無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ アン・ルイスの「恋のブギ・ウギ・トレイン」は浪人生には毒だと思った話。
RSS|archives|admin

アン・ルイスの「恋のブギ・ウギ・トレイン」は浪人生には毒だと思った話。

2008.08.18 Mon
恋のブギ・ウギ・トレイン

 浪人していた頃に聴いていた音楽を思い出していると、非常に面白い事に気が付く。それは、
『当時聴いていた音楽の8割が邦楽で、高校の頃好きで聴いていた洋楽やフュージョンはほとんど聴いていない。』
 という事だ。
 僕は浪人生活が始まった時から、それまでほとんど聴いた事が無かったアーティストの曲ばかりを、豹変したように聴くようになった。予備校の寮で生活していた仲間達の中に、洋楽やフュージョンが好きな奴がいなかった事と、只々音楽に飢えていたせいもあるが、友人達から借りたカセットテープに録音されていた、いわゆる『当時の若者が普通に聴いているニューミュージックが思いのほか気に入ったせいもあった。
 僕は浪人生活の間に、それまで聴いた事も無かったユーミン竹内まりや大瀧詠一山下達郎南佳孝柳ジョージなどのアルバムを次々と聴いては、
「おお~っ、邦楽も結構イイじゃない~。」
 なんて、感じていたのだ。
 さて今回は、僕がこの時期聴いていた曲の中で、非常に気に入ると同時に、いつも悶々とした気持ちにさせられていた曲の話だ。(←相変わらず前置きがちょっと長かったかな?申し訳ない。)
 ちょっと前に、当時予備校の寮で仲の良かった“イケメン”で“オタク”のS井君という人物の話をしたが、(←記事はこちらです。)今回のお話も、このS井君から借りた1本のカセットテープから始まる。
 S井君という男は面白くて、決してアルバム1枚をカセットテープに録音するような事はぜずに、もうただひたすら自分の好きな女性歌手の曲を前後の脈絡は何もなく、音の良し悪し関係なく続けざまにテープに録音していた男で、僕が彼から借りるカセットテープは最初に聴く時は、新しい物でも、古いものでも、
「一体次にどんな曲が録音されているのだろう?」
 と期待半分、不安半分でドキドキする代物だった。
 まあ、逆にその辺が面白くて、彼からはずいぶんたくさんのテープを借りた気がするが、比較的当時の新しい曲が収められていたテープを聴くうちに、僕はアン・ルイスの歌う「恋のブギ・ウギ・トレイン」という曲を何回も聴くようになった事を覚えている。
 それまで僕の中では、アン・ルイスという歌手は、『可愛らしいハーフのお嬢様歌手』というイメージしかなく、正直、「恋のブギ・ウギ・トレイン」で彼女のあまりのカッコ良さに、よい意味で、
「おお~~~っ、完全に裏切られたぞ!」
 と感じた事だった。
 その後も彼女は「六本木心中」で再び良い意味での裏切りを見せるのだが、その話はまたの機会にして、とにかく、「恋のブギ・ウギ・トレイン」は実にカッコ良く、寮の部屋で何度も聴いた曲だった。
 にもかかわらず、当時の僕はこの曲の作詞が吉田美奈子、作曲が山下達郎である事を全く知らなかった。呆れた話だが、それも当り前で、僕が初めて山下達郎のアルバムを聴いたのは、この年の冬近くなってからの事のように記憶している。
 まあ、僕は昔から曲の成り立ちにあまり興味がなく、直感で
「かっこエエのぅ~。」
 なんて、すぐマヌケ面をする傾向があったので、(←今でも同じだ!)しょうがないのだ。
 話がそれてしまったので、元に戻すが、この時の僕は確かに「恋のブギ・ウギ・トレイン」という曲が大好きで、寮の部屋で何回も聴いたのだが、同時にこの曲には実に悶々とさせられた記憶の方が強い。
 その辺の事を少し説明すると、当時の僕は「恋のブギ・ウギ・トレイン」は、ディスコの楽しさを実に分かり易く、かつ楽しく表現したダンスミュージックだと感じていた。そして、この事が、『浪人生の僕が遊んでいる大学生に対して抱いている嫉妬心』を微妙に煽り、この曲を耳にする度に浪人生活の間中抱えている悶々とした気持を必要以上に湧き起こさせる結果となったのだ。
 簡単に言うと、僕はこの曲を聴く度に、
「う~む。大学生が羨ましい。女の子とディスコで踊りたい。遊びたい、遊びたい、遊びたい、遊びたい・・・・。」
 という思いが湧き上がってきて、イライラした気持ちを抑えられなくなっていた記憶があるのだ。浪人生には、実に「毒」な曲なのだ。今思うと実にバカバカしい話だが、当時はこの曲で毎晩のようにイライラを募らせて、悶々としていたのだ。いやはや、浪人生活とは辛いものである。
 そんな当時の気持ちを思い出しながら、久しぶりに聴いてみました。「恋のブギ・ウギ・トレイン」
 当時の音源は無かったので、アン・ルイスのベストアルバムから聴いたのだが、今聴いても実に良い。中年のオヤジでも、なんとなく気分がウキウキしてくる楽しい曲なのだ。一緒に聴いていた女房は、
「懐かしい、懐かしい」
 を連発し、
「短大生の頃かな?私この曲聴きながら軽井沢に遊びに行ったわ~。あの時の車はファミリアだったわ~。」
 などと、当時の思い出話を始め、長男は、
「へ~っ、いい曲やな。俺にダビングしてくれよ。」
 などと言い出す始末。
 僕は、
「この曲って、世代を超えて気に入られる曲なんだなぁ・・・。」
 なんてちょっと感動してしまった事だ。
 で、オヤジはというと、楽しい曲の中にも、何となく寂しく、悶々とした複雑な気持ちを思い出しながら、浪人生活をしていた頃へ思いを馳せていたのだ。

アンルイス - 恋のブギウギトレイン


 


[Music アン・ルイス]

関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : アン・ルイス 恋のブギ・ウギ・トレイン 山下達郎 |
Category: 浪人生活の頃 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ジョン・メイヤーの「ルーム・フォー・スクエア」を聴いてみた。 | HOME | スタン・ゲッツの「ゲッツ/ジルベルト」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/212-b599e20a