無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ジョン・メイヤーの「ルーム・フォー・スクエア」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ジョン・メイヤーの「ルーム・フォー・スクエア」を聴いてみた。

2008.08.20 Wed
ルーム・フォー・スクエア 高知市は、お盆休みも終り、10日ほど前の祭りの喧騒が嘘のように静かになっている。個人的には毎晩テレビで北京オリンピックを観戦しているので、ゆっくり音楽を聴く時間がなくて、少々不満なのだが、4年に一度のオリンピックの魅力には勝てずに、結局夜遅くまでダラダラとテレビを見る事になってしまう。
 それでも今日は気持ちの良いアルバムを聴いた。出勤前に、部活の試合会場に高校生の長男を車で送る間、ジョン・メイヤーのデビューアルバム「ルーム・フォー・スクエア」を流していたのだ。日曜日、ちょっとした用事の途中で本屋に寄り、立ち読みした音楽雑誌にジョン・メイヤーの特集記事が載っていて、
「そういえば、ジョン・メイヤーのアルバムを昔購入したけど、あのCDはどこへ行っただろうか・・・?」
 なんて事をぼんやり考えて、引っ張り出してきたのだ。いやはや懐かしい。4~5年前に高知市内の中古CDショップで見つけて購入した記憶がある。
 ジョン・メイヤーというと天才ギタリストのように言われるが、このアルバムを聴く限りにおいては、ギターを弾きまくる訳ではなく、そんな事よりも曲全体の雰囲気を最優先にした実にすがすがしい印象を受ける。
 ちょっと秋を感じ始めた早朝のドライブには結構気持ち良くて、
「結局は、こういうアルバムを聴かないとダメなんだよな~。分かるかね?ええ?」
 なんて一人運転席で呟くオヤジであった。

 


[Music John Mayer]


関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ジョン・メイヤー ルーム・フォー・スクエア ギター |
Category: Rock/Pops | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |
<<ピンク・フロイドの「対」を聴いてみた。 | HOME | アン・ルイスの「恋のブギ・ウギ・トレイン」は浪人生には毒だと思った話。>>

ディストーションはクセになりますよね。こだわるわけも
よくわかります。私も、歪み系のサウンドとナチュラル系
のサウンドとを好みが行ったり来たりしています。
私も大学の時に、ジミ・ヘンのコピーをバンドでやっていて
彼のディストーション・サウンドがエモーショナルで大好きです。
- | sou-un | URL | 2008.08.26(Tue) 00:39:25 | [EDIT] | top↑ |

ごめんなさい!土佐のおやじさん。
コメント書く記事を間違えてしまいました。
上のコメントは「ギターオヤジのディストーションサウンドへの憧れ」に対してのものでした。お許しを!
- | sou-un | URL | 2008.08.26(Tue) 00:44:28 | [EDIT] | top↑ |

>sou-un 様

ゲ~!
sou-un さんとジミヘンとは・・・・・
余りにもイメージに差があり過ぎるぞ~。
んで、ジミヘンはディストーション・サウンドの王者かもしれん。
すっかり忘れていた。
さっそく「パープル・ヘイズ」でも聴いてみよう!
- | 土佐のオヤジ | URL | 2008.08.26(Tue) 08:55:33 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/213-e7165d8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。