韓国料理が中心で、韓国焼酎や生ビールを飲みながらそれらのツマミを堪能した。
 我が家の周辺は住宅街なので、夜になると街灯だけの明かりしかなく、暗く静かになるのだが、屋台の一角は、さながら不夜城で、客ばかりか、何故か子供や犬までウロイロしていて、一瞬東南アジアの街角にいるような錯覚を覚えるほどだった。その上、この日も熱帯夜で体に絡み付くような熱気が屋台全体を包んでいて、
「これで、音の悪いスピーカーから、訳の分からない音楽が延々と流れていると、まるでインドかタイみたいだ・・・。」
 そんな事を考えてしまった。
 インドの音楽というと、ラヴィ・シャンカールシタールが好きで、何枚か彼のアルバムを聴いた事がある。実際どのアルバムがいいのかあまり聴き比べてみた事がないので、よく分からないのだが、1番最近聴いたのは「THE SOUNDS OF INDIA」だ。
 独特の密度の濃い湿気を含んだ空気や、街角の暗闇に光る人々の目、強烈なエネルギーと喧噪等の、非常に疲れるインドを感じる事が出来る。一方では、象に揺られて旅する大自然の風景や、エキゾティックなヒンズーの寺院、ヤシが茂る静かなビーチ等、美しいインドも感じる事が出来る。
 近いうちにまた聴いてみよう思っている。




[Music Ravi Shankar]


関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ラヴィ・シャンカール ザ・サウンズ・オブ・インディア シタール |
Category: Other | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<マイルス・デイビスの「クッキン」を聴いてみた。 | HOME | ユーミンの「卒業写真」で始まった浪人生活の話。>>

ウチにもありますよ

まだ未聴で、聴こうか迷ってたんですが聴いてみますね。
異国情緒を味合うのもいいかもしれないです。
気に入ったら記事にするかも。
- | まり | URL | 2008.08.06(Wed) 19:02:54 | [EDIT] | top↑ |

>まり様

このアルバムは、ラヴィ・シャンカールの中では、割とスタンダードというか、分かりやすいと言うか、有名と言うか・・・。
ま、聴き易い気がします。
是非どうぞ!
- | 土佐のオヤジ | URL | 2008.08.07(Thu) 06:41:03 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/206-02673dba